ボストン海軍工廠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ボストン海軍工廠
チャールストン海軍工廠およびミスティック・ワーフの1912年の地図
所在地: マサチューセッツ州ボストン East of Chelsea Street, Charlestown
座標: 北緯42度22分34秒 西経71度3分9秒 / 北緯42.37611度 西経71.05250度 / 42.37611; -71.05250座標: 北緯42度22分34秒 西経71度3分9秒 / 北緯42.37611度 西経71.05250度 / 42.37611; -71.05250
建設: 1800年
建築家: Alexander Parris, et al.
運営者: 国立公園局
NRHP登録番号: 66000134 [1]
NRHP指定日: 1966年11月15日

ボストン海軍工廠Boston Navy Yard, ボストンかいぐんこうしょう)は、アメリカ合衆国マサチューセッツ州ボストンにあった海軍工廠。1800年にチャールズタウン海軍工廠 (Charlestown Navy Yard) として開設された。これはアメリカの海軍工廠のうちで最も古いものの一つである。なお、名称は1945年にボストン海軍工廠に変更され、1967年以降はボストン海軍造船所 (Boston Naval Shipyard) とよばれた。南北戦争の際などに何度か拡張工事が行われている。

1974年7月1日に閉鎖され、30エーカー (120,000 m²) に及ぶ敷地は現在ボストン国立歴史公園の一部として国立公園局が管理している。同工廠は閉鎖までに200隻以上の艦船を建造しており、第二次世界大戦中は護衛駆逐艦の建造を行っていた。

なお、アメリカ海軍で最古の現役艦艇である帆船コンスティチューション (USS Constitution) はボストンを母港としている。そのために現在でも、コンスティチューションの整備用にドックなど一部施設は稼動可能な状態にある。また、第二次世界大戦期の駆逐艦カッシン・ヤング (USS Cassin Young, DD-793) も博物館船として係留されている。地区の住民および国立公園局では現在でもチャールズタウン海軍工廠の呼称を使うことが多い[2]

歴史[編集]

チャールズタウンにおける艦艇建造は独立戦争の頃に始められた。チャールズタウン海軍工廠の敷地は1800年に購入され、間もなく開設された。同工廠はアメリカ海軍初の戦列艦であるインディペンデンス (USS Independence) を建造したが、1890年代まで修理および停泊所として使用された。その後工廠では「新海軍」のための鋼製艦艇の建造を始め、名称もボストン海軍工廠と改められた。

1833年6月24日、マーティン・ヴァン・ビューレン副大統領ルイス・カス陸軍長官リーヴァイ・ウッドベリー海軍長官を含む多くの高官およびマサチューセッツ州の職員たちが臨席し、著名な土木技師であるロアミ・ボールドウィンが設計したニューイングランドにおける最初の海軍乾ドックにおいて、コンスティチューション (USS Constitution) が就役した[3]。これは「アメリカ海軍史上における素晴らしい出来事」の1つであった。1975年3月14日、コンスティチューションは同工廠を使用する最後の艦としてドックから出渠した[4]


ボストン海軍工廠
マサチューセッツ州ボストン
種類 造船所
建設 1800年
使用期間 1800年 — 1975年
管理者 アメリカ海軍

ロープ製造所は1837年の開設時から工廠が閉鎖された1975年まで海軍用の綱を製造、供給した。南北戦争後、工廠は装備補給設備に格下げされた[4]

1890年代に海軍は拡大を始め、工廠は新たな時代に入った。20世紀に入ると2番目の乾ドックが建造された。第二次世界大戦中にはドイツ軍による損傷を受けたイギリス海軍艦艇の修理を行った。1941年9月27日、リバティ・フリート・デーコーウィー (USS Cowie, DD-632) とナイト (USS Knight, DD-633) が同工廠で進水した。大戦後は艦隊近代化計画 (FRAM) に基づき艦艇の近代化に従事する。朝鮮戦争およびベトナム戦争では大規模な海戦が無かったため、工廠の作業が増えることはなかった。

建造された主な艦艇[編集]

現在[編集]

ボストン海軍工廠に係留されるカッシン・ヤング (USS Cassin Young, DD-793)
1番ドック

工廠はベトナム戦争の後に閉鎖された。工廠を再利用するため様々な案が考慮され、その中には石油タンカー建造施設として使用するというもののあったが[18]、全てが失敗に終わった。結局工廠の跡地はボストン国立歴史公園の一部として管理されることとなった。その目的は「海軍の造船技術と歴史を後世に伝える」ことである[4]

チャールズタウン海軍工廠では多くのアトラクションが開催されている。現役艦であるコンスティチューションおよび博物館船のカッシン・ヤングは1番埠頭に係留され、一般に公開されている。工廠にはまた USS コンスティテューション博物館があり、様々な資料が公開されている。1番乾ドックは現在も使用されており、主に歴史的艦艇の整備を行っている。

工廠はフリーダムトレイルの北端に位置している。マサチューセッツ湾交通局のウォーター・シャトルが3番埠頭近くに停船し、多くの観光客が同シャトルを利用して訪れる。

参照[編集]

  1. ^ National Register Information System”. National Register of Historic Places. National Park Service. 2007年1月23日閲覧。
  2. ^ Charlestown Navy Yard, National Park Service
  3. ^ Historic Naval Ships Association
  4. ^ a b c Charlestown Navy Yard: The Shipyard on the Charles
  5. ^ a b Silverstone, Paul H. U.S. Warships of World War II (1968) Doubleday & Company p.114
  6. ^ a b Silverstone, Paul H. U.S. Warships of World War II (1968) Doubleday & Company p.118
  7. ^ a b c d Silverstone, Paul H. U.S. Warships of World War II (1968) Doubleday & Company p.124
  8. ^ a b c d Silverstone, Paul H. U.S. Warships of World War II (1968) Doubleday & Company p.126
  9. ^ a b Silverstone, Paul H. U.S. Warships of World War II (1968) Doubleday & Company p.129
  10. ^ a b c d Silverstone, Paul H. U.S. Warships of World War II (1968) Doubleday & Company p.132
  11. ^ a b c d e f g h i Silverstone, Paul H. U.S. Warships of World War II (1968) Doubleday & Company p.135
  12. ^ a b c d e f Silverstone, Paul H. U.S. Warships of World War II (1968) Doubleday & Company p.140
  13. ^ a b c Silverstone, Paul H. U.S. Warships of World War II (1968) Doubleday & Company p.141
  14. ^ a b c d e Silverstone, Paul H. U.S. Warships of World War II (1968) Doubleday & Company p.153
  15. ^ a b c d e f g h Silverstone, Paul H. U.S. Warships of World War II (1968) Doubleday & Company p.155
  16. ^ a b c d e f g h Silverstone, Paul H. U.S. Warships of World War II (1968) Doubleday & Company p.157
  17. ^ a b c d e f g h i j Silverstone, Paul H. U.S. Warships of World War II (1968) Doubleday & Company p.175
  18. ^ NEW ENGLAND: Bases for Sale”. New England: Time Incorporated (1974年7月1日). 2009年11月4日閲覧。

外部リンク[編集]

ウィキメディア・コモンズには、ボストン海軍工廠に関するカテゴリがあります。