パーキンス (DD-26)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
USS Perkins (DD-26).jpg
艦歴
発注
起工 1909年3月22日
進水 1910年4月9日
就役 1910年11月18日
退役 1919年12月5日
その後 1935年6月28日に売却
除籍 1935年3月8日
性能諸元
排水量 893トン
全長 293 ft 10 in (89.6 m)
全幅 26 ft (7.9 m)
吃水 10 ft (3 m)
機関 重油専焼缶4基
最大速 30ノット (56 km/h)
乗員 士官、兵員110名
兵装 3インチ砲5門
18インチ魚雷発射管6門

パーキンス (USS Perkins, DD-26) は、アメリカ海軍駆逐艦ポールディング級駆逐艦の1隻。艦名はジョージ・ハミルトン・パーキンス代将に因む。

艦歴[編集]

パーキンスは1909年3月22日にマサチューセッツ州クインシーフォアリバー造船所で起工する。1910年4月9日に進水し、1910年11月18日に艦長ジョエル・R・P・プリングル少佐の指揮下就役する。

7年に及ぶ平時活動では通常戦隊および予備役戦隊で活動し、パーキンスは1917年4月3日にフランク・M・ノックス大尉の指揮下再就役した。ヨーロッパのアメリカ海軍駆逐艦部隊第2分艦隊に配属され、部隊はポールディング (USS Paulding, DD-22) およびウィルクス (USS Wilkes, DD-67) 、アムメン (USS Ammen, DD-35) が含まれた。部隊は1917年6月から11月までアイルランドクイーンズタウンを拠点として活動した。

この期間にパーキンスは、8月7日に Tarquah の生存者を救助し、サン・ナゼールからアイルランドまでボヘミア (S.S. Bohemia) を、クイーンズタウンからリバプールまでニューヨーク (S.S. New York) を護衛した。パーキンスは1917年11月にアイルランドを出航、ニューヨークに向かった。

1917年から18年にかけて、パーキンスはサウスカロライナ州チャールストンオーバーホールを行う。1918年3月から12月までニューヨーク州グレーブズエンド湾沖で活動し、対潜哨戒および護衛任務に従事した。1918年6月2日にはニュージャージー州沖でドイツ潜水艦 U-151 を目撃する。船団護衛任務ではパーキンスは様々な船を護衛した。その中にはハリファックス - ニューヨーク間でプレジデント・グラント (SS President Grant) 、プレジデント・ワシントン (SS President Washington) の護衛も含まれた。

パーキンスは1919年12月5日に予備役艦隊入りし、1935年3月8日に除籍された。その後6月28日にスクラップとして売却された。

外部リンク[編集]