ケープ・セント・ジョージ (ミサイル巡洋艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
USS Cape St. George
艦歴
発注 1988年2月25日
起工 1990年11月19日
進水 1992年1月10日
就役 1993年6月13日
退役
その後 就役中
母港 ノーフォーク
性能諸元
排水量 9,600 トン
全長 567 ft (173 m)
全幅 55 ft (16.8 m)
喫水 33 ft (10.1 m)
機関 COGAG方式、2軸推進
ゼネラル・エレクトリック LM2500 4基、80,000 shp
最大速力 32.5 ノット (60 km/h)
航続距離
乗員 士官 33名、兵員 327名
兵装 54口径Mk 45 5インチ単装砲 2基
Mk 41 mod.0 VLS 122セル
(61セルMk 158発射機 2基)
 •RIM-156 スタンダードSM-2ERSAM
 •BGM-109 トマホークSLCM
 •RUM-139 VL-アスロックSUM
 •RIM-162 ESSM 短SAM
 などを発射可能
Mk 141 RGM-84 ハープーンSSM 4連装発射筒 2基
Mk 38 25mm単装機関砲 2基
12.7 mm機関銃 4挺
Mk 15 20mmファランクスCIWS 2基
Mk 32短魚雷3連装発射管 2基
航空機 SH-60 シーホークLAMPS Mk III 2機
モットー Always Victorious

ケープ・セント・ジョージ(USS Cape St. George, CG-71)は、アメリカ海軍ミサイル巡洋艦タイコンデロガ級ミサイル巡洋艦の25番艦。艦名は太平洋戦争においてアーレイ・バーク大佐率いる駆逐艦隊が1943年11月25日に日本海軍駆逐艦隊を打ち破ったセント・ジョージ岬沖海戦にちなむ。

艦歴[編集]

1990年11月19日にミシシッピ州パスカグーラリットン・インガルス造船所で起工し、1992年1月10日進水、1993年6月12日に就役した。母港はバージニア州ノーフォーク

2005年5月にケープ・セント・ジョージは紙の海図表に代わってデジタル海図 (Digital Nautical Charts, DNC) を航海管理システム (Voyage Management System, VMS) に使用する最初の軍艦となった。約12,000枚の海図表が29枚のコンピューター・ディスクと取り替えられた。VMSは1990年から開発されたスマート・シップ統合ブリッジシステムの一部である。

2006年3月18日に、ケープ・セント・ジョージはゴンザレスとともに海賊と交戦した。二隻のアメリカ軍艦は海賊との銃撃戦を約25海里に渡ってソマリア沖で行った。海賊1名が死亡し、5名が負傷したと報告された。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]