シムス級駆逐艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シムス級駆逐艦
USS Sims DD-409
艦級概観
種別 駆逐艦
艦名 海軍功労者 一番艦はウィリアム・シムス提督に因む。
建造者 {{{建造者}}}
運用者  アメリカ海軍
建造期間 1937 – 1940
就役期間 1939 – 1946
同型艦 12隻
前級 ベンハム級駆逐艦
次級 グリーブス級駆逐艦
主要諸元
排水量 満載:2,465トン
総トン数 {{{総トン数}}}
全長 106.17m (348 ft 4 in)
全幅 10.97m (36 ft 0 in)
吃水 4.06m (13 ft 4 in)
深さ {{{深さ}}}
機関 バブコック&ウィルコックス缶3基、ウェスティングハウス・タービン2基、50,000 hp (37 MW)
機関出力 {{{機関出力}}}
電力 {{{電力}}}
速力 38.7ノット
燃料 {{{燃料}}}
航続距離 6,500海里 (12,000 km)、12ノット(22.2km/h)時
潜航深度 {{{潜航深度}}}
乗員 士官 16名+曹士 235名
搭載量 {{{搭載量}}}
装甲 {{{装甲}}}
兵装 竣工時
 38口径5インチ砲×5基
 12.7mm単装機関銃×4基
 533mm4連装魚雷発射管×3基12門(シムス・就役時)/2基8門
 爆雷投下軌条2基
1943年
 38口径5インチ砲×4基
 40mm連装機関砲×2基
 エリコンSS 20mm機銃×4基
 533mm4連装魚雷発射管×2基8門
 爆雷投下軌条2基
1945年(マスティン)
 38口径5インチ砲×4基
 40mm連装機関砲×4基
 エリコンSS 20mm機銃×4基
 爆雷投下軌条2基
搭載機 {{{艦載機}}}
搭載総数 {{{総艦載機数}}}
搭載艇 {{{艦載艇}}}
C4ISTAR {{{C4I}}}
レーダー {{{レーダー}}}
ソナー {{{ソナー}}}
電子戦
対抗手段
{{{電子戦}}}
特殊装備 {{{特殊装備}}}
その他 {{{その他}}}

シムス級駆逐艦 (Sims Class Destroyers) は、アメリカ海軍駆逐艦の艦級。7カ所の造船所で建造され、1939年から40年にかけて就役した。一番艦シムスは、ウィリアム・シムス提督に因み命名された。第二次世界大戦に先立って建造された最後の艦級である。

概要[編集]

船体・兵装・機関[編集]

ベンハム級駆逐艦をベースに設計された。兵装について様々な案が出された後、ベンハム級より船体を若干大きくして建造される事となった[1]。5インチ砲は従前どおり5基配備となり、魚雷発射管は1基減じて3基配備として、1基を首尾線上に、2基を両舷側に配備してマハン級駆逐艦と同じ配置となった。しかし、一番艦シムスが就役すると重大な問題が露呈した。重量過多とそれによるトップヘビー状態があまりにもひどく、早急な改修が行われた[2]。すなわち、魚雷発射管を1基撤去して2基とも首尾線上に配置し直し、探照灯台の撤去やバラストの装着など、徹底した重量軽減策が実施された[2]。二番艦ヒューズ以降は改善策を反映させてから竣工して就役した[2]。機関はベンハム級と同一である。

戦歴・兵装の変遷[編集]

初めは全隻大西洋艦隊に配備された。真珠湾攻撃後はウェインライト、バック、ロウが大西洋戦線に留まり、残りは太平洋戦線に転じた[3]。バックはサレルノ沖でUボートの攻撃により沈没し、ウェインライトとロウは地中海の戦いが幕を閉じると、本国に帰投して整備の上で太平洋戦線に移動した[3]。太平洋戦線で戦った艦は、初期から日本海軍と激闘を演じた。珊瑚海海戦でシムスが沈没すると、続くミッドウェー海戦ではハムマンが、損傷した空母ヨークタウン (USS Yorktown, CV-5) に横付け中、伊168の雷撃で沈没した。9月15日にはオブライエンが、伊19が空母ワスプ (USS Wasp, CV-7) を狙って命中しなかった酸素魚雷の命中を受け、応急修理後に本国に帰投中、船体が折れて沈没した。ウォークも第三次ソロモン海戦で沈没した。残存艦はマーシャル諸島ニューギニアフィリピン硫黄島沖縄と転戦して大戦を生き残ったが[3]、1946年までに全艦が退役した。残存艦の内3隻はオーバーホール途中に退役が決定しスクラップとされた。4隻はビキニ環礁での原爆実験であるクロスロード作戦に使用され1隻が最初の爆発で沈没、3隻は2年後に標的艦として撃沈された。

太平洋配備艦、大西洋配備艦ともども大戦中に40ミリ機関砲と20ミリ機銃を装備して対空火器を充実させた。神風特別攻撃隊が出現した後、魚雷発射管を全て降ろして対空火器のさらなる充実が図られることとなり、マスティン、ラッセル、モリスの3隻が当該改修を実施した[4]

同型艦[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ホイットレー, 270ページ
  2. ^ a b c ホイットレー, 271ページ
  3. ^ a b c ホイットレー, 272ページ
  4. ^ ホイットレー, 271、272ページ

参考文献[編集]

  • 「世界の艦船増刊第15集 第2次大戦のアメリカ軍艦」海人社、1984年
  • 「世界の艦船増刊第43集 アメリカ駆逐艦史」海人社、1995年
  • M・J・ホイットレー/岩重多四郎(訳)『第二次大戦駆逐艦総覧』大日本絵画、2000年、ISBN 4-499-22710-0

関連項目[編集]

外部リンク[編集]