キッド (DDG-100)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
USS Kidd
艦歴
発注 1998年3月6日
起工 2004年4月29日
進水 2005年1月22日
就役 2007年6月9日
退役
その後 就役中
要目
排水量 9,648 トン
全長 155.3 m (509 ft 6in)
全幅 20.1 m (66 ft)
吃水 9.4 m (31 ft)
機関 COGAG方式
LM 2500-30ガスタービンエンジン (27,000shp) ×4基
可変ピッチプロペラ(5翔)×2軸
最大速 31ノット
航続距離 4,400 海里(20ノット時)
乗員 士官、兵員 380名
兵装 Mk.45 mod.4 5インチ単装砲 ×1基
Mk.38 25mm単装機関砲 ×2基
Mk.15 20mmCIWS×1基
M2 12.7mm機銃 ×4挺
Mk.41 mod.15 VLS ×96セル
* スタンダードSM-2 SAM
* ESSM 短SAM
* VLA SUM
* トマホークSLCM
などを発射可能
Mk.32 3連装短魚雷発射管×2基
艦載機 MH-60R×2機搭載可能
C4ISTAR NTDS mod.5 (リンク 11/16)
AWS B/L 7 (Mk.99 GMFCS×3基)
AN/SQQ-89A(V)15
センサ AN/SPY-1D(V) 多機能レーダー×4面
AN/SPS-67 対水上レーダー×1基
AN/SQS-53C(V)1艦首装備ソナー
電子戦 AN/SLQ-32(V)3 ESM/ECM装置
Mk 36 SRBOC デコイ発射機
モットー On To Victory

キッド (英語: USS Kidd, DDG-100) は、アメリカ海軍ミサイル駆逐艦アーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦の50番艦。艦名は太平洋戦争での真珠湾攻撃において、戦艦アリゾナ」 (USS Arizona, BB-39) に乗艦し戦死したアイザック・キッド少将に因む。その名を持つ艦としては3隻目である。

艦歴[編集]

キッドは2005年1月22日に、キッド少将の孫のレジーナ・キッド・ウォルバーシュトとメアリー・コリーン・キッド・プラマーによって命名、進水した。

ハリケーン・カトリーナによって損害を受け、乾ドックでの修理が必要となった為、就役が遅れた。2007年6月9日、艦長リチャード・E・トーマス大佐の指揮下テキサス州ガルベストンにて就役した。その後、太平洋艦隊に所属しサンディエゴを母港にしている。

2012年1月5日、空母ジョン・C・ステニスの艦隊に所属してアラビア海に展開中していたところ、海賊に拿捕されていた漁船を発見。艦載ヘリコプターにより救出作戦を行い、海賊15人を拘束し、40日間以上人質になっていたイラン人船員13人を救出した[1]

2014年3月8日に発生したマレーシア航空370便消息不明事故に対し、マレーシア政府の要請を受て捜索協力の為、インド洋に派遣された[2]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]