楓 (松型駆逐艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Insert image here.svg
艦歴
発注: 1942年戦時建造補充(改マル5)追加計画
起工 1944年3月4日
進水 1944年7月25日
就役 1944年10月30日
除籍 1945年10月5日
その後 1947年7月6日中国へ引渡し「衡陽」となる
1960年に除籍後、解体
性能諸元
排水量 基準:1,262t
公試:1,530t
全長 100.00m
全幅 9.35m
吃水 3.30m
主缶 ロ号艦本式缶2基
主機 艦本式タービン2基2軸 19,000hp
速力 27.8kt
航続距離 18ktで3,500海里
燃料 重油370t
乗員 211名/290名[1]
兵装 40口径12.7cm単装高角砲 1基
40口径12.7cm連装高角砲 1基
25mm三連装機銃 4基
25mm単装機銃 12基
九二式61cm4連装魚雷発射管 1基
(予備魚雷なし)
爆雷投射機 2基、爆雷投下軌条 2基
二式爆雷 36発
回天 1基(爆雷投射機を撤去)
電探 二号二型(対水上用)
一号三型(対空用)
水測装置 九三式聴音機
九三式探信儀

(かえで/かへで)は、大日本帝国海軍駆逐艦松型(丁型)の17番艦。日本海軍の艦名としては2代目(初代は二等駆逐艦「樺型」3番艦)である。丁型一等駆逐艦第5505号艦として横須賀海軍工廠で建造された。

戦歴[編集]

就役後、訓練部隊の第十一水雷戦隊(高間完少将海軍兵学校41期)に編入。瀬戸内海に回航され、訓練の後、1945年(昭和20年)1月20日付で第三十一戦隊(鶴岡信道少将・海兵43期)第五十二駆逐隊に編入され[2]、1月22日に門司を出発するモタ33船団を護衛して台湾に向かう[3]。この頃、第五十二駆逐隊の「」と「」が空襲により損傷して後方に下がるため、その代役として台湾来航が待ち望まれていた[4]。1月27日に基隆に到着後、第四十三駆逐隊の指揮下に入って「」「汐風」とともに高雄に向かった[5]

1月31日朝9時[6]、「梅」「汐風」とともに高雄を出撃してルソン島最北端のアパリ英語版へ、フィリピンからの搭乗員救出任務(パトリナオ輸送作戦)とアパリ防衛のための高雄陸戦隊や燃料、車両、弾薬を乗せて向かう[7]。出撃から2時間後、偵察のB-24 に発見され[8]、対空砲火で追い払ったものの更なる空襲は必至となった。15時頃、台湾最南端ガランピ岬南方20海里[6]において第14航空軍所属のP-38 ライトニングに護衛された第38爆撃航空団所属のB-25 ミッチェル12機と第35戦闘航空団所属のP-47 サンダーボルト4機の空襲を受ける。一番砲後部に被弾して一番砲は使用不能となり、艦橋下部構造物は大破する[9]。艦前部が大きく浸水して大火災も発生し、便乗者を含め54名が戦死したが、応急措置により危地を脱出して沈没は免れた[9]。「梅」は3発被弾の上機械室が破壊され航行不能となり、「汐風」の砲撃によって処分された。その「汐風」も至近弾により右舷高低圧タービン損傷により速力が低下する。輸送作戦は中止となり、高雄に帰投した。

高雄と基隆で応急修理が行われた後、2月18日に基隆発のタホ船団を護衛して出港[10]。2月19日未明に爆撃を受けた後、船団と分離して単独でに向かい[11]、2月23日に帰投[12]。修理は4月26日まで行われた[13]。復帰後は「」「」に代わって、「」とともに回天目標艦として大津島方面で行動した[14]。8月15日の終戦を航行可能状態で迎え、10月5日に除籍された。

12月1日付で特別輸送艦となり復員輸送に従事する。1945年(昭和20年)7月6日、上海中華民国(台湾)に賠償艦として引き渡され、接二号と仮命名された後、衡陽(ホン・ヤン)と正式に命名された。国共内戦中の1949年5月に淡水に移動し、10月1日に訓練艦隊に編入されて練習艦となった[15]。しかし、機関の状態がよくなく放置され、再武装もされなかった[15]。1960年に除籍後、解体された[15]

歴代艦長[編集]

艤装員長[編集]

  1. 諸石高 少佐:1944年10月10日 -

艦長[編集]

  1. 諸石高 少佐:1944年10月30日 -

脚注[編集]

  1. ^ 『第十一水雷戦隊戦時日誌』C08030127800, pp.8
  2. ^ 『第十一水雷戦隊戦時日誌』C08030127800, pp.44
  3. ^ 『第三十一戦隊戦時日誌』C08030074800, pp.46
  4. ^ 『第三十一戦隊戦時日誌』C08030074800, pp.49
  5. ^ 『第三十一戦隊戦時日誌』C08030074800, pp.54
  6. ^ a b 『第三十一戦隊戦時日誌』C08030074800, pp.60
  7. ^ 『第三十一戦隊戦時日誌』C08030074800, pp.56
  8. ^ 『第三十一戦隊戦時日誌』C08030074800, pp.60 、木俣『日本水雷戦史』614ページ
  9. ^ a b 『第三十一戦隊戦時日誌』C08030074800, pp.61
  10. ^ 『第三十一戦隊戦時日誌』C08030074900, pp.20
  11. ^ 『第三十一戦隊戦時日誌』C08030074900, pp.21
  12. ^ 『第三十一戦隊戦時日誌』C08030074900, pp.22
  13. ^ 『第三十一戦隊戦時日誌』C08030074900, pp.76,83
  14. ^ 『第三十一戦隊戦時日誌』C08030074900, pp.84
  15. ^ a b c 田村, 138ページ

参考文献[編集]

  • 第十一水雷戦隊司令部『自昭和十九年十月一日至昭和十九年十月三十一日 第十一水雷戦隊戦時日誌』(昭和19年6月1日~昭和20年6月30日 第11水雷戦隊戦時日誌(4)) アジア歴史資料センター レファレンスコード:C08030127700
  • 第十一水雷戦隊司令部『自昭和十九年十二月一日至昭和十九年十二月三十一日 第十一水雷戦隊戦時日誌』『自昭和二十年一月一日至昭和二十年一月三十一日 第十一水雷戦隊戦時日誌』(昭和19年6月1日~昭和20年6月30日 第11水雷戦隊戦時日誌(5)) アジア歴史資料センター レファレンスコード:C08030127800
  • 第三十一戦隊司令部『自昭和十九年十二月二十二日至昭和二十年一月三十一日 第三十一戦隊戦時日誌』(昭和19年12月22日~昭和20年4月30日 第31戦隊戦時日誌(1)) アジア歴史資料センター レファレンスコード:C08030074800
  • 第三十一戦隊司令部『自昭和二十年二月一日至昭和二十年三月三十一日 第三十一戦隊戦時日誌』『自昭和二十年四月一日至昭和二十年四月三十日 第三十一戦隊戦時日誌』(昭和19年12月22日~昭和20年4月30日 第31戦隊戦時日誌(2)) アジア歴史資料センター レファレンスコード:C08030074900
  • 木俣滋郎『日本水雷戦史』図書出版社、1986年
  • 雨倉孝之「松型駆逐艦長の奮戦記」『歴史群像 太平洋戦史シリーズ43 松型駆逐艦』学習研究社、2003年、ISBN 4-05-603251-3
  • 田村俊夫「中国に引き渡された日本の賠償艦艇全34隻の足取り」『歴史群像 太平洋戦史シリーズ51 帝国海軍 真実の艦艇史2』学習研究社、2005年、ISBN 4-05-604083-4