グリーブス級駆逐艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
グリーブス級駆逐艦
ニブラック
艦級概観
種別 駆逐艦
艦名 海軍功労者 一番艦はアルバート・グリーブス提督に因む
建造者 {{{建造者}}}
運用者  アメリカ海軍
 中華民国海軍
 イタリア海軍
 海上自衛隊
 ギリシャ海軍
 トルコ海軍
建造期間 1938 – 1943
就役期間 1940 – 1956
同型艦 64隻
前級 ベンソン級駆逐艦
次級 フレッチャー級駆逐艦
主要諸元
排水量 基準:1,630トン
総トン数 {{{総トン数}}}
全長 106.15m (348 ft 3 in)
全幅 11.00m (36 ft 1 in)
吃水 4.01m (13 ft 2 in)
深さ {{{深さ}}}
機関 バブコック&ウィルコックス製水管缶4基
ウェスティングハウス
若しくはジェネラル・エレクトリック
オールギヤードタービン2基2軸推進
50,000hp
機関出力 {{{機関出力}}}
電力 {{{電力}}}
速力 37.4ノット
燃料 {{{燃料}}}
航続距離 6,500海里 (12,000 km)、12ノット(22.2km/h)時
潜航深度 {{{潜航深度}}}
乗員 276名(士官16名を含む)
搭載量 {{{搭載量}}}
装甲 {{{装甲}}}
兵装 竣工時
 127mm 単装砲×5基/4基(後期建造艦)
 12.7mm 機銃×10基
 533mm 5連装魚雷発射管×2基10門/1基5門(後期建造艦)
 爆雷投下軌条2基
 爆雷×22個
1942年
 127mm 単装砲×4基
 エリコンSS 20mm機銃×6基
 533mm 5連装魚雷発射管×2基10門
 爆雷投下軌条2基
 爆雷×22個
1944年
 127mm 単装砲×4基
 40mm連装機関砲×2基
 エリコンSS 20mm機銃×4基
 533mm 5連装魚雷発射管×2基10門
 爆雷投下軌条2基
 爆雷×22個
搭載機 {{{艦載機}}}
搭載総数 {{{総艦載機数}}}
搭載艇 {{{艦載艇}}}
C4ISTAR {{{C4I}}}
レーダー {{{レーダー}}}
ソナー {{{ソナー}}}
電子戦
対抗手段
{{{電子戦}}}
特殊装備 {{{特殊装備}}}
その他 {{{その他}}}

グリーブス級駆逐艦(グリーブスきゅう くちくかん、Gleaves class Destroyers)はアメリカ海軍駆逐艦の艦級。大西洋地中海で哨戒や支援任務に従事し、太平洋戦争開戦後には太平洋戦線で日本軍とも戦った。一番艦は、アルバート・グリーブス提督に因んで命名されている。

概要[編集]

名称について[編集]

ベンソン級駆逐艦のうち、バブコック&ウィルコックス社設計によるグリーブスとニブラックを本級に編入せず、一番艦をリヴァモアとしてリヴァモア級駆逐艦(Livermore class Destroyers)と呼ばれたり[1]、グリーブスとニブラックおよび1939年度計画艦と1940年度計画によるブリストル以下の建造艦を分離して、後者をブリストル級駆逐艦(Bristol class Destroyers)と呼ぶこともある[2][3]。また、この両者にベンソン級を合わせてベンソン/リヴァモア級(Benson/Livermore class)あるいはベンソン/グリーブス級(Benson/Gleaves class)などと呼ばれたりする。なお、アメリカ海軍では先に竣工した艦を艦級名とする慣習があり、基本的に建造を開始した時期や建造した造船所にとらわれない[3]

船体・機関・兵装[編集]

ベンソン級のバブコック&ウィルコックス社設計艦を引き続いて建造したものである。要目はベンソン級と大差ないが、ベンソン級のベスレヘム造船建造艦がベスレヘム社独自の機関を搭載したのに対し、本級では汎用型の機関が使用された[2]。1938年から1940年にかけてグリーブスとニブラックの2隻が建造され、1939年度計画艦リヴァモア、エバール、プランケット、ケアニーの4隻(DD-429 - 432)が1940年に竣工。1941年にグウィンからラドローとウィルクスからイングラム(DD-433 - 438, DD-441 - 444)の10隻が建造された。この頃、すでに次級のフレッチャー級駆逐艦が起工されようとしていたが、世界情勢の緊迫により駆逐艦兵力を即座に増強する必要があったため、フレッチャー級と同時に48隻の建造が進められる事となった[4]。1943年までに全64隻が就役した。

船型としては船首楼型を採用、また機関配置は缶・機・缶・機のシフト配置とされている[5]

建造時の武装はベンソン級に引き続いて38口径5インチ単装両用砲5基、12.7mm 機銃10基、21インチ5連装魚雷発射管2基10門が標準。1940年度計画のブリストル級は建造時から5インチ砲と魚雷発射管を1基ずつ削減して就役。就役済みの艦も、アメリカが参戦すると5インチ砲を撤去して40mm機関砲、20mm機銃を設置するなど対空火器の増設が行われた。

戦歴[編集]

本級も就役と同時に中立パトロールに投入され、1941年10月17日にケアニーがUボートの雷撃により損傷した。アメリカが本格参戦すると大西洋方面と太平洋方面に散って各方面で枢軸国陣営と対決し、戦闘と事故で10隻を喪失した。また、大戦中に軽敷設艦や高速掃海艇に改装された艦もある。戦争終結後は、いくつかの艦が他国に供与され、エリソンとマコームは海上自衛隊に供与の上、あさかぜ型護衛艦「あさかぜ」(エリソン)、「はたかぜ」(マコーム)として就役した。

同型艦[編集]

リヴァモア
エバール
グウィン

脚注[編集]

  1. ^ 「第2次大戦のアメリカ軍艦」、「アメリカ駆逐艦史」
  2. ^ a b ホイットレー, 277ページ
  3. ^ a b M・J・ホイットレー『第二次大戦駆逐艦総覧』でのベンソン級とブリストル級の分け方は、設計や建造所の違いではなく、建造計画に基づいて割り振られたハルナンバー英語版順による
  4. ^ 「アメリカ駆逐艦史」78ページ
  5. ^ 「海上自衛隊全艦艇史」、『世界の艦船』第630号、海人社、2004年8月、 1-261頁、 NAID 40006330308

参考文献[編集]

  • 「世界の艦船増刊第15集 第2次大戦のアメリカ軍艦」海人社、1984年
  • 「世界の艦船増刊第43集 アメリカ駆逐艦史」海人社、1995年
  • M・J・ホイットレー/岩重多四郎(訳)『第二次大戦駆逐艦総覧』大日本絵画、2000年、ISBN 4-499-22710-0

関連項目[編集]

外部リンク[編集]