フェデラル・ホール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Federal Hall National Memorial
IUCNカテゴリV(景観保護地域)
Federal Hall front.jpg
Federal Hall National Memorialの位置を示した地図
Federal Hall National Memorialの位置を示した地図
地域 アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク市ウォール街
座標 北緯40度42分26秒 西経74度0分37秒 / 北緯40.70722度 西経74.01028度 / 40.70722; -74.01028座標: 北緯40度42分26秒 西経74度0分37秒 / 北緯40.70722度 西経74.01028度 / 40.70722; -74.01028
面積 1,800 m2 (0.45 エーカー)
創立日 1939年5月26日
訪問者数 156,707人(2004年)
運営組織 国立公園局

フェデラル・ホールFederal Hall)は、アメリカ合衆国ニューヨーク市マンハッタンフィナンシャル・ディストリクトウォール街26番地、アメリカ合衆国議会議事堂の敷地に建つ記念館である。

連邦公会堂と訳されることもある。

アメリカ合衆国議会議事堂として利用されていた建物は1812年に解体されており、現在の建物は1842年に再現して建てられた合衆国税関の建造物である。

アメリカ合衆国成立期の非常に重要な歴史と関わる場所であり、現在は国定記念館(Federal Hall National Memorial)として有名な観光名所となっている。

歴史[編集]

1789年4月30日のフェデラル・ホールにおけるワシントン大統領就任式を描いたen:Amos Doolittleによる版画Federal Hall, Seat of Congress(1790年作)

元は1700年に二代目のニューヨーク市庁舎として建設された。

アメリカ独立戦争の後、1785年から1789年まで、この市庁舎は連合規約の下、合衆国連合会議の議事堂として使用された。

1788年には連邦様式の建物に改築された。

1789年にアメリカ合衆国憲法の下にニューヨーク市が最初のアメリカ合衆国の首都となり、この建物はアメリカ合衆国議会最初の議事堂となった。1789年3月4日第一回合衆国議会がこの議事堂で開催され、権利章典が採択される。このとき、この建物はフェデラル・ホールと改称された。また、この議会でジョージ・ワシントンが初代アメリカ合衆国大統領に選出され、1789年4月30日にこの建物のバルコニーで就任演説を行った。

1790年首都フィラデルフィアに移動したことにより、再びニューヨーク市庁舎として利用された。1812年にニューヨーク市庁舎は現在のシティ・ホール・パークの位置へ移転し、この旧市庁舎は取り壊された。

現在の建物は初代の合衆国税関として1842年に建てられた。これはニューヨークの古典様式の重要な現存建築物となっている。1862年に税関は55 ウォール・ストリートへ移転し、この建物は合衆国支金庫 (United States Sub-Treasury) として、地下に金や銀を保管する建物として利用されるようになった。1920年連邦準備銀行が支金庫制を変更するまで、この建物は支金庫として利用された。

この建物は、フェデラル・ホール国定史跡として1939年5月26日に、国定記念建造物として1955年8月11日に、国家歴史登録財として1966年10月15日に登録された。

1965年12月21日には、ニューヨーク市歴史建造物に登録された[1]

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ http://www.neighborhoodpreservationcenter.org/db/bb_files/FEDERAL-HALL-ORIGINAL.pdf

外部リンク[編集]