ウィリス・A・リー (駆逐艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
USSWillisALeeDL4.jpg
艦歴
発注
起工 1949年11月1日
進水 1952年1月26日
就役 1954年10月5日
退役 1969年12月19日
その後 1973年5月18日にスクラップとして売却
除籍 1972年5月15日
性能諸元
排水量 4,730トン
全長 493.0ft (150.3 m)
全幅 50.0ft (15.2 m)
吃水 14.0ft (4.3 m)
機関 フォスター・ホイーラー缶4基
GE蒸気タービン2基
2軸推進、80,000shp
最大速力 30ノット (55.6 km/h)
航続距離 4,500海里(20ノット)
乗員 403名
兵装 54口径127mm単装砲 2基
50口径76mm連装砲 2基
20mm連装機関砲 4基
533mm連装魚雷発射管 2基
Mk.108対潜ロケット発射機 2基
爆雷投下軌条 1条

ウィリス・A・リー (USS Willis A. Lee, DD-929/DL-4) は、アメリカ海軍駆逐艦ミッチャー級駆逐艦の3番艦。艦名はウィリス・A・リー海軍中将に因む。

艦歴[編集]

ウィリス・A・リーはマサチューセッツ州クインシーベスレヘム・スチールフォアリバー造船所で1949年11月1日に起工する。1951年2月9日に DL-4 (嚮導駆逐艦)に艦種変更され、1952年1月26日にフィッツヒュー・L・パーマー・ジュニア夫人(リー中将の姪)によって進水、1954年10月5日にボストン海軍造船所で艦長F・H・シュナイダー中佐の指揮下就役した。

グアンタナモ湾での整調後、ウィリス・A・リーは母港のロードアイランド州ニューポートに帰還し、大西洋艦隊での経歴を開始する。最初の地中海への展開は1955年7月に行われ、第6艦隊と共に作戦活動に従事した。配備はその年末に完了し、ウィリス・A・リーは東海岸に帰還し、沿岸での防空演習に参加した。

1956年2月、ウィリス・A・リーはドミニカ共和国へ向けて出航する。首都のシウダー・トルヒーヨで開催されたアメリカの日祭典に代表として参加した。その後ボストン海軍造船所での作業が行われ、11月に対潜水艦戦演習に参加する。演習の間にウィリス・A・リーはロングアイランドモントーク・ポイント沖で火災を生じた漁船アグダ (Agda) を救助した。

1957年2月、サウジアラビア国王イブン=サウードアメリカ合衆国を公式訪問した際、彼を乗せニューヨークに向かった。同月末にワシントンD.C.へ向かい、ジョージ・ワシントンの誕生日を祝う記念式典に参加した。春には、北大西洋での対潜水艦演習の合間に映画『ウィンドジャマー』の撮影に参加した。続いて夏にバージニア州ハンプトン・ローズで行われた国際観艦式に参加し、秋にはNATOの大規模防空、対潜水艦戦演習に参加した。これらの演習の間にウィリス・A・リーは9月20日に初めて北極圏を横断した。

経歴の残りを母港のニューポート沖でのソナー開発試験に費やし、ボストンで定期的な修理が行われた。バージニア岬沖、カリブ海およびナラガンセット湾で活動し、1966年11月に最終となる4度目の地中海配備に赴いき、1967年5月20日にニューポートに帰還た。

ウィリス・A・リーは1969年12月19日に退役、1972年5月15日に除籍され、1973年5月18日にニューヨークのユニオン・ミネラルズ・アンド・アロイ社に売却、1973年6月5日に最後の航海を終え、スクラップとして廃棄された。

外部リンク[編集]