ラ・ヴァレット (DD-448)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
USSLaValletteDD448.jpg
艦歴
発注:
起工: 1941年11月27日
進水: 1942年6月21日
就役: 1942年8月12日
退役: 1946年4月16日
その後: 1974年7月26日ペルーに売却
除籍: 1974年2月1日
性能諸元
排水量: 2,100 トン
全長: 376 ft 3 in (114.7 m)
全幅: 39 ft 8 in (12.1 m)
吃水: 13 ft (4.0 m)
機関: 蒸気タービン、2軸推進 60,000 shp (45 MW)
最大速: 36ノット (67 km/h)
航続距離: 6,500海里 (12,000 km)
15ノット(30km/h)時
乗員: 士官、兵員273名
兵装: 5インチ砲5門
20mm砲7門
40mm砲8門
爆雷軌条2基
爆雷投射機6基
21インチ魚雷発射管10門

ラ・ヴァレット (USS La Vallette, DD-448) は、アメリカ海軍駆逐艦フレッチャー級駆逐艦の一隻。艦名はエリー・A・F・ラ・ヴァレット海軍少将に因む。その名を持つ艦としては2隻目。

艦歴[編集]

ラ・ヴァレットは太平洋戦争開戦前の1941年11月27日ニュージャージー州カーニーフェデラル・シップビルディング・アンド・ドライドック社で起工され、1942年6月21日、ルーシー・ラ・ヴァレット・リテル(ラ・ヴァレット少将の曾孫)によって、同日起工された姉妹艦のジェンキンスと同時に進水。同年8月12日、艦長H・H・ヘンダーソン少佐の指揮下就役した。

第二次世界大戦[編集]

カリブ海および大西洋での訓練、護衛任務の後、ラ・ヴァレットは1942年12月16日にニューヨークを出航、パナマ運河および太平洋での任務に向かう。ガダルカナル島沖での第18任務部隊の護衛に従事していた1943年1月29日にレンネル島沖海戦に参加し、ラ・ヴァレットは最初の交戦状態に入る。ラ・ヴァレットは敵機3機を撃墜した。

翌1月30日、重巡洋艦シカゴ (USS Chicago, CA-29) を護衛中に再び攻撃を受ける。ラ・ヴァレットは一式陸上攻撃機6機を撃墜したが、敵機の魚雷を受け損傷、22名が死亡した。応急修理のためエスピリトゥサント島乾ドックまで牽引され、その後メア・アイランド海軍工廠に向かい4月1日に到着した。

修理完了後ラ・ヴァレットは8月6日に真珠湾に向けて出航した。


ラ・ヴァレットは8月7日にカリフォルニア州サンディエゴに向けて出航し、1946年4月16日に退役、予備役艦隊入りした。同地で1969年まで保管された後、1974年にペルーへ予備部品として売却された。

ラ・ヴァレットは第二次世界大戦の戦功で10個の従軍星章を受章した。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]