アメリカ海軍駆逐艦一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アメリカ海軍の艦艇
航空母艦
飛行船
揚陸艦
補助艦艇
戦艦
巡洋艦
駆逐艦
護衛駆逐艦
護衛空母
フリゲート
機雷戦艦艇
モニター
哨戒艇
帆走フリゲート
蒸気フリゲート
蒸気砲艦
戦列艦
スループ
潜水艦
魚雷艇
USS Chauncey (DD-3)
USS Hopkins (DD-249)
USS Fletcher (DD-445)
USS Spruance (DD-963)
USS Preble (DDG-88)

本項目はアメリカ海軍駆逐艦、艦種記号(DD、DL、DDG、DLG、DLGN)の艦艇の一覧である。

CG-47 タイコンデロガとCG-48 ヨークタウンは、駆逐艦DDG-47とDDG-48として承認されたが、起工前に巡洋艦として再設計されている。CG-49 ヴィンセンスとCG-50 ヴァリー・フォージについては連邦議会によって駆逐艦として承認されていたかどうかは、不確かである(しかし、アーレイ・バークの艦種記号がDDG-51となっていることから承認されていると思われる)。

護衛駆逐艦については、アメリカ海軍護衛駆逐艦一覧を参照のこと。機雷敷設駆逐艦については、アメリカ海軍掃海艦・機雷敷設艦一覧を参照のこと。

艦級別[編集]

第一次世界大戦以前
第一次世界大戦
大戦間
第二次世界大戦
第二次世界大戦

船体番号順/艦名順[編集]

船体番号順

艦名順

駆逐艦[編集]

DD-1 - DD-444[編集]

DD-445 - DD-997[編集]

  • チャールズ・F・アダムス (USS Charles F. Adams, DD-952):DDG-2に艦種変更。
  • ジョン・キング (USS John King, DD-953):DDG-3に艦種変更。
  • ローレンス (USS Lawrence, DD-954):DDG-4に艦種変更。
  • ビドル (USS Biddle, DD-955):DDG-5に艦種変更。
  • バーニー (USS Barney, DD-956):DDG-6に艦種変更。
  • ヘンリー・B・ウィルソン (USS Henry B. Wilson, DD-957):DDG-7に艦種変更。
  • リンド・マコーミック (USS Lynde McCormick, DD-958):DDG-8に艦種変更。
  • タワーズ (USS Towers, DD-959):DDG-9に艦種変更。
  • てるづき (USS Teruzuki, DD-960):日本に供与。
  • あきづき (USS Akizuki, DD-961):日本に供与。
  • シャー・ジェハン (USS Shah Jehan, DD-962):パキスタンに供与。

嚮導駆逐艦[編集]

1975年にフリゲート(ミサイル・フリゲート)の艦種が廃止される。そのため、DLG-6 ファラガットからDLG-15 プレブルまではDDG-37~DDG-46に、またDLG-16 リーヒからDLGN-40 ミシシッピまではCG-16~CGN-40にそれぞれ艦種変更されている。DL-1からDL-5はこの時、既に退役していたため艦種変更はされていない。


ミサイル駆逐艦[編集]

台湾に売却された4隻のキッド級ミサイル駆逐艦(DD-993~DD-996)がDDからDDGへ艦種変更されている。DDG-47 とDDG-48の2隻はミサイル巡洋艦として再設計・建造されている。DDG-49とDDG-50については番号が飛ばされている。計画中のズムウォルト級ミサイル駆逐艦にはDDG-1000が与えられる予定である。

関連項目[編集]