ポーター (DD-800)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
USS Porter (DD-800) port view.jpg
艦歴
発注
起工 1943年7月6日
進水 1944年3月13日
就役 1944年6月24日
退役 1953年8月10日
その後 1974年3月21日にスクラップとして売却
除籍 1972年10月1日
性能諸元
排水量 2,050トン
全長 376 ft 5 in (114.7 m)
全幅 39 ft 7 in (12.1 m)
吃水 13 ft 9 in (4.2 m)
機関 2軸推進、60,000 shp (45 MW)
最大速 38ノット (70 km/h)
航続距離 15ノットで6,500カイリ (12,000 km)
乗員 士官、兵員329名
兵装 5インチ砲5門
40mm対空砲10門
20mm対空砲7門
21インチ魚雷発射管10門
爆雷軌条2軌、爆雷投射機6器

ポーター (USS Porter, DD-800) は、アメリカ海軍駆逐艦フレッチャー級駆逐艦の一隻。艦名はデヴィッド・ディクソン・ポーター代将および彼の息子のデヴィッド・ディクソン・ポーター海軍大将に因む。その名を持つ艦としては4隻目。

艦歴[編集]

ポーターは1943年7月6日にワシントン州シアトルトッド・パシフィック造船所で起工した。1944年3月13日にジョージアナ・ポーター・カサックスによって命名、進水し、1944年6月24日に艦長R・R・プリンス中佐の指揮下就役した。

カリフォルニア州サンディエゴ沖での整調後、ポーターはアラスカ州エイダックに向けて1944年9月16日に出航した。11月21日、第92任務部隊と共にポーターは千島列島に対する掃討および松輪島日本軍施設に対する砲撃を行う。1945年1月5日には幌筵島の摺鉢湾での掃討攻撃を行い、2月18日の晩には Kurabu Zaki を砲撃した。5月15日、ポーターはオホーツク海の日本軍艦艇に対する広範囲な掃討に参加し、擂鉢湾への砲撃を行った。6月10日と11日には松輪島へ再び砲撃を行う。6月25日、オホーツク海での掃討作戦中にポーターは小型船団に遭遇、砲撃により2,000トンの商船を撃沈した。

終戦時ポーターはオレゴン州ポートランドオーバーホールの途中にあった。作業は9月1日まで行われ、その後シアトルからサンフランシスコまで航空母艦エンタープライズ (USS Enterprise, CV-6) の護衛を行った後、サンディエゴで回復訓練に従事し、続いて東海岸に向かった。1946年7月3日、ポーターは現役任務を外れ予備役となり、大西洋予備役艦隊に加わりサウスカロライナ州チャールストンに係留された。

ポーターは1951年2月9日に再就役し、1952年6月18日から9月14日まで第95任務部隊と共に韓国水域で活動した。「トレインバスターズ・クラブ」の一員としてポーターは北朝鮮の列車1両を破壊し、2両に損害を与えた。ポーターは1953年8月10日、再び予備役となりバージニア州ノーフォークに停泊した。

ポーターは1972年10月1日に除籍され、1974年3月21日に売却、スクラップとして解体された。

ポーターは第二次世界大戦の戦功で1個の、朝鮮戦争の戦功で1個の従軍星章を受章した。

外部リンク[編集]