レフトウィッチ (駆逐艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
USS Leftwich (DD-984).jpg
艦歴
発注 1974年1月15日
起工 1976年11月12日
進水 1978年4月8日
就役 1979年8月25日
退役 1998年3月27日
その後 2003年8月1日に標的艦として沈没
除籍 1998年3月27日
性能諸元
排水量 満載:9,255トン
全長 172 m (563 ft)
全幅 16.8 m (55 ft)
吃水 8.8 m (29 ft)
機関 ゼネラル・エレクトリックLM2500 4基、80,000shp
COGAG方式、2軸推進
最大速力 30 ノット (公式値)
航続距離 6,000 海里 (11,000km、20ノット時)
乗員 士官25名、兵員273名
兵装 54口径Mk.45 5インチ単装砲 2基
Mk.143 4連装装甲発射機トマホーク SLCM用)2基
Mk.112 アスロック 8連装発射機 1基(後日撤去)
Mk.29シースパロー 8連装発射機 1基
Mk.141 ハープーン 4連装発射筒 2基
Mk.15 20mmファランク スCIWS 2基
Mk.38 25mm単装機銃 2門
Mk.32 短魚雷3連装発射管 2基
航空機 SH-60 シーホークLAMPSIII 2機搭載可能
モットー Superiority Through Teamwork

USSレフトウィッチ (USS Leftwich, DD-984) は、アメリカ海軍駆逐艦スプルーアンス級駆逐艦の22番艦。艦名はウィリアム・G・レフトウィッチ中佐に因む。

艦歴[編集]

レフトウィッチは1976年11月12日ミシシッピ州パスカグーラインガルス造船所で起工し、1978年4月8日進水、1979年8月25日に就役した。就役から1985年3月までサンディエゴ海軍基地を母港として活動する。

1982年11月29日、レフトウィッチはフィリピンスービック湾東40マイルの海域でトーマス・A・エジソン (USS Thomas A. Edison, SSBN-610) と衝突した。両艦共に演習参加中の出来事であった。トーマス・A・エジソンは衝突時、浮上準備にあり潜望鏡深度を航行していた。双方共に損傷し、スービック湾に帰投した。トーマス・A・エジソンはセイルと水平舵、ソナードームを損傷し、レフトウィッチは右舷シャフトおよびスクリューの羽二枚を損傷した。2ヶ月後にトーマス・A・エジソンは浮上したままピュージェット・サウンド海軍造船所に移動し、修理を受けること無く退役した。

1983年、レフトウィッチは荒海を高速航行したことで船体およびソナーウィンドウを損傷した。

1985年4月1日、母港が真珠湾海軍基地に変更される。レフトウィッチはその後退役まで真珠湾を母港として活動した。

レフトウィッチは第3対潜ヘリ戦隊第5分隊と共に母港の真珠湾に到着した。5ヶ月半の展開で、レフトウィッチは200隻以上の商船の臨検を行った。レフトウィッチは初めてトマホーク巡航ミサイルを搭載した艦の内の一つで、実戦でトマホークを再搭載した最初の艦であった。ヘリコプターとSEALsを搭載し、初めてイラク領域を占領、戦時捕虜を捕獲した。そして、16回の戦闘捜索および救助任務に従事した。

その経歴中にレフトウィッチは8回の西太平洋インド洋およびペルシャ湾での配備が行われた。湾岸戦争では砂漠の盾および砂漠の嵐作戦にも参加している。

レフトウィッチは1998年3月に退役した。その後2003年8月1日に標的艦として北緯22度48分47秒 西経160度34分00秒 / 北緯22.81306度 西経160.56667度 / 22.81306; -160.56667の海域で海没処分された。

参照[編集]

外部リンク[編集]