プレストン (DD-19)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
USSPrestonDD19.jpg
艦歴
発注
起工 1908年4月28日
進水 1909年7月14日
就役 1909年12月21日
退役 1919年7月17日
その後 1919年11月21日に売却
除籍 1919年9月15日
性能諸元
排水量 902トン
全長 293 ft 10 in (89.6 m)
全幅 26 ft 11 in (8.2 m)
吃水 10 ft 11 in (3.3 m)
機関
最大速 29ノット (54 km/h)
乗員 士官、兵員88名
兵装 3インチ砲5門
18インチ魚雷発射管3門

プレストン (USS Preston, DD-19) は、アメリカ海軍駆逐艦スミス級駆逐艦の3番艦。艦名はサミュエル・W・プレストンに因む。その名を持つ艦としては3隻目。

艦歴[編集]

プレストンは1908年4月28日にニュージャージー州カムデンニューヨーク造船所で起工する。1909年7月14日にキャサリン・マーグンによって進水し、1909年12月21日に艦長G・C・デイ少佐の指揮下就役した。

プレストンは大西洋艦隊駆逐艦部隊に配属され、アメリカ合衆国第一次世界大戦に参戦するまで平時の偵察任務、個艦、戦隊、および艦隊での演習に従事した。プレストンは1917年4月6日にニューヨークを出航し、一週間をかけてマサチューセッツ州ボストンに向かい、その後5月12日まで偵察任務に就く。その後大西洋艦隊駆逐艦部隊に再配属され、沿岸防備および偵察任務を2ヶ月間行う。7月に東海岸へ向かい、8月1日から10月5日までアゾレス諸島沖で護衛および偵察任務に就く。その後ブレストに派遣され、フランス沿岸で同様の任務を停戦まで行う。1918年12月11日にプレストンは帰国の途に就き、1919年1月4日にサウスカロライナ州チャールストンに到着した。

プレストンはその後ペンシルベニア州フィラデルフィアに移動し、1919年7月17日に退役した。9月15日に除籍され、11月21日にコネチカット州ニューロンドンのT・A・スコット社に売却された。

外部リンク[編集]