カーティス・ウィルバー (ミサイル駆逐艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
USS Curtis Wilbur
艦歴
発注 1988年12月13日
起工 1991年3月12日
進水 1992年5月16日
就役 1994年3月19日
退役
その後 就役中
要目
排水量 満載: 8,362 トン
全長 153.9 m (505 ft)
全幅 20.1 m (66 ft)
吃水 9.4 m (31 ft)
機関 COGAG方式
LM 2500-30ガスタービンエンジン (27,000shp) ×4基
可変ピッチプロペラ(5翔)×2軸
最大速 31ノット
航続距離 4,400 海里(20ノット時)
乗員 士官、兵員 337名
兵装 Mk.45 mod.2 5インチ単装砲 ×1基
Mk.38 25mm単装機関砲 ×2基
Mk.15 20mmCIWS×2基
M2 12.7mm機銃 ×4挺
Mk.41 mod.2 VLS ×90セル
* スタンダードSM-2 SAM
* スタンダードSM-3 ABM
* ESSM 短SAM
* VLA SUM
* トマホークSLCM
などを発射可能
ハープーンSSM 4連装発射筒×2基
Mk.32 3連装短魚雷発射管×2基
艦載機 ヘリコプター甲板のみ, 格納庫なし
C4ISTAR NTDS mod.5 (リンク 11/16)
AWS B/L 5 (Mk.99 GMFCS×3基)
AN/SQQ-89
センサ AN/SPY-1D 多機能レーダー×4面
AN/SPS-67 対水上レーダー×1基
AN/SQS-53C艦首装備ソナー
AN/SQR-19 曳航ソナー
電子戦 AN/SLQ-32(V)2 ESM装置
Mk.36 mod.12 デコイ発射装置
モットー Prudens Potens Patria
(Judicious Power for Country)

カーティス・ウィルバー (英語: USS Curtis Wilbur, DDG-54) は、アメリカ海軍ミサイル駆逐艦アーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦の4番艦。ミサイル防衛対応艦船。艦名はカーティス・ウィルバーカルビン・クーリッジ大統領の下の第43代海軍長官)に因む。

艦歴[編集]

カーティス・ウィルバーはメイン州バスのバス鉄工所で1991年3月12日に起工、1994年3月19日にカリフォルニア州ロングビーチで就役した。就役式典では海軍長官ジョン・H・ドルトンが演説を行った。

1994年夏、カーティス・ウィルバーは環太平洋合同演習、リムパック'94に参加する。同演習には30隻以上の艦艇、多くの潜水艦、地上基地及び航空母艦から多数の航空機が参加した。この演習中にカーティス・ウィルバーは防空コーディネイターとしての任務を行なった。さらにその夏、検査及び調査、最終公試によって評価が行われた。

1994年10月、カーティス・ウィルバーは女性乗組員を乗艦させる初のイージス艦となった。

カーティス・ウィルバーは1995年7月31日に西太平洋に配属され、ペルシャ湾に向けて出航する。アメリカ海軍中央コマンドで展開した一方、オペレーション・サザンウォッチおよびヴィジラント・センチネルを支援した。同作戦参加時にカーティス・ウィルバーは航空戦、対地上戦、海中戦、および攻撃指揮艦を務めた。さらにイラクに対する国連制裁を支援する第5艦隊特別遠征対策本部の一部となった。

1996年9月、カーティス・ウィルバーはサンディエゴから横須賀へ母港を移し、第7艦隊に加わった。日本への到着に際してカーティス・ウィルバーは最終評価期間においてテーラード・シップス・トレーニング・アヴァイラビリティ IIおよびIIIを完了した。

1997年2月15日に空母インディペンデンス戦闘集団に配属、展開しタンデム・トラスト'97とコブラ・ゴールドの両演習に参加した。この演習でカーティス・ウィルバーは航空戦指揮艦を務めた。

1997年の残りはジャヴェリン・メーカー、ミサイレックス 97-4、ASWEX 97-6JA、HARMEX 97-2, ANNUALEX 09G、コンピューテックスといった第7艦隊の各演習に参加する。カーティス・ウィルバーはその「艦隊への貢献」で1997年の Destroyer Squadron Fifteen Battle Efficiency Winner に選出された。

2001年10月1日、カーティス・ウィルバーは新たな配備のため横須賀を出航した。キティホーク打撃群に配属され、ペルシャ湾での不朽の自由作戦に従事する。その後10ヶ月に及ぶ港湾訪問を開始、12月13日から15日までタイのプーケットを訪問し、12月23日には横須賀に帰港した。

2002年2月初めにカーティス・ウィルバーは横須賀を拠点とするオブライエン (USS O'Brien, DD-975) 、カウペンス (USS Cowpens, CG-63) 、ジョン・S・マケイン (USS John S. McCain, DDG-56) 、チャンセラーズビル (USS Chancellorsville, CG-62) 、カッシング (USS Cushing, DD-985) 、ヴァンデグリフト (USS Vandegrift, FFG-48) 、ゲイリー (USS Gary, FFG-51) 、佐世保を拠点とするエセックス (USS Essex, LHD-2) 、ジョン・エリクソン (USNS John Ericsson, T-AO-194) 、海上自衛隊さがみ (JDS Sagami, AOE-421) と共にミサイレックス 02 に参加した。同演習は2月7日から8日にかけて沖縄諸島近海で行われ、エリクソンとさがみを除く全艦艇が対艦ミサイル防御訓練を行った。訓練に先立ち、さがみが数隻に海上補給をした。

また、カーティス・ウィルバーは2004年8月にベトナムダナンに入港し、1976年以来同港に入港した初のアメリカ海軍艦艇となった。

2011年3月、カーティス・ウィルバーは空母ロナルド・レーガン (USS Ronald Reagan, CVN-76) と共に東北地方太平洋沖地震で被災した日本の支援に派遣された。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]