マハン級駆逐艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マハン級駆逐艦
マハン (USS Mahan, DD-364)
艦級概観
種別 駆逐艦
艦名 海軍功労者 一番艦はアルフレッド・セイヤー・マハン少将に因む。
建造者 {{{建造者}}}
運用者  アメリカ海軍
建造期間 1934 – 1937
就役期間 1936 – 1946
同型艦 18隻
前級 ポーター級駆逐艦
次級 グリッドレイ級駆逐艦
主要諸元
排水量 基準:1,500t 満載:2,286t
全長 104.04m (341ft 4in)
全幅 10.67m (34ft 8in)
吃水 3.76m (17ft)
深さ {{{深さ}}}
機関 バブコック&ウィルコックス社製
水管缶(ボイラー)4基
蒸気タービン2基2軸推進
機関出力 {{{機関出力}}}
電力 {{{電力}}}
速力 36.0ノット
燃料 {{{燃料}}}
航続距離 7,500海里 / 15ノット
潜航深度 {{{潜航深度}}}
乗員 160名
搭載量 {{{搭載量}}}
装甲 {{{装甲}}}
兵装 竣工時
 Mark.21 38口径5インチ単装砲×5基
 12.7mm単装機関銃×4丁
 533mm4連装魚雷発射管×3基
1943年
 Mark.21 38口径5インチ単装砲×4基
 ボフォース 40mm連装機関砲×2基
 エリコンSS 20mm単装機関砲×5基
 533mm4連装魚雷発射管×3基
 爆雷投下軌条×2軌
1945年(ラムソン)
 Mark.21 38口径5インチ単装砲×4基
 ボフォース 40mm4連装機関砲×2基
 エリコンSS 20mm単装機関砲×5基
 爆雷投下軌条×2軌
1945年(ショウ)
 Mark.21 38口径5インチ単装砲×3基
 ボフォース 40mm4連装機関砲×2基
 ボフォース 40mm連装機関砲×2基
 エリコンSS 20mm連装機関砲×4基
 爆雷投下軌条×2軌
1944年(カッシン)
 Mark.21 38口径5インチ単装砲×4基
 ボフォース 40mm連装機関砲×2基
 エリコンSS 20mm単装機関砲×6基
 533mm4連装魚雷発射管×2基
 爆雷投下軌条×2軌
搭載機 {{{艦載機}}}
搭載総数 {{{総艦載機数}}}
搭載艇 {{{艦載艇}}}
C4ISTAR {{{C4I}}}
レーダー {{{レーダー}}}
ソナー {{{ソナー}}}
電子戦
対抗手段
{{{電子戦}}}
特殊装備 {{{特殊装備}}}
その他 {{{その他}}}

マハン級駆逐艦(マハンきゅう くちくかん、Mahan class Destroyers)は、アメリカ海軍駆逐艦の艦級。条約型駆逐艦として概ね1935年から1937年にかけて建造された。改良型のダンラップ級駆逐艦2隻を本級に含める場合もある。

概要[編集]

船体・兵装・機関[編集]

ポーター級駆逐艦に続いて建造されたが、系譜的にはファラガット級駆逐艦に連なる。ファラガット級における欠点を修正した上で1933年に計画され、1934年から建造が始まった。

38口径5インチ(127mm)単装砲5門と21インチ(533mm)4連装魚雷発射管3基など主要な武装や艦首楼型船体はファラガット級を概ね引き継いでいるが、幅をわずかに広げた事によって船体に多少の余裕を生じさせ、両用砲の採用が可能となった[1]。ただし、ファラガット級と同様に船首楼の一番砲と二番砲にのみ砲塔が装備された[1]。また、4連装魚雷発射管が1基増えて8門から12門になっているが、2基が三番砲の両舷側に配されたため一度に発射できる門数は変わっていない(射線12本・片舷8本)。また、両舷側の2基の装備位置は低く波をかぶりやすかったため、荒天時には使用できなかった[2]。機関はバブコック&ウィルコックス社の新設計によるもので、総重量は30トン増したものの予熱器を装備。機構が煩雑という欠点があったものの[1]、馬力が引き揚げられた上に燃費が多少改善され、ファラガット級より50トン少ない燃料量にもかかわらずファラガット級と同等の航続距離を得ることができた[1]

1936年から順次竣工して、1933年度計画艦16隻と1934年度計画艦2隻の計18隻建造された。「ダンラップ級駆逐艦」とも呼称される1934年度計画艦は前檣が三脚檣から棒檣に改められ、一番砲と二番砲の砲塔形状も密閉型に修正された点が1933年度計画艦と異なる[1]。本級の性能は良好であったものの必ずしも成功作とは言い難く、ファラガット級から始まっていたトップヘビー傾向は、重厚な三脚檣の採用などにより相変わらず変わっていない。ただし、18隻という建造数は日本海軍ドイツ海軍と違って、広大な海域を守る必要があるアメリカ海軍にとって大いに意味があったと解釈することもできる。

戦歴・兵装の変遷[編集]

再就役後のカッシン(1944年)

全隻が太平洋戦争で日本海軍と戦った。また、アメリカ海軍が優位に立っていない緒戦から日本軍と死闘を演じたため被害も多い。1941年12月8日、真珠湾に在泊していて日本海軍の真珠湾攻撃によりショー、カッシン、ダウンズの3隻が損傷した。そのうちカッシンとダウンズは爆撃を受けて沈没し、浮揚の後に修理された上で戦列に復帰した。1942年8月4日には、タッカーが味方が敷設した機雷に触雷し、エスピリトゥサント島(現バヌアツ)近海で沈没した。同年、11月13日には第三次ソロモン海戦(米軍呼称・ガダルカナル海戦)で日本海軍との夜戦によりカッシング、プレストンが撃沈された。1943年11月、パーキンスがオーストラリア兵員輸送艦ダントルーンと衝突し沈没。下って1944年12月にはフィリピンオルモック湾にて日本軍機(陸軍機説が有力)の突入を受け、マハンが12月7日に、リードが12月11日に撃沈された。戦闘で4隻(タッカーを含めれば5隻)、事故で2隻が沈没し、16隻中6隻を失った。戦後はカニンガムとラムソンが原爆実験クロスロード作戦に使用された他は1946年に退役し、1947年に処分された。

兵装の変遷については、まず1942年からレーダーの装備による三番砲および一部搭載品の陸揚げとエリコン20mm機関砲の装備が実施された[3]。三番砲跡地には20mm機関砲2基、次いでボフォース 40mm連装機関砲2基が装備された[4]。40mm機関砲の重量は半端ではなかったが、1944年10月から出現した神風特別攻撃隊対策として更なる装備が行われ、代わりに全ての魚雷発射管や四番砲の撤去が実施された艦も出現した[4]。真珠湾攻撃で大破したカッシンとダウンズは、機関部や艤装品をそのまま使用して船体を改めて建造され再就役したが、5インチ単装砲は4基、4連装魚雷発射管は2基装備となった[4]

同型艦[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e ホイットレー, 264ページ
  2. ^ 「アメリカ駆逐艦史」90ページ
  3. ^ ホイットレー, 264、265ページ
  4. ^ a b c ホイットレー, 265ページ

参考文献[編集]

  • 「世界の艦船増刊第15集 第2次大戦のアメリカ軍艦」海人社、1984年
  • 「世界の艦船増刊第43集 アメリカ駆逐艦史」海人社、1984年
  • M・J・ホイットレー/岩重多四郎(訳)『第二次大戦駆逐艦総覧』大日本絵画、2000年、ISBN 4-499-22710-0

関連項目[編集]

外部リンク[編集]