ザ・ポーグス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ザ・ポーグス
ザ・ポーグス(2004年12月21日)}
ザ・ポーグス(2004年12月21日)
基本情報
別名 ポーグ・マホーン
出身地 イングランドの旗 イングランド ロンドン
ジャンル ケルティック・パンクフォーク・パンク
活動期間 1982年 - 1996年、2001年 -
公式サイト www.pogues.com
メンバー
シェイン・マガウアン
スパイダー・ステイシー
ジェイムズ・ファーンリー
ジェム・ファイナー
アンドリュー・ランケン
フィル・シェヴロン
テリー・ウッズ
ダリル・ハント
旧メンバー
ケイト・オーリアダン
ジョー・ストラマー
ジェイミー・クラーク
ジェイムズ・マクナリー
デヴィッド・クルター

ザ・ポーグス(The Pogues)は、イギリスロックバンドアイルランド人のボーカリスト、シェイン・マガウアンを中心にロンドンで結成された。ケルティック・パンクパンク・ロックケルト音楽の要素を持ち込んだ音楽)の代表的存在とされ、イギリスで人気の高いクリスマス・ソング「ニューヨークの夢(en)」等のヒット曲で知られる。

来歴[編集]

ポーグ・マホーン時代[編集]

1982年に結成。当時はポーグ・マホーン(Pogue Mahone、ゲール語で「俺のケツにキスしろ」を意味する[1])というバンド名だった。1984年初頭、自主制作によるファースト・シングル「Dark Streets of London」を発表。しかし、バンド名がBBCで問題とされ、同局では夜8時から12時まで以外の時間帯は放送禁止となったため[2]、バンドはザ・ポーグスと改名。また、1984年の夏にはザ・クラッシュのツアーをサポートした[1]

デビュー - 解散[編集]

1984年にはデビュー・アルバム『赤い薔薇を僕に』発表、全英89位に達した[3]。その後、フィル・シェヴロン(ギター)が加入し、バンドは7人編成となる。1985年にはエルヴィス・コステロがプロデュースを担当したセカンド・アルバム『ラム酒、愛、そして鞭の響き』を発表、全英13位に達する[3]

ケイト・オーリアダンが脱退すると、後任としてダリル・ハントが加入。また、元スティーライ・スパンのテリー・ウッズ(マンドリン他)も加わって、ザ・ポーグスは8人編成となる。そして、1987年ザ・ダブリナーズとの連名で発表したシングル「アイリッシュ・ローバー」(トラッド・ソングのカヴァー)は、全英8位というヒットを記録[4]。更に、カースティー・マッコールがゲスト参加したクリスマス・ソング「ニューヨークの夢」は、発売当時に全英2位を記録[5]2005年に再発シングルが発売されてからは、2006年2007年2008年2009年2010年2011年にもクリスマス・シーズンに全英チャートで上位に達するほどのスタンダード・ナンバーとなった[5]。また、アレックス・コックスの監督映画『ストレート・トゥ・ヘル』(1987年公開)に、各メンバーが俳優として出演[6]1988年、サード・アルバム『堕ちた天使』発表。全英アルバム・チャートのトップ10入りを果たす(最高3位)[3]

続く『ピース&ラヴ』(1989年)も全英5位のヒット作となり[3]1990年のアルバム『ヘルズ・ディッチ』は、元ザ・クラッシュジョー・ストラマーがプロデュースを担当。しかし、1991年にシェイン・マガウアンが脱退。シェインはその後、ザ・ポープス(The Popes)で活動する。

ジョー・ストラマーが短期間バンドに加わった後、スパイダー・ステイシーがメイン・ボーカルを担当する形で『ウェイティング・フォー・ハーブ』(1993年)発表。しかし、今度はジェイムズ・ファーンリーとテリー・ウッズが相次いで脱退、フィル・シェヴロンが病気でリタイアする等のトラブルが続く。ザ・ポーグスは3人の新メンバーを迎え、前身バンドの名前をそのままタイトルにした『ポーグ・マホーン』(1995年)を発表するが、同作はセールス的には成功せず、1996年に解散。

再結成[編集]

2001年、全盛期の8人によってザ・ポーグスが再結成され、ライヴ活動を再開。2005年発売のCD2枚組コンピレーション・アルバム『アルティメイト・ベスト』には、2001年のライヴ音源も収録されている。

2005年、フジ・ロック・フェスティバルに出演。2006年にはバンド単独での日本公演も行う[7]

メンバー[編集]

オリジナル・メンバー[編集]

1991年脱退。
1993年脱退。
1986年脱退。2001年の再結成には不参加だが、後に時々ゲスト参加

その他[編集]

  • フィル・シェヴロン - ギター、マンドリン
1985年加入、1994年脱退。再結成にも参加
1986年加入、1994年脱退。再結成にも参加
  • ダリル・ハント - ベース、パーカッション
1986年加入。再結成にも参加
1991年、一時的にバンドをサポート。
  • ジェイミー・クラーク - ギター
『ポーグ・マホーン』(1995年)に参加。
  • ジェイムズ・マクナリー - アコーディオン、ピアノ
『ポーグ・マホーン』に参加。ザ・ポーグス解散後はアフロ・ケルト・サウンド・システムで活動。
  • デヴィッド・クルター - マンドリン、パーカッション
『ポーグ・マホーン』に参加。

ディスコグラフィ[編集]

スタジオ・アルバム[編集]

  • 赤い薔薇を僕に - Red Roses for Me(1984年)
  • ラム酒、愛、そして鞭の響き - Rum Sodomy & the Lash(1985年)
  • 堕ちた天使 - If I Should Fall from Grace with God(1988年)
  • ピース&ラヴ - Peace and Love(1989年)
  • ヘルズ・ディッチ - Hell's Ditch(1990年)
  • ウェイティング・フォー・ハーブ - Waiting for Herb(1993年)
  • ポーグ・マホーン - Pogue Mahone(1995年)

ライヴ・アルバム[編集]

  • Streams of Whiskey: Live in Leysin, Switzerland 1991(2002年)

コンピレーション・アルバム[編集]

  • The Best of The Pogues(1991年)
  • The Rest of The Best(1992年)
  • The Very Best Of The Pogues(2001年)
  • アルティメイト・ベスト - The Ultimate Collection(2005年)
ディスク1はベスト・アルバム、ディスク2は2001年録音のライヴ・アルバム
  • Just Look Them Straight In The Eye and Say....POGUE MAHONE!!(2008年)

シングル[編集]

  • Dark Streets of London(1984年)
  • Boys from the County Hell(1984年)
  • A Pair of Brown Eyes(1985年)
  • Sally MacLennane(1985年)
  • Dirty Old Town(1985年)
  • Poguetry in Motion(1986年)
  • Haunted(1986年)
  • The Irish Rover(1987年) - ザ・ダブリナーズとの連名
  • Fairytale of New York(1987年) - カースティー・マッコールとの連名
  • If I Should Fall from Grace with God(1988年)
  • Fiesta(1988年)
  • Yeah Yeah Yeah Yeah Yeah(1989年)
  • Misty Morning, Albert Bridge(1989年)
  • Summer in Siam(1990年)
  • Jack's Heroes(1990年) - ザ・ダブリナーズとの連名
  • Sunny Side of the Street(1991年)
  • Rainy Night in Soho(1991年)
  • Fairytale of New York(1991年) - 再発
  • Honky Tonk Women(1992年) - ローリング・ストーンズのカヴァー
  • Tuesday Morning(1993年)
  • Once Upon a Time(1993年)
  • Fairytale of New York(2005年) - 再々発

脚注[編集]

外部リンク[編集]