ベンフォールド (ミサイル駆逐艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
USS Benfold (DDG-65).jpg
艦歴
発注 1991年1月16日
起工 1993年9月27日
進水 1994年11月9日
就役 1996年3月30日
退役
その後 就役中
要目
排水量 満載: 8,362 トン
全長 153.9 m (505 ft)
全幅 20.1 m (66 ft)
吃水 9.4 m (31 ft)
機関 COGAG方式
LM 2500-30ガスタービンエンジン (27,000shp) ×4基
可変ピッチプロペラ(5翔)×2軸
最大速 31ノット
航続距離 4,400 海里(20ノット時)
乗員 士官、兵員 337名
兵装 Mk.45 mod.2 5インチ単装砲 ×1基
Mk.38 25mm単装機関砲 ×2基
Mk.15 20mmCIWS×2基
M2 12.7mm機銃 ×4挺
Mk.41 mod.2 VLS ×90セル
* スタンダードSM-2 SAM
* スタンダードSM-3 ABM
* ESSM 短SAM
* VLA SUM
* トマホークSLCM
などを発射可能
ハープーンSSM 4連装発射筒×2基
Mk.32 3連装短魚雷発射管×2基
艦載機 ヘリコプター甲板のみ, 格納庫なし
C4ISTAR NTDS mod.5 (リンク 11/16)
AWS B/L 5 (Mk.99 GMFCS×3基)
AN/SQQ-89
センサ AN/SPY-1D 多機能レーダー×4面
AN/SPS-67 対水上レーダー×1基
AN/SQS-53C艦首装備ソナー
AN/SQR-19 曳航ソナー
電子戦 AN/SLQ-32(V)2 ESM装置
Mk.36 mod.12 デコイ発射装置
モットー Onward with Valor

ベンフォールド (英語: USS Benfold, DDG-65) は、アメリカ海軍ミサイル駆逐艦アーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦の15番艦。艦名は朝鮮戦争で戦死し、名誉勲章を受章したエドワード・クライド・ベンフォールド三等衛生兵に因む。イージスシステムのBMD3.6.1を搭載する改修を受け、ミサイル防衛対応艦の一隻となっている。

艦歴[編集]

ベンフォールドはミシシッピ州パスカグーラインガルス造船所で建造され、1996年3月30日に太平洋艦隊に加わる。

1997年から1999年までベンフォールドの部隊指揮官であったマイケル・アブラショフは艦での経験を『It's Your Ship: Management Techniques from the Best Damn Ship in the Navy』(Warner Business Books 2002)として出版しベストセラーとなった。

2005年1月にベンフォールドはオペレーション・ユニファイド・アシスタンスに参加し、スマトラ島沖地震の被災者を救援した。

2009年3月26日、弾道ミサイルと巡航ミサイルに同時対処するステラー・ダガー(Stellar Daggers)迎撃試験の実施艦となり、SM-2 Block3Aによる巡航ミサイル標的の迎撃と、SM-2 Block4による短距離弾道ミサイル標的のターミナル段階迎撃を同時に成功させた[1]

2012年12月、北朝鮮は「人工衛星」と称する弾道ミサイルの発射を予告する。これに対し米国海軍は黄海に艦艇を展開させ不測の事態に備える。「ベンフォールド」は「DDG-62 フィッツジェラルド」と共に12月9日までに当該海域に配備される。他にイージス艦2隻の追加派遣とミサイル追跡艦「T-AGM-23 オブザヴェーション・アイランド」に、海上自衛隊からイージス艦3隻、大韓民国海軍から2隻を加えた10隻態勢で臨む[2]。ミサイルは同月12日に発射される。

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]