モナハン (DD-354)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
USSMonaghanDD354.jpg
艦歴
発注
起工 1933年11月21日
進水 1935年1月9日
就役 1935年4月19日
退役
除籍
その後 1944年12月18日に沈没(コブラ台風)
性能諸元
排水量 1,395トン
全長 341 ft 3 in (104.01 m)
全幅 34 ft 3 in (10.44 m)
吃水 8 ft 10 in (2.69 m)
機関 オール・ギヤード蒸気タービン 2軸 42,800 shp
最大速 36.5ノット(68 km/h)
乗員 士官、兵員160名
兵装 建造時
38口径5インチ砲5門
50口径機銃4基
21インチ魚雷発射管8門
1943年
Mk33火器管制システム
38口径5インチ砲4門
21インチ魚雷発射管8門
Mk51 ガンディレクター
ボフォース 40mm機関砲4門
エリコンSS 20mm機銃5門
爆雷投下軌条2軌

モナハン (USS Monaghan, DD-354) は、アメリカ海軍駆逐艦ファラガット級駆逐艦の1隻。艦名は1899年の第二次サモア戦争で戦死したジョン・モナハン英語版少尉にちなむ。その名を持つ艦としては、モナハン (DD-32) (USS Monaghan, DD-32) に次いで2隻目。

モナハンは真珠湾攻撃の際に特殊潜航艇甲標的)を撃沈し、珊瑚海海戦ミッドウェー海戦に参加。アリューシャン方面の戦いでも潜水艦を撃沈したが、1944年12月18日に遭遇したコブラ台風で沈没した。

艦歴[編集]

モナハンはボストン海軍工廠で1933年11月21日に起工し、1935年1月9日にモナハン少尉の姪によって進水。艦長R・R・トンプソン中佐の指揮下1935年4月19日に就役する。第二次世界大戦参戦までは北大西洋方面で訓練に従事した。

真珠湾攻撃[編集]

1941年12月8日、モナハンは7時51分に、先だって真珠湾口で正体不明の潜水艦を撃沈した駆逐艦ワード (USS Ward, DD-139) に合流するよう命じられる。そのわずか4分後、真珠湾攻撃が始まった。モナハンは対空砲火を撃ったのち、8時27分からは湾内に侵入したと見られる甲標的の捜索に加わる。間もなくモナハンは目標を発見し、爆雷2発を投じて甲標的を撃沈した。

攻撃後、モナハンは空母レキシントン (USS Lexington, CV-2) を中心とする、ウィルソン・ブラウン中将の第11任務部隊に加わり、ギルバート諸島奇襲、次いでウェーク島救援に向かうことになった。ところが、太平洋艦隊司令長官代理ウィリアム・パイ中将が海軍作戦部長ハロルド・スターク大将と合衆国艦隊司令長官アーネスト・キング大将に伺いを立てたところ、ウェーク島守備隊の士気を考慮したものの、「兵力の増強より撤退すべきだ」との示唆を受けたためウェーク島救援は取り消され、間もなくウェーク島のアメリカ軍は日本軍に降伏した[1]。帰投の途中、モナハンは日本軍潜水艦から出たものと思しき油紋を発見し、駆逐艦デイル (USS Dale, DD-353) およびエールウィン英語版 (USS Aylwin, DD-355) とともに爆雷攻撃を行った。

1942年に入るとモナハンは第11任務部隊から一時離れ、西海岸部への輸送船団の護衛に従事。第11任務部隊に復帰後の1942年4月15日に真珠湾を出撃し、南太平洋方面へと向かう。このころ、日本軍の圧力はポートモレスビーニューギニア島、あるいはオーストラリアニュージーランドにいたる通商路を徐々に圧迫し、この脅威を取り除くため海軍は迅速に迎撃態勢を整えた。空母ヨークタウン (USS Yorktown, CV-5) からの航空機がツラギ島や対岸のガヴツ英語版にいた日本軍を攻撃したのは5月4日のことであり、珊瑚海を行動していた第11任務部隊および第17任務部隊フランク・J・フレッチャー少将)は、日本側の第五航空戦隊原忠一少将)も珊瑚海に入りつつあることを知る。互いの敵を見ずに始まった珊瑚海海戦は、まず5月7日に両任務部隊からの艦載機がMO攻略部隊を発見して攻撃し、空母祥鳳を撃沈して先手を取った。翌5月8日は互いの艦載機群が攻撃を行ったが、モナハンは無線封止を維持して輪形陣にとどまった。その後、前日5月7日の日本側の攻撃で沈没した給油艦ネオショー (USS Neosho, AO–23) と駆逐艦シムス英語版 (USS Sims, DD-409) の捜索を行ったが、沈没地点が誤って報告されていたため、救助任務を行えなかった。モナハンはヌメアに到着し、同地で第16任務部隊ウィリアム・ハルゼー中将)に合流して5月26日に真珠湾に帰投した。

ミッドウェーとアリューシャン[編集]

2日後、モナハンは第16任務部隊とともに真珠湾を出撃する。海軍情報部の諜報により、日本軍がミッドウェー島攻略のために複雑な戦闘計画を組み立て、いつ何時に南雲忠一中将の第一航空艦隊がミッドウェー島に接近するかを明らかにして上層部にも通報していた。結論を言えば、アメリカ軍は日本側の空母4隻と重巡洋艦1隻を撃沈して戦いの流れを変えることに成功した(ミッドウェー海戦)。モナハンは海戦の2日間、もっぱら空母エンタープライズ (USS Enterprise, CV-6) の直衛につき、海戦の翌日には救助作業のために一時後退したが、間もなく飛龍からの航空機の攻撃で大破したヨークタウンの直衛にまわった。6月7日、伊号第一六八潜水艦(伊168)が輪形陣の中に入り、ヨークタウンに対して魚雷を発射。魚雷はヨークタウンと、ヨークタウンに横付けしていた駆逐艦ハムマン (USS Hammann, DD-412) に命中し、ハムマンが轟沈、ヨークタウンも16時間後に沈没していった。モナハンは駆逐艦グウィン (USS Gwin, DD-433) およびヒューズ英語版 (USS Hughes, DD-410) とともに伊168の捜索を行い、爆雷攻撃で打撃を与えたと評価されたが、伊168は苦闘の末に生還した[2]

勝利を収めた第16任務部隊は6月13日に真珠湾に帰投。このころ、北方のアリューシャン列島方面にも日本軍が進撃していた。モナハンは日本軍と対峙するためアリューシャンの戦線に送られた。しかし、アリューシャン方面の濃霧の中で衝突事故を起こして損傷し、ダッチハーバー、真珠湾で応急修理ののち、船団護衛を兼ねて西海岸に向かい、メア・アイランド海軍造船所で本格的な修理が行われた。修理は概ね11月ごろに終わり、11月17日にはフィジーへ向けて出港した。ところが、寄港先のヌメアで触礁事故を起こしてプロペラを損傷し、修理のため再び真珠湾に後退しなければならなかった。一切の修理が終わったのは、1943年2月21日になってからのことであった。

修理が終わったモナハンは、軽巡洋艦リッチモンド (USS Richmond, CL-9) 、重巡洋艦ソルトレイクシティ (USS Salt Lake City, CA-25) を基幹とする第16.69任務群(「ソック」チャールズ・マクモリス少将)に加わり、アリューシャン方面での偵察に従事する。3月26日、第16.69任務群はアッツ島およびキスカ島への輸送作戦を掩護中の第五艦隊細萱戊子郎中将)とコマンドルスキー諸島近海で遭遇し、アッツ島沖海戦が行われた。第16.69任務群は寡兵よく第五艦隊を翻弄して追い返すことに成功した。以降、夏までの間に日本軍拠点への艦砲射撃や哨戒任務をアリューシャン方面全体で行った。この哨戒でのハイライトは、6月21日から22日の2日間にわたって行われた、キスカ島への輸送任務に従事していた伊号第七潜水艦(伊7)との交戦である。6月21日午後、キスカ島七夕岬を確認して浮上航行に移った伊7を発見したモナハンは砲撃を行い、司令塔に命中弾を与えて潜航不能に陥らせ、艦の首脳も戦死させた[3]。伊7は旭岬に座礁して応急修理を行った上、6月22日夜に横須賀へ向けて七夕湾を出撃[3]。しかし、伊7の行く手にはモナハンが待ち構えていた。モナハンは砲撃で伊7にさらなる損傷を与え、伊7は引き返す[3]。モナハンはこれを追撃して三度目の砲撃を行い、進退窮まった伊7はキスカ島二子岩に座礁して果てた[3]。伊7の喪失は、水雷戦隊によるキスカ島撤退作戦実施の伏線となった[4]

1943年後半 - 1944年[編集]

アリューシャン戦線が日本軍の撤退で一段落したあと、モナハンは真珠湾およびサンフランシスコへの護衛任務を行い、11月13日には3隻の護衛空母を護衛してサンペドロを出撃。ギルバート諸島攻略のガルヴァニック作戦では、一貫して護衛空母の直衛にあたった。作戦終了後、モナハンは西海岸に引き返し、大規模な演習を行ったあと、再び護衛空母群の直衛につくためサンディエゴを出撃。1944年1月からのクェゼリンの戦いでは、ロイ=ナムル島の北西海域で行動し、ロイ=ナムル島攻略を支援した。2月7日に戦艦ペンシルベニア (USS Pennsylvania, BB-38) を護衛してマジュロに入港し、次いでエニウェトクの戦いに参加。輸送船団を護衛してエニウェトク環礁に向かい、2月21日から22日にかけての夜間にはメリレン島に対して砲撃を行う。作戦終了後は2月末までマーシャル方面で哨戒任務と護衛任務にあたった。

3月22日からは、モナハンは第58任務部隊マーク・ミッチャー中将)に随伴してパラオパラオ大空襲)、ウォレアイ環礁およびヤップ島への攻撃支援で対潜任務につき、4月6日にマジュロに帰投する。4月13日から5月4日までの間はホーランジアの戦いサタワン環礁砲撃、トラック諸島再攻撃およびポンペイ島への攻撃を支援。マジュロで整備ののち、6月11日にはサイパン島に向けて出撃した。6月19日のマリアナ沖海戦の前後、モナハンは僚艦とともにサイパン島に上陸した味方地上部隊の援護にあたり、その間に第58任務部隊と潜水艦は小沢治三郎中将の第一機動艦隊を追い払った。エニウェトク環礁に一旦下がったあと、7月14日に出撃して、7月からのグアムの戦いに、空母に対する対潜直衛艦として参加した。また、7月17日夜から18日にかけてはアガット地区英語版で作戦する水中爆破班の援護にあたり、7月19日の朝まで艦砲射撃を繰り返した。7月25日まで作戦に従事したのち真珠湾に向かい、オーバーホールのためピュージェット・サウンド海軍造船所に回航された。

コブラ台風[編集]

10月1日、モナハンは駆逐艦デューイ英語版 (USS Dewey, DD-349) とともにピュージェット湾を出港し[5]カリフォルニアハワイ沖で演習を行ったのち、11月11日にウルシー環礁に向けて真珠湾を出港した。ウルシーに到着後、12月6日に対空演習を行って、12月10日に第38任務部隊ジョン・S・マケイン・シニア中将)とともにウルシーを出撃した[6]。第38任務部隊はミンドロ島の戦いの支援を行う予定であり、モナハンはデューイ、エールウィンおよびハル (USS Hull, DD-350) とともに補給支援担当の第30.8任務群を護衛した[7]。ところが、第38任務部隊は洋上給油予定日の12月17日ごろからコブラ台風の中に入り始め、12月18日にかけて大きく翻弄されることとなった。この時点でモナハンは操舵が困難だったものの、燃料を76パーセント保有しており、動揺にある程度は耐えうると考えられていた[8]。しかし、モナハンは次第に操舵に加えて針路維持も困難となり、艦内モーターも故障して一切の動力を失った[9]。やがて構造物が崩れだしたという報告もなされたが、間もなく転覆して沈没していった[10]。生存者はわずか6名で、いかだに乗って3日間漂流ののち、駆逐艦ブラウン英語版 (USS Brown, DD-546) に救助された。生存者は、モナハンは右舷に倒れて波に翻弄されながら沈んでいったと報告した。いかだには当初12名が乗っていたが、暴れたり海中に転落したりして半数に減り、ブラウンによって救助された時も、いかだの後ろにサメが付きまとっていた[11]。太平洋艦隊司令長官チェスター・ニミッツ元帥はこの悲劇に関し、「(台風は)主だった戦闘よりかは小さいと思われたが、第3艦隊に予想より多くの打撃を与えた。」と表現した。

モナハンは第二次世界大戦の功績で12個の従軍星章を受章した。

脚注[編集]

注釈[編集]

出典[編集]

参考文献[編集]

  • 防衛研究所戦史室編 『戦史叢書38 中部太平洋方面海軍作戦(1) 昭和十七年五月まで朝雲新聞社1970年
  • 坂本金美 『日本潜水艦戦史』 図書出版社、1979年
  • C.レイモンド.カルフォーン 『神風、米艦隊撃滅』 妹尾作太男、大西道永(訳)、朝日ソノラマ1985年ISBN 4-257-17055-7
  • 石橋孝夫「米空母機動部隊の反撃」 『写真・太平洋戦争(1)』 雑誌「」編集部(編)、光人社、1989年、242-244頁。ISBN 4-7698-0413-X
  • 木俣滋郎 『日本潜水艦戦史』 図書出版社、1993年ISBN 4-8099-0178-5
  • 『世界の艦船増刊第43集 アメリカ駆逐艦史』、海人社、1995年
  • M.J.ホイットレー 『第二次大戦駆逐艦総覧』 岩重多四郎(訳)、大日本絵画、2000年ISBN 4-499-22710-0
  • この記事はアメリカ合衆国政府の著作物であるDictionary of American Naval Fighting Shipsに由来する文章を含んでいます。 記事はここで閲覧できます。

外部リンク[編集]

関連項目[編集]