ニューヨーク徴兵暴動

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
迫り来る暴徒に連邦軍が攻撃する様子のイラスト
暴徒が連邦軍を攻撃

ニューヨーク徴兵暴動( - ちょうへいぼうどう、New York Draft Riots)は、1863年7月13日アメリカ合衆国ニューヨーク市で発生したアイルランド系市民暴動。徴兵事務所でのトラブルがきっかけで、数千人の市民が暴徒化した。

イングランド系アメリカ人によるアイルランド系の新移民差別が背景にあり、イギリス系の富豪や新聞社が襲撃されたほか、この年1月にリンカーン大統領によって奴隷解放を宣言された黒人が、リンチで多数殺害された。市民は武装して略奪を繰り広げ、警察の手に余る事態に発展した。その後アメリカ軍が到着し交戦の末鎮圧した。当時は南北戦争の最中であり、鎮圧への兵力供出は戦線に影響を及ぼした。最終的に数千の逮捕者と死者をだし、莫大な経済的損失をもたらした。

2002年の米国映画『ギャング・オブ・ニューヨーク』は事件当時を舞台としており、暴動の発生理由は徴兵回避には富裕層でなければ用意できない大金を払わねばならず、当然ながらそうした制度が富裕層贔屓だと市民が激怒したのが理由として挙げられている。また、劇中では暴動発生より前、「アンクル・トムの小屋」の舞台劇を公演する一座に向けて、黒人解放を名目に北軍に徴兵されるのを嫌う観客が罵声を浴びせる場面もある。

外部リンク[編集]