ベンソン級駆逐艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ベンソン級駆逐艦
USS Benson DD-421
艦級概観
種別 駆逐艦
艦名 海軍功労者 一番艦はウィリアム・シェパード・ベンソン提督に因む。
建造者 {{{建造者}}}
運用者  アメリカ海軍
 中華民国海軍
 イタリア海軍
建造期間 1938年 - 1943年
就役期間 1940年 – 1951年
同型艦 32隻(グリーブス、ニブラック含む)
前級 シムス級駆逐艦
次級 グリーブス級駆逐艦
フレッチャー級駆逐艦
主要諸元
排水量 基準:1,620t
満載:2,200t
全長 106.12m (348 ft 2 in)
全幅 11.00m (36 ft 1 in)
吃水 3.58m (11 ft 9 in)
深さ {{{深さ}}}
機関 B&Wボイラー×4缶
(43.5kgf/cm², 371-399℃)
ウェスティングハウス蒸気タービン×2基
スクリュープロペラ×2軸
機関出力 50,000馬力 (37 MW)
電力 {{{電力}}}
速力 36.5ノット
燃料 {{{燃料}}}
航続距離 6,500海里 (12kt巡航時)
潜航深度 {{{潜航深度}}}
乗員 276名
搭載量 {{{搭載量}}}
装甲 {{{装甲}}}
兵装 {{{兵装}}}
搭載機 {{{艦載機}}}
搭載総数 {{{総艦載機数}}}
搭載艇 {{{艦載艇}}}
C4ISTAR {{{C4I}}}
レーダー {{{レーダー}}}
ソナー {{{ソナー}}}
電子戦
対抗手段
{{{電子戦}}}
特殊装備 {{{特殊装備}}}
その他 {{{その他}}}

ベンソン級駆逐艦(ベンソンきゅう くちくかん、英語: Benson-class destroyers)はアメリカ海軍駆逐艦の艦級。ベンソン級にグリーブス級駆逐艦を含めてベンソン級とも呼ばれ、グリーブス級だけでなくブリストル級駆逐艦(リヴァモア級駆逐艦)も含めた総称として呼ばれることもある。一番艦はウィリアム・シェパード・ベンソン提督に因み、命名されている。

設計[編集]

戦前からアメリカ海軍はロンドン軍縮条約の締結後、条約型駆逐艦の増強を行ってきたがマハン級駆逐艦以降、1,500トンの船体に強力な水雷戦能力を施したため、日本海軍の駆逐艦と同様に武装と重心の釣り合いがとれず、復元性が悪いトップヘビーの傾向を示す駆逐艦となってしまった。

ベンソン級は当初、シムス級駆逐艦の改良型として計画された[1]。後述の通り、水雷装備はやや簡素化されているが、さほど重量は変化が見られず、兵装重量自体は前級よりも増え、ポーター級駆逐艦とほぼ同等となった[2]。また抗堪性向上のため、船体の強度を高めて機関の分離シフト配置を行い、防御力を高めている。その上、船体のサイズもさほど変わっていないので、前級も当級も共に、トップヘビーが完全に改善されたとは言い難い。なお、機関の分散配置によって缶室間隔が開いた事で二本煙突を持つ艦となり、グリッドレイ級駆逐艦以来しばらく続いた一本煙突時代はひとまず終えることとなった[1]。船体の設計はバブコック&ウィルコックス社とベスレヘム造船が担当したが、ベスレヘム造船側が独自開発の機関を搭載したいという要望が出され、比較研究を理由に二種類の機関を採用する事となった[3]。バブコック&ウィルコックス設計艦とベスレヘム設計艦の差異は煙突の断面にあり、前者は円形、後者は楕円形である[3]。前者の図面で建造されたグリーブスとニブラックをベンソン級から切り離してブリストル級駆逐艦(リヴァモア級駆逐艦)に編入するのは、これに起因する[4]

装備[編集]

主砲としては、初代ファラガット級以来のMk.12 38口径5インチ両用砲5門装備が踏襲された。砲射撃指揮システム(GFCS)としても、同様にMk.37 砲射撃指揮装置が艦橋上に搭載されている。一方、水雷装備に関しては、前級(シムス級)で水雷戦から砲撃戦思考に転換したため、シムス級の4連装魚雷発射管3基(射線12本)を当ベンソン級から5連装2基(射線10本)に減らされている。

上記の通り、アメリカの条約型駆逐艦の悪癖としてトップヘビーがあったことから、これを改善するため、3・4番砲は砲盾を持たなかった。また戦時中には3番砲や後部魚雷発射管を撤去を行ったが、こちらの撤去理由は対空火器の強化であったため、空いたスペースに40mm機銃や20mm機銃が増設され、重量の軽減には至っていない。

兵装要目
竣工時 1942年 1944年
38口径5インチ単装砲×5基 38口径5インチ単装砲×4基
12.7mm 機銃×6基 20mm単装機銃×6基 40mm連装機銃×2基
20mm単装機銃×4基
533mm5連装魚雷発射管×2基
爆雷投下軌条×2基 (爆雷×22個)

配備[編集]

本級は、条約失効した1937年後の1938年に計画、建造され、1940年の7月から9月にかけて最初の6隻が揃って完成した。1941年度にも建造されて、1943年2月までに全30隻が勢ぞろいした。

就役した時には第二次世界大戦が始まっており、アメリカが参戦するまで中立パトロール任務で船団の護衛任務に従事した。太平洋戦争が始まってアメリカが参戦すると、地中海でイタリア軍やヴィシー政権下のフランス軍と戦い、大西洋地中海戦線が落ち着くと太平洋に転戦して日本海軍とも戦った。ドイツ空軍の爆撃で撃沈されたランズデール、第三次ソロモン海戦で撃沈されたラフィーとバートンの沈没艦を除いて、戦争終結後の1946年から予備役に入る。ベンソンとヒラリー・P・ジョーンズの2隻は台湾に移った中華民国に、ウッドワースがイタリアに供与され、マディソン、チャールズ・F・ヒューズは標的艦として使用され沈没。メイヨーも予備役を経て、処分された。

同型艦[編集]

ヒラリー・P・ジョーンズ(1943年撮影)
  1. ベンソン(USS Benson, DD-421)
    • 台湾へ供与され、Lo Yangと改名
  2. メイヨー(USS Mayo, DD-422)
  3. マディソン(USS Madison, DD-425)
  4. ランズデール(USS Lansdale, DD-426)
    • 1944年4月20日にドイツ空軍機の爆撃で戦没
  5. ヒラリー・P・ジョーンズ(USS Hilary P. Jones, DD-427)
  6. チャールズ・F・ヒューズ(USS Charles F. Hughes, DD-428)
    • 台湾へ供与され、Han Yanと改名
  7. ラフィー (USS Laffey, DD-459)
  8. ウッドワース (USS Woodworth, DD-460)
    • イタリアへ供与され、Artigliereと改名
  9. ファーレンホルト (USS Farenholt, DD-491)
  10. ベイリー (USS Bailey, DD-492)
  11. バンクロフト (USS Bancroft, DD-598)
  12. バートン (USS Barton, DD-599)
  13. ボイル (USS Boyle, DD-600)
  14. シャンプリン (USS Champlin, DD-601)
  15. ミード (USS Meade, DD-602)
  16. マーフィー (USS Murphy, DD-603)
  17. パーカー (USS Parker, DD-604)
  18. コールドウェル (USS Caldwell, DD-605)
  19. コグラン (USS Coghlan, DD-606)
  20. フレイジャー (USS Frazier, DD-607)
  21. ガンズヴォート (USS Gansevoort, DD-608)
  22. ギレスピー (USS Gillespie, DD-609)
  23. ホビー (USS Hobby, DD-610)
  24. カーク (USS Kalk, DD-611)
  25. ケンドリック (USS Kendrick, DD-612)
  26. ローブ (USS Laub, DD-613)
  27. マッケンジー (USS MacKenzie, DD-614)
  28. マクラナハン (USS McLanahan, DD-615)
  29. ニールズ (USS Nields, DD-616)
  30. オードノー (USS Ordronaux, DD-617)
  1. グリーブス(USS Gleaves, DD-423)
  2. ニブラック(USS Niblack, DD-424)

出典[編集]

  1. ^ a b ホイットレー 2000, p. 274
  2. ^ 中川 1995, p. 74
  3. ^ a b ホイットレー 2000, pp. 274-275
  4. ^ ホイットレー 2000でのベンソン級とブリストル級の分け方は、設計や建造所の違いではなく、建造計画に基づいて割り振られたハルナンバー英語版順による

参考文献[編集]

  • 「第2次大戦のアメリカ軍艦」、『世界の艦船』第337号、海人社、1984年6月。
  • 中川, 務「アメリカ駆逐艦史」、『世界の艦船』第496号、海人社、1995年5月、 13-135頁。
  • ホイットレーM.J. 『第二次大戦駆逐艦総覧』 岩重多四郎訳、大日本絵画、2000年ISBN 4-499-22710-0

外部リンク[編集]