ラメージ (ミサイル駆逐艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
USS Ramage DDG-61.jpg
艦歴
発注 1990年2月21日
起工 1993年1月4日
進水 1994年2月1日
就役 1995年7月22日
退役
その後 就役中
要目
排水量 満載: 8,362 トン
全長 153.9 m (505 ft)
全幅 20.1 m (66 ft)
吃水 9.4 m (31 ft)
機関 COGAG方式
LM 2500-30ガスタービンエンジン (27,000shp) ×4基
可変ピッチプロペラ(5翔)×2軸
最大速 31ノット
航続距離 4,400 海里(20ノット時)
乗員 士官、兵員 337名
兵装 Mk.45 mod.2 5インチ単装砲 ×1基
Mk.38 25mm単装機関砲 ×2基
Mk.15 20mmCIWS×2基
M2 12.7mm機銃 ×4挺
Mk.41 mod.2 VLS ×90セル
* スタンダードSM-2 SAM
* スタンダードSM-3 ABM
* ESSM 短SAM
* VLA SUM
* トマホークSLCM
などを発射可能
ハープーンSSM 4連装発射筒×2基
Mk.32 3連装短魚雷発射管×2基
艦載機 ヘリコプター甲板のみ, 格納庫なし
C4ISTAR NTDS mod.5 (リンク 11/16)
AWS B/L 5 (Mk.99 GMFCS×3基)
AN/SQQ-89
センサ AN/SPY-1D 多機能レーダー×4面
AN/SPS-67 対水上レーダー×1基
AN/SQS-53C艦首装備ソナー
AN/SQR-19 曳航ソナー
電子戦 AN/SLQ-32(V)2 ESM装置
Mk.36 mod.12 デコイ発射装置
モットー Par Excellence

ラメージ (英語: USS Ramage, DDG-61) は、アメリカ海軍ミサイル駆逐艦アーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦の11番艦。艦名は第二次世界大戦潜水艦を指揮したローソン・P・ラメージ中将に因む。

艦歴[編集]

ラメージはミシシッピ州パスカグーラインガルス造船所で1993年1月4日に起工し、1994年2月11日にバーバラ・ラメージ(ラメージ提督の妻)によって命名、進水し、1995年7月22日に就役した。

1997年7月21日、ラメージはマサチューセッツ湾コンスティチューション(USS Constitution)のエスコートを行った。

ラメージは1970年代にインガルス造船によって開発されたモジュラー工法によって建造された。

これらの革新的な技術によってラメージのような大型艦の建造が可能となった。船体は三分割され、上部構造モジュールが最終的に結合される。主機のような大型部品から配線、配管といった部分も何百もの組み立て部品に分割され、それらはいくつかのブロックとして連結された。これらのブロックは三分割された船体に組み込まれた。船体上部構造モジュールは組み立て工程の初期に船体中央モジュールに接合された。

ラメージの進水は建造方法同様にユニークなものであった。船体は巨大な車台に乗せられ、レール上を通り乾ドックに移動した。1994年2月11日に乾ドックに注水が行われ、船体は浮上した。その後ラメージは従来方式の洗礼式およびテストを行うためドックに移動した。

2009年10月28日、ポーランド北部のグディニアに寄港中、M240機関銃を3発街の方向へ打ち込んだ。発砲時は乗組員により機銃の掃除が行われている最中だったとのこと。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]