ヴィンセンス (ミサイル巡洋艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
USS Vincennes
艦歴
発注 1981年8月28日
起工 1982年10月19日
進水 1984年1月14日
就役 1985年6月3日
退役 2005年6月29日
除籍
その後 モスボール状態で保管
性能諸元
排水量 9,600 t
全長 567 ft (173 m)
全幅 55 ft (16.8 m)
喫水 33 ft (10.1 m)
機関 ゼネラル・エレクトリック
LM 2500 ガスタービン4機, 2軸,
80,000 shp
最大速: 30ノット以上 (56 km/h)
航続距離
乗員 士官、兵員387名
兵装 Mk 26ミサイルランチャー 2基
 RIM-67 SM-2 88基
RGM-844連装発射筒 2基
5インチ単装砲 2門
12.7mm機関砲 4門
20mmファランクスCIWS2基
Mk 32短魚雷3連装発射管 2基
航空機 SH-60 シーホークLAMPS 2機
モットー Don't tread on me

ヴィンセンス(USS Vincennes, CG-49)は、アメリカ海軍ミサイル巡洋艦タイコンデロガ級ミサイル巡洋艦の3番艦。アメリカ独立戦争中にインディアナ州ヴィンセンスの近くで行われたヴィンセンスの戦いに因んで命名された。その名を持つ艦としては4隻目である。

艦歴[編集]

同艦は太平洋艦隊に配属された最初のタイコンデロガ級ミサイル巡洋艦であった。1985年の就役時はパナマ運河を経由して太平洋艦隊に加わり、SM-2ブロックII艦対空ミサイルの試験および開発に参加した。

1986年5月にはリムパック86に参加している。

1988年7月3日、艦長ウィリアム・C・ロジャーズ三世指揮の下ホルムズ海峡においてイラン航空655便のエアバスA300B2に対してSM-2ブロックII艦対空ミサイルを2発誤射し、これを撃墜した。この事故により乗員乗客290名が死亡した。

ヴィンセンスは2005年6月29日にサンディエゴで退役した。現在にワシントン州ブレマートンに牽引され、モスボール状態で保管される予定である。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

戦闘情報センター