沖縄諸島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
沖縄諸島
座間味島の海でカヤックをする人々
沖縄諸島の地図
地理
場所 太平洋東シナ海[1]
座標 北緯26度00分 - 27度00分
東経126度30分 - 128度30分
所属群島 南西諸島
島数 113島[2](うち有人島は26島[3][注 1]
主要な島 沖縄本島
面積 1,414.52 km2 (546.149 sq mi)
国土地理院、2013年10月1日現在)
[4][注 2]
所属国・地域
都道府県 沖縄県
最大都市 那覇市 (人口 312,393人[5])
住民
人口 1,285,003人
(国勢調査、2010年10月1日現在[5][注 3]
人口密度 908.8 /km2 (2,353.8 /sq mi)
(面積[6][注 2]、人口[5]共に2010年10月1日現在の数値を基に算出)

沖縄諸島(おきなわしょとう)は、南西諸島の中央部に位置し[7]琉球諸島北半分を占める島嶼群である[3]

名称・範囲[編集]

明治時代から1972年昭和42年)の本土復帰まで、「沖縄群島(おきなわぐんとう)」と呼称されていたが、復帰後は「沖縄諸島」に統一されて呼ばれるようになった[3]。また国土地理院では「沖縄諸島」、海上保安庁海洋情報部では「沖縄群島」という名称を用い、両者間において名称は統一されていない[8]

沖縄諸島は、沖縄本島をはじめ、本島の北西海上に位置する伊平屋伊是名諸島勝連半島沖の与勝諸島、慶良間諸島久米島などの島々を範囲に含む[9]。また沖縄島の東方約400kmに位置する大東諸島は、琉球弧に含まれないため[7]地理学上では沖縄諸島に属さないことがあるが、行政的に含まれるのが一般的である[3]

「沖縄」について[編集]

「沖縄」は、沖縄本島のみを指す地名で、沖縄語では「ウチナー」と呼ぶが[10]、現在では沖縄諸島ないし沖縄県を指す広域地名として言及される事が多い。鑑真の伝記『唐大和上東征伝』(779年)に「阿児奈波」として見いだされる地名が初見とされる[10]。「阿児奈波」は現在の沖縄本島を指す名称とする説が知られているが、口永良部島ではないかという意見もある[11]。平仮名で「おきなは」と確認できるものは『平家物語』長門本が最古のもので、「沖縄」の表記は薩摩藩作成の『琉球国之内知行高目録写』(1629年)や新井白石の『南島誌』(1719年)において確認できる[10]

沖縄諸島の島々[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 面積0.01km²以上の島の数。ただし、大東諸島の3島(有人島2島)は含まない。
  2. ^ a b 沖縄諸島に属する市町村の面積の合計。ただし、硫黄鳥島(2.50km²)を含み、大東諸島は含まない。
  3. ^ 沖縄諸島に属する市町村の人口の合計。ただし、大東諸島は含まない。

出典[編集]

  1. ^ 『島嶼大事典』「沖縄諸島」(1991年)p.117
  2. ^ 『日本歴史地名大系』「沖縄諸島」(2002年)p.71中段
  3. ^ a b c d 『角川日本地名大辞典』「沖縄諸島」(1991年)p.236
  4. ^ 平成25年 全国都道府県市区町村別面積調 沖縄県 (PDF)”. 国土地理院 (2013年10月1日). 2014年10月31日閲覧。
  5. ^ a b c 平成22年国勢調査確報値 沖縄県の人口、世帯、住居 (PDF)”. 沖縄県企画部統計課 (2011年10月28日). 2012年7月29日閲覧。
  6. ^ 平成22年 全国都道府県市区町村別面積調 (PDF)”. 国土地理院 (2010年10月1日). 2012年10月21日閲覧。
  7. ^ a b 『沖繩大百科事典 上巻』「沖縄諸島」(1983年)p.531
  8. ^ 我が国の広域な地名及びその範囲についての調査研究 (PDF)”. 海上保安庁海洋情報部 (2009年). 2014年10月31日閲覧。
  9. ^ 『日本歴史地名大系』「沖縄諸島」(2002年)p.71上段 - 中段
  10. ^ a b c 『沖繩大百科事典 上巻』「沖縄」(1983年)p.427
  11. ^ 『日本歴史地名大系』「阿児奈波島」(2002年)p.72下段

参考文献[編集]

関連項目[編集]

沖縄県に属する諸島

外部リンク[編集]