ミッチャー級駆逐艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミッチャー級駆逐艦
DD-927 ミッチャー
艦級概観
艦種 嚮導駆逐艦
艦名 海軍功労者。一番艦はマーク・ミッチャー提督に因む。
前級 ギアリング級駆逐艦(DD)
ノーフォーク (DL-1)
次級 フォレスト・シャーマン級駆逐艦(DD)
ファラガット級駆逐艦(DLG)
就役期間 1953年 - 1978年
性能諸元
排水量 基準:3,642t
満載:4,855t
全長 149m
全幅 14.5m
吃水 4.5m
機関 FWボイラー
 DL-2,3: 86kgf/cm², 510℃
 DL-4,5: 84kgf/cm², 518℃
4缶
蒸気タービン(各40,000hp 2基
スクリュープロペラ 2軸
速力 最大: 36.5ノット
航続距離 4,500海里(20ノット時)
乗員 360名

ミッチャー級駆逐艦(ミッチャーきゅうくちくかん、英語: Mitscher-class destroyer)は、アメリカ海軍嚮導駆逐艦の艦級。1番艦の艦名はマーク・ミッチャーに因む。

新しい主機関と強力な対潜・砲熕兵器を搭載する新世代の駆逐艦として1948年から整備が進められ、4隻が建造された。ミッチャーとジョン・S・マケインは、後にミサイル駆逐艦として改装されている。

来歴[編集]

本級は、駆逐艦隊などの旗艦となる大型の駆逐艦として開発された。当初はDD-927級として、従来の駆逐艦に属するものとして計画されたが、1番艦の建造途中である1951年に、嚮導駆逐艦(DL: Destroyer Leader)という新しい艦種に分類されるように変更された。この新しい艦種には、ミッチャー級のほかに、対潜作戦のエースとして建造されていた「ノーフォーク」(CLK-1)も属することとされており、「ノーフォーク」のほうが先に進水を迎えたことから、DL-1の番号はそちらに譲ることとなった。なお、嚮導駆逐艦は、1955年にさらにフリゲートと再改名された。

設計[編集]

船体設計は、フレッチャー級駆逐艦の系譜を引き継ぐ平甲板船型を採用しており、乾舷はかなり高い[1]

主機関には、アメリカ海軍として初めて、蒸気圧力1,200 psi以上の高圧ボイラーが採用された。適切な運用を模索するため、前期建造艦と後期建造艦では異なるタイプのボイラーが搭載されており、DL-2/3では圧力1,225 psi (86.1 kgf/cm²)、温度510℃の蒸気を扱うゼネラル・エレクトリック社製の強制循環ボイラが、DL-4/5では圧力1,200 psi (84 kgf/cm²)、温度518℃の蒸気を扱うフォスター・ホイーラー社製のドラム型ボイラが採用されたが、強制循環ボイラは実績不良であったことから、竣工から6〜7年で従来の自然循環ボイラーに換装された。また主機関としては2段減速のギヤード・タービンが2基搭載されている。蒸気性状の高圧・高温化に伴い、従来の巡航タービンを用いた主機方式では不具合と考えられたことから、シリーズ・パラレル方式の蒸気タービンが開発されて搭載された。シリンダー構成は、高圧・中圧タービンと低圧・後進タービンの2胴式であり、この方式は効率良好で、構造単純、運転容易などの利点があり、以後の米海軍艦艇で広く用いられた。機関配置としては、前から、前部缶室・右舷機関室・後部缶室・左舷機械室という4室のシフト配置が採用されている[2]

装備[編集]

兵装面でも、多くの新兵器が搭載された。防空用には、新開発の両用砲であるMk.42 54口径127mm単装砲が、対潜用には、誘導対潜魚雷用の固定式発射管のほか、対潜前投兵器であるMk.108「ウェポン・アルファ対潜ロケット砲などが搭載された。ソナーとしては、建造当初はSQG-1を搭載していたが、1950年代中盤に、標準的なAN/SQS-4に換装された。

1950年代後半に入って、本級は、戦前型の艦隊型駆逐艦とともに、FRAM(艦隊近代化計画)改修を受けることとなった。まず、従来使われてきた開放砲架のMk.33 50口径76mm連装砲に代わってMk.26 70口径76mm連装砲英語版が搭載された。また、この際、重量増に対応するため、不発率が高く評判の悪かったMk.108「ウェポン・アルファ」も撤去された。続いて、遠距離の対潜兵器として開発された無人対潜ヘリコプターであるQH-50 DASHが搭載されることとなり、後部Mk.26 3インチ砲と魚雷発射管を撤去してDASHの運用設備(格納庫と飛行甲板)が設置された。さらにソナー・システムも更新され、DL-2/3はSQS-4のかわりにSQS-23を、DL-4/5は艦首ドームを拡張してAN/SQS-26を搭載した[3]

その後、1964年計画において、DL-2/3はミサイル駆逐艦改装を受けることとなった。これは、駆逐艦向け艦対空ミサイル・システムであるターター・システムを搭載することで、廉価型ファラガット級ミサイル・フリゲートというべき防空艦に改装するというものであった。艦の後部に単装ミサイル発射機とAN/SPG-51誘導レーダー2基を装備した。予期したほどの効果を得ることができず、またトップ・ヘビーに陥ることが判明したため、DL-4/5に対する改装は取りやめられた。トップ・ヘビーの悪癖は、DDG改装を受けなかった艦にも出現しており、このために本級はいずれも短命に終わった。DDG改装を受けなかった2隻は1969年、DDG改装を受けた2隻も1978年に、いずれも就役30年を経ることなく退役した。

なお、「ミッチャー」は1957年2月ベル47の発着演習を行なっている。この際、ベル47はMk.43短魚雷を搭載して対潜攻撃を展示したが、これは、アメリカ海軍の駆逐艦が対潜攻撃ヘリコプターを搭載した初の例であった。


兵装・電装要目
新規建造時 FRAM改修後 DDG改修後
兵装 Mk.42 54口径127mm単装砲×2基
Mk.33 50口径76mm連装砲×2基 Mk.26 70口径76mm連装砲英語版×2基
※のちにDASH運用設備のため後部砲塔は撤去
Mk.26 70口径76mm連装砲×1基
20mm連装機関砲×4基 Mk.13 GMLS×1基
RIM-24 SAM
Mk.108対潜ロケット砲×2基 Mk.16 アスロック8連装発射機×1基
533mm連装魚雷発射管×2基 Mk.32 3連装短魚雷発射管×2基
爆雷投下軌条×1条
艦載機 QH-50 DASH×2機
※後日装備
飛行甲板のみ
FCS Mk.68 GFCS×1基
Mk.74 GMFCS×2基
Mk.102 UBFCS×1基 n/a
レーダー AN/SPS-6 対空捜索 AN/SPS-12 対空捜索 AN/SPS-37 対空捜索
AN/SPS-8ロシア語版 高度測定 AN/SPS-48 3次元
ソナー AN/SQG-1(建造当初)
AN/SQS-4(50年代中盤に換装)
AN/SQS-26(DL-4/5) AN/SQS-23

同型艦[編集]

番号 艦名 建造所 就役 退役 その後 売却日 リンク
DD-927
/ DL-2
/ DDG-35
ミッチャー
USS Mitscher
バス鉄工所 1953年 1978年 国防再利用販売サービス
(DRMS) により
スクラップとして売却
1980年8月1日 [1]
DD-928
/ DL-3
/ DDG-36
ジョン・S・マケイン
USS John S. McCain
1979年12月13日 [2]
DD-929
/ DL-4
ウィリス・A・リー
USS Willis A. Lee
ベスレヘム・スチール,
フォアリバー
1954年 1969年 1973年6月1日 [3]
DD-930
/ DL-5
ウィルキンソン
USS Wilkinson
1975年6月1日 [4]

参考文献[編集]

  1. ^ 「アメリカ駆逐艦史」、『世界の艦船』第496号、海人社、1995年5月、 13-135頁。
  2. ^ 阿部安雄「機関 (技術面から見たアメリカ駆逐艦の発達)」、『世界の艦船』第496号、海人社、1995年5月、 156-163頁。
  3. ^ Gyrodyne Helicopter Historical Foundation (1999年). “Mitscher Class” (英語). 2010年3月30日閲覧。

関連項目[編集]