ニューヨーク市庁舎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

座標: 北緯40度42分46秒 西経74度00分21秒 / 北緯40.7127度 西経74.0059度 / 40.7127; -74.0059

市庁舎
ニューヨーク市庁舎
所在地: 260 ブロードウェイ
マンハッタンニューヨーク市 10007
USA
建設: 1811
建築様式: 外観:
フレンチ・ルネッサンス・リバイバル
内観:
ジョージアン・リバイバル
運営者: ニューヨーク市
NRHP登録番号: 66000539
指定・解除日
NRHP指定日: 1966年10月15日[1]
NHL指定日: 1960年12月19日[2]
NYCL指定日: 外観: 1966年2月1日
内観: 1976年1月17日

ニューヨーク市庁舎英語:New York City Hall)は、ニューヨーク市ロウアー・マンハッタンシヴィック・センターブロードウェイパーク・ロウチャンバーズ・ストリートの間に位置するシティホール・パーク内にある。建物内には、ニューヨーク市長の執務室、ニューヨーク市議会室などがまだ残っており、アメリカで最も古い市庁舎である。市役所の13の機関は、市庁舎の近くに位置し、世界最大の政府の建物の1つであるマンハッタン市営ビル内にある。

市庁舎は、1810年から1812年にかけて建設され[3]、アメリカの国定歴史建造物国家歴史登録財にもなっている[2][4][5]。また、外観(1966年)、内観(1976年)は共に、ニューヨーク・シティ・ランドマークとなっている[6]

歴史[編集]

ニューヨークで最初の市庁舎は、17世紀にオランダ人によって、パール・ストリート73に建設された[7]。2番目の市庁舎は、1700年に建造され、ウォール街ナッソー・ストリートの角に位置していた。アメリカ独立戦争後、ニューヨークがアメリカの最初の首都とされたとき、この建物はフェデラル・ホールと改名されている。新しい市庁舎を建設する計画は、1776年のニューヨーク市議会で早くも話し合われていたが、戦争後の財政難で進行を遅らせていた。議会は、当時市の北端であった今のシティ・ホール・パークを、用地として選択した。

夜の市庁舎

1802年には、市が新しい市庁舎のために、設計競技を開催している。一等賞の350ドルは、ジョセフ・フランソワ・マンギンジョン・マッコム・ジュニアに与えられた。マンギンは、主要なデザイナーの1人で、1795年にニューヨーク市の監督となり、1803年に市の公式の地図を公表する前に、彼の出身国であるフランスで建築を学んでいる[3]。また、マンギンは、マルベリー・ストリートにある、セント・パトリック・オールド大聖堂も設計している。マッコムの父は、古いニューヨーク市庁舎の建設に影響を与えたニューヨーカーであり、バッテリー・パークのクリントン城も設計している。彼も同様に監督をしている[3]

設計には浪費が多いとされ、市議会が反対して建設は遅れた。これを受け、マンギンとマッコムは、建物の後ろに使われるブラウンストーンのサイズを低コスト化している。ブラウンストーンには、マサチューセッツ州アルフォード産の大理石が使われ、1954年から1956年にかけて、アラバマ産石灰石と取り替えられている。労働争議や黄熱病などにより、さらに建設が遅れている。市庁舎が開所したのは1811年で、1812年まで公式オープンはしていない。

市庁舎の知事室には、1861年に次期大統領であるエイブラハム・リンカーンが訪れている。また、彼が暗殺された後の1865年には、棺が円形建築物を横切り、階段に置かれている。ユリシーズ・グラントエルマー・E・エルスワースは、第11ニューヨーク歩兵隊の指揮者と同じく、ドームに置かれた。公式歓迎会が行われる知事室では、19世紀のアメリカの肖像画、ジョージ・ワシントンの机など、貴重なコレクションがある。絵画は、18世紀後半から20世紀にかけて108枚を所有している[8]。その中には、ジョン・トランブルが描いた1805年のアレクサンダー・ハミルトンの肖像画も含まれる。この肖像は、アメリカの10ドル紙幣の肖像画にもなっている。1920年代と1940年代には、新しい絵画が追加された。2006年には、新しいコレクションを選ぶキャンペーンが開催され、美術委員会に選択された47枚の絵画から始まっている。

2003年7月23日午後2時8分、市庁舎は珍しい政治的な暗殺の現場となった。市議会議員ジェームズ・E・ネイビスの政敵であったオトニエル・アスキューは、市議会室のバルコニーからピストルで発砲を始めた。アスキューは2度ネイビスを撃ち、ネイビスは致命的な傷を負った。その後、警官がアスキューに向け発砲した。アスキューとネイビスは、金属探知器を通らず、建物へと入っていたことが判明し、マイケル・ブルームバーグ市長は、セキュリティー・ポリシーを改善し、必ず金属探知器を通らないと建物に入れないシステムとなった[9]

建築[編集]

アメリカ歴史的ビル調査が行われた市庁舎。右側の背景に、マンハッタン市営ビルがある。
1868年の議員委員会室。

1810年から1812年にかけて建設された市庁舎は、マンギンとマッコムにより設計されたが、下記の有名な建築家により、何度か改築されている[3][6]

市庁舎は、2つの建築様式を組み合わせて設計されている。外観の設計は、フランスのルネッサンスとなっており、アメリカン=ジョージアン建築も使われている。建物は、2つのウイングと中央のパビリオンで構成されている。市庁舎の設計は少なくとも、後の2つの公共施設、ツイード裁判所サロゲート裁判所に影響を与えている。入口は、1世紀半以上市民のイベントでよく目立っている。手すりと屋根の上の別の手すりがある円柱のポーチが存在する。中心にある丸屋根は、2度の火事の後、1917年に再建された。建物の後部にあるブラウンストーンは、マサチューセッツ州のアルフォードの大理石が使われていたが、1954年から1956年にかけて、アラバマの石灰石と取り替えられている。

内部においては、円形建築物は、2階まで上がることができる、壮大な大理石階段をもったソアリング・スペースとなっている。装飾されたコリント式の10の円柱が、ドームを支えている。これは、グロスバナー・アッターベリーによって1912年に修繕されている[6]。市庁舎は市の土地だが、国家的行事にも使われる。エイブラハム・リンカーンとユリシーズ・グラントに敬意を払うため、たくさんの群衆を引きつけている。市庁舎は、ニューヨーク・シティ・ランドマークに指定されており、アメリカ合衆国国家歴史登録財のニューヨーク州の史跡としても登録されている。

機能[編集]

公式歓迎会は、知事室で行われる。これまでにラファイエットアルベルト・アインシュタインなどを接待している。

  • 歴史的なブルー・ルームは、ニューヨーク市長が数十年間公式記者会見に応じている部屋であり、署名式もときどき行われる。
  • ルーム9は、レポーターが記事をファイルする部屋である。

市庁舎の階段では、しばしば市の政治に関するデモンストレーションや記者会見が行われる。市庁舎での中継は、74チャンネル・NYCテレビと公式ケーブルテレビチャンネル・ガバメント=アクセス・テレビ(GATV)が行っている。

建物は、ニューヨーク市警察の厳重なセキュリティーで囲まれている。建物への一般の入館は、観光客及び特定のビジネスで許可されている人のみ可能である。

シティ・ホール・パーク
シティ・ホール駅のコントロール・ルーム。

地域[編集]

市庁舎周辺のエリアは、一般的にシヴィック・センターと呼ばれる。この地域の大部分は、もともと商業地域だったが、現在では高級住宅地や国・州・市の官庁街となっている。近隣には、セント・ポール教会聖ペテロ教会ウールワースビルツイード裁判所マンハッタン市営ビルパークロウビル1 ポリス・プラザブルックリン橋などの建築物が存在する。また、シティ・ホール・パークから3ブロックほどの位置には、旧ワールド・トレード・センターがある。

シティ・ホール駅[編集]

シティ・ホール・プラザの下には、都市高速交通会社(IRT)によって建造されたシティ・ホール駅が存在する。1904年10月27日にオープンし、公共施設の地下にあるこの駅は、新しい地下鉄の見本のような駅として設計されている。システムで最も美しい駅のうち1つとも言われており、上品な建築様式が使われている。プラットホームと中二階は、グアスタヴィーノ・タイル、天窓、カラー・ガラス・タイル及び真鍮のシャンデリアを特色としている。駅は現在でも、6<6>でループとして使われているが、旅客駅としての使用は、1945年12月31日をもって終了した。

市庁舎に最寄りの地下鉄駅は、ブルックリン・ブリッジ/シティ・ホール駅 (レキシントン街線)4 5 6 <6>)、シティ・ホール駅 (ブロードウェイ線)N R)とパーク・プレイス駅 (ブロードウェイ/7番街線)2 3)である。

主な文化[編集]

ニューヨーク市庁舎は、いくつかの映画及びテレビ・シリーズで登場している。

In the year of our Lord, eighteen hundred and six,

We set sail from the Coal Quay of Cork
We were sailing away with a cargo of bricks

For the grand City Hall in New York
年は市庁舎のものと一致しているが、実際の建築にはアイルランドのレンガは使用されていない。
市庁舎の夕暮れ(2007年撮影)

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ “National Register Information System”, National Register of Historic Places (National Park Service), (2006-03-15), http://nrhp.focus.nps.gov/natreg/docs/All_Data.html 
  2. ^ a b City Hall (New York)”. National Historic Landmark summary listing. National Park Service (2007年9月10日). 2007年9月11日閲覧。
  3. ^ a b c d White, Norval & Willensky, Elliot (2000), AIA Guide to New York City (第4 ed.), New York: Three Rivers Press, ISBN 0812931076 , p.69
  4. ^ Shedd, Charles E. Jr. (1959年10月28日). “National Survey of Historic Sites and Buildings: New York City Hall”. National Park Service. 2007年9月11日閲覧。
  5. ^ "Mr. Bloomberg, Perth Amboy Begs to Differ", New York Times (July 24, 2007). Accessed 2011-10-11
  6. ^ a b c New York City Landmarks Preservation Commission; Postal, Matthew A. (ed. and text); Dolkart, Andrew S. (text). Guide to New York City Landmarks (4th ed.) New York:John Wiley and Sons, 2009. ISBN 978-0-470-28963-1, p.29
  7. ^ "Public Tours: City Hall Sites and the Common" on "NYCDesign", the Public Design Commission of the City of New York website
  8. ^ Dunlap, David W. (2006年12月6日). “In New York, Taking Years Off the Old, Famous Faces Adorning City Hall”. The New York Times. http://www.nytimes.com/2006/12/06/nyregion/06portraits.html 2010年8月7日閲覧。 
  9. ^ Kolker, Robert (2003年8月4日). “Killer Competition”. New York. http://nymag.com/nymetro/news/trends/columns/cityside/n_9038/ 2010年8月7日閲覧。 

外部リンク[編集]