グリッドレイ級駆逐艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
グリッドレイ級駆逐艦
Uss Gridley DD-380
艦級概観
種別 駆逐艦
艦名 海軍功労者 一番艦はチャールズ・グリッドレイに因む。
建造者 {{{建造者}}}
運用者  アメリカ海軍
建造期間 1935 – 1938
就役期間 1937 – 1946
同型艦 4隻
前級 マハン級駆逐艦
次級 バッグレイ級駆逐艦
主要諸元
排水量 基準:1,590トン
総トン数 {{{総トン数}}}
全長 103.89m (340ft 10in)
全幅 10.92m (35ft 10in)
吃水 3.89m (12ft 9in)
深さ {{{深さ}}}
機関 ギアード・タービン、2軸推進、50,000shp
機関出力 {{{機関出力}}}
電力 {{{電力}}}
速力 38.5ノット
燃料 {{{燃料}}}
航続距離 6,500nmi / 12kt
潜航深度 {{{潜航深度}}}
乗員 158名
搭載量 {{{搭載量}}}
装甲 {{{装甲}}}
兵装 竣工時
 38口径5インチ砲×4基
 12.7mm単装機関銃×4基
 533mm4連装魚雷発射管×4基16門
1945年(最終時)
 38口径5インチ砲×4基
 エリコンSS 20mm機銃×8基
 533mm4連装魚雷発射管×2基8門
搭載機 {{{艦載機}}}
搭載総数 {{{総艦載機数}}}
搭載艇 {{{艦載艇}}}
C4ISTAR {{{C4I}}}
レーダー {{{レーダー}}}
ソナー {{{ソナー}}}
電子戦
対抗手段
{{{電子戦}}}
特殊装備 {{{特殊装備}}}
その他 {{{その他}}}

グリッドレイ級駆逐艦 (Gridley class destroyers) は、アメリカ海軍駆逐艦の艦級。最初の2隻は1935年6月3日に建造され、1937年に就役した。残りの2隻は1936年3月に起工し、1938年に就役した。建造所はいずれもベスレヘム造船である。後級のバッグレイ級駆逐艦ベンハム級駆逐艦とほぼ同一の船体を持つゆえに、三級合わせて一つのクラスにする文献もある[1]

概要[編集]

船体・兵装・機関[編集]

マハン級駆逐艦を元に建造された本級は同一の船体を有したが、機関部の改良が行われた結果、当時のアメリカ海軍駆逐艦中最も高速の艦として記録を樹立した。これに伴い、煙突が大型の一本煙突にまとめられて外観上の大きな特徴となった。しかし、性能の上がった機関に対する燃料搭載量は十分とは言えず、燃費は悪化。マハン級と燃料搭載量に大きな違いはないものの、戦時における航続距離はマハン級よりも低下した[2]。また、本級では16門(4連装片舷2基)の魚雷発射管を装備した。アメリカ海軍内では、日本海軍と同様に駆逐艦の雷装にこだわる人物が多数いたのか、マハン級における3基12門の魚雷発射管をもっと強化しようという声がマハン級の就役前から挙がっていた[3]。この流れはジャイロ制御装置の発達などもあいまって、あわよくば全ての魚雷発射管から同一目標を雷撃できる戦術の構想に広がった[4]。しかし、その代償として5インチ砲は1基減らされる事となった。前部にのみ砲塔が装着されるのもマハン級と同様である。次級であるバッグレイ級駆逐艦とほぼ同じ船体であるが、復原性に問題があった[4]

戦歴・兵装の変遷[編集]

全隻が太平洋戦争勃発直後から機動部隊の護衛にあたり、1942年6月のミッドウェー海戦後はソロモン諸島の戦いに転戦した。1943年8月6日のベラ湾夜戦にはクレイヴンとモーリーが参加し、日本海軍駆逐艦萩風江風の3隻を雷撃で撃沈。グリッドレイ級の戦歴のハイライトとなった。その後も、ギルバート諸島マーシャル諸島マリアナ諸島およびフィリピン近海で引き続き機動部隊や火力支援部隊に随伴し続けた。しかし、次に述べる事情から漸次太平洋戦線から離れる事となった。

前述したように、バッグレイ級とほぼ同じ船体を持ちながら復原性に問題があった。これは対空火器の増強の上で大きなネックとなった。1943年中旬までに既存の12.7ミリ機銃の換装と増強によって20ミリ機銃を合計8基装備したが[4]、グリッドレイ級における対空火器の増強は、これが精一杯だった。40ミリ機関砲は重量の関係で搭載せず、ファラガット級駆逐艦以降のアメリカ海軍駆逐艦の中で40ミリ機関砲を唯一搭載しなかったクラスとなった[4]。1944年10月に神風特別攻撃隊が出現して以降、20ミリ機銃だけしか持たないグリッドレイ級は対空火器が貧弱と判断され、全隻が真珠湾や本国への回航のついでに大西洋方面に回航された[5]。この際、魚雷発射管のうち後部の2基が撤去された[4]。終戦後は1947年までに全隻が売却され処分された。

なお、一本煙突のアメリカ海軍駆逐艦というのはそれなりのインパクトがあったのか、1944年10月25日のレイテ沖海戦栗田健男中将の日本艦隊が第77.4.3任務群(通称「タフィ3」。クリフトン・スプレイグ少将)を攻撃した際、日本側は反撃に出てきた護衛駆逐艦サミュエル・B・ロバーツ (USS Samuel B. Roberts, DE-413) を「クラベン型駆逐艦」(グリッドレイ級)として識別している[6]

同型艦[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「第2次大戦のアメリカ軍艦」86ページ
  2. ^ 「アメリカ駆逐艦史」64ページ
  3. ^ ホイットレー, 267ページ
  4. ^ a b c d e ホイットレー, 268ページ
  5. ^ ホイットレー, 269ページ
  6. ^ 木俣『日本戦艦戦史』498ページ

参考文献[編集]

  • 木俣滋郎『日本戦艦戦史』図書出版社、1983年
  • 「世界の艦船増刊第15集 第2次大戦のアメリカ軍艦」海人社、1984年
  • 木俣滋郎『日本水雷戦史』図書出版社、1986年
  • 「世界の艦船増刊第43集 アメリカ駆逐艦史」海人社、1995年
  • M・J・ホイットレー/岩重多四郎(訳)『第二次大戦駆逐艦総覧』大日本絵画、2000年、ISBN 4-499-22710-0

関連項目[編集]

外部リンク[編集]