しもきた (輸送艦・2代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
JMSDF LST 4002 Shimokita.JPG
艦歴
建造者 三井造船 玉野事業所
運用者 Flag of Japan.svg海上自衛隊
計画 平成10年度計画
発注 1998年
起工 1999年11月30日
進水 2000年11月29日
竣工
就役 2002年3月12日
退役
除籍
除籍後
その後
母港 {{{母港}}}
主要諸元
艦種 輸送艦
艦級 おおすみ型
排水量 基準 8,900トン
満載 13,000トン
全長 178.0m
全幅 25.8m
深さ 17.0m
高さ {{{高さ}}}
吃水 6.0m
機関 2軸推進
* 三井造船16V42M-Aディーゼル × 2基
機関出力 26,400PS
速力 最大速 22ノット
燃料
航続距離
潜航限界深度
乗員 137名(ほか揚陸要員330名)
搭載量
兵装 高性能20mm機関砲CIWS × 2基
艦載艇 {{{艦載艇}}}
艦載機 {{{航空機}}}
艦載機
搭載総数 {{{総搭載機数}}}
飛行甲板
C4I
レーダー * OPS-28D水上
* OPS-14C対空
* OPS-20航海
ソナー
探索装置・
その他装置
電子戦
対抗手段
Mk137チャフ発射機 × 4基
愛称
モットー
その他

しもきたローマ字JS Shimokita, LST-4002)は 、海上自衛隊輸送艦おおすみ型輸送艦 (2代)の2番艦。艦名は下北半島に由来する。「LST-4002 しもきた」に続いて日本の艦艇としては2代目。

艦歴[編集]

「しもきた」は、中期防衛力整備計画に基づく平成10年度計画8,900トン型輸送艦4112号艦として、三井造船玉野事業所で1999年11月30日に起工し、2000年11月29日に進水、2002年3月12日に就役の後に自衛艦隊第1輸送隊に配属された。

2005年6月に車両甲板上で陸上自衛隊野外手術システムを展開する技術試験が行われた。

2003年2月から3月にかけてテロ対策特別措置法に基づき、護衛艦いかづち」とともにタイ王国陸軍工兵部隊と建設用重機をアフガニスタン近縁のインド洋沿岸へ輸送する。

2008年11月14日、平成20年度統合演習で航空自衛隊春日ヘリコプター空輸隊のCH-47による陸上自衛隊部隊の輸送艦からの空中輸送訓練を実施した。

2009年9月7日第5航空群と共に沖縄県防災訓練に参加し、航空自衛隊消防NTT沖縄電力および日本赤十字社の救急車などの各種車両を積載する訓練を行う[1]

パキスタンで発生した洪水への救援活動を行う陸上自衛隊のCH-47JA等を載せて2010年8月26日、横須賀を出航し、9月18日にパキスタンのカラチ港に到着した[2]自衛隊パキスタン派遣)。

2013年6月10日から26日まで米国カリフォルニア州キャンプ・ペンデルトンおよびサンクレメンテ島にて実施される米軍単独であった統合訓練「ドーンブリッツ13」に初めて参加する。他に護衛艦「DDH-181 ひゅうが」、「DDG-177 あたご」が、陸上自衛隊からは西部方面普通科連隊と西部方面航空隊ほか参加し[3][4]、同演習期間中には米国海兵隊のV-22 オスプレイ垂直離着陸輸送機が着艦している[5]

現在は護衛艦隊第1輸送隊に所属し、母港はである。

歴代艦長[編集]

歴代艦長(特記ない限り2等海佐
氏名 在任期間 出身校・期 前職 後職 備考
辻 一敏 2002.3.12 - 2002.12.15       1等海佐
2 白土雅彦 2002.12.16 - 2005.3.25     海上訓練隊指導群司令部 1等海佐
3 山本勝規 2005.3.26 - 2006.8.21   護衛艦隊司令部  
4 田中博敏 2006.8.22 - 2008.3.25   海上自衛隊第1術科学校教官  
5 三浦昌伸 2008.3.26 - 2011.1.10   おおなみ艦長 大湊地方総監部防衛部 2010.7.1、1等海佐に昇任
6 大久保幸彦 2011.1.11 - 2012.7.31   おおなみ艦長  大湊地方総監部監察官  
7 松野征治 2012.8.1 -   むらさめ艦長     

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 石橋孝夫『海上自衛隊全艦船 1952-2002』(並木書房、2002年)
  • 世界の艦船 増刊第66集 海上自衛隊全艦艇史』(海人社、2004年)