ボフォース 40mm機関砲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ボフォース 40mm機関砲
Bofors-p004596.jpg
イギリス製スティッフキー・サイトで照準するボフォース 40mm/L60機関砲
種類 機関砲
原開発国 スウェーデンの旗 スウェーデン
運用史
配備期間 1934年–現在
配備先 運用国を参照
関連戦争・紛争 第二次世界大戦, 印パ戦争, 中東戦争, 朝鮮戦争, インドネシア・マレーシア紛争, ベトナム戦争, 南アフリカ国境紛争, フォークランド紛争, 湾岸戦争, ユーゴスラビア紛争, イラク戦争, レバノン内戦
開発史
開発者 ボフォース
開発期間 1930年
製造業者 ボフォース(1932年2006年
BAE システムズ AB(2006年以降)
製造期間 1932年–現在
派生型 要目を参照
諸元
重量 L/60:1,981 kg (4,370 lb)

L/70:5,150 kg (11,400 lb)

要員数 用途によって異なる

砲弾 砲弾:-
L/60 40x311mmR(1.57in), L/70 40x364mmR
口径 40mm L/60–70(実際の口径は基になる機種によって56-70まで異なる)
砲架 522 kg (1,150 lb)
仰角 L/60:-5°/+90°(55°/s)
L/70:-20°/+80°(57°/s)
旋回角 360°完全
L/60:50°/s
L/70:92°/s
発射速度 L/60:毎分120発
L/70:毎分330発
初速 L/60:881 m/s (2,890 ft/s)
L/70:1,021 m/s (3,350 ft/s)
最大射程 L/60:7,160 m (23,490 ft)
L/70:12,500 m (41,000 ft)

ボフォース 40mm機関砲(ボフォース40ミリきかんほう、Bofors 40mm/L60)は、1930年代初頭にスウェーデンボフォース社が開発した対空機関砲

概要[編集]

第二次世界大戦時における最も有名な対空兵器のうちの1つ。戦間期に盛んに各国に輸出され、イギリスアメリカポーランドハンガリーソ連などではライセンス生産も行われ、連合国側、枢軸国側両方で使われた。

特にアメリカ海軍の艦艇に搭載された対空兵器の中で最も多くの航空機撃墜したと言われている。艦載に加え、地上設置型も広く使用された。一部には航空機に搭載されたものもある。

戦後も主に西側諸国で使用され、70口径長砲身化され、新しい管制システムを付加した戦後型も作られた。フランスカナダオーストラリアノルウェーでは、現在も一部で使用され続けている。また、アメリカ、イギリスにおいても最近まで防空用として使用されていた。

また、対空兵器としてでなく、アメリカ空軍ではAC-130 ガンシップの地上攻撃用火砲として、スウェーデン陸軍ではStrf 9040 歩兵戦闘車主砲として現在も運用されている。

40 mm L/60[編集]

40 mm L/60

本砲は、スウェーデン海軍が運用していたQF 2ポンド砲の後継機として開発された。契約は1928年に締結され、まず1932年、25mm口径として試作したm/32が発表された。続いて、本命として40mmに大口径化されたm/36が開発された。

開発は1933年に完了し、1936年に発表された。

40 mm L/70[編集]

陸軍用[編集]

ボフォース L/70

第二次世界大戦後に実用的なジェット機が登場すると、従来の機関砲では初速、射程ともに十分とは言えなくなった。ボフォース社は40mm機関砲を改良する一方、より強力な57mm機関砲を設計した。

新しい40mm機関砲は初速1,030m/sで、砲弾は従来より長さがあるが軽い870gの40x364R弾になった。発射速度は毎分240発(4.0Hz)に増やされた。砲の旋回も人力から電動に変わり車輛の正面に置かれた発電機から電力を供給される。

最初のバージョンは1947年に生産され、40mmのlvakan m/48として1948年に受領され、1951年スウェーデン軍に配備された。さらに改良され、発射速度は300rpm(5.0Hz)になり、さらに330rpm(5.5Hz)まで改良された。

1953年11月にはNATOの標準的な対空機関砲となり、アメリカ軍M247サージェント・ヨーク対空戦車にも採用された。

Strf 9040K21などの歩兵戦闘車主砲としても採用されている。

海軍用[編集]

ヤグアル級魚雷艇搭載の40 mm L/70

イタリアブレダは、ボフォース社から40 mm L/70 機関砲の製造ライセンスを獲得し、1960年代から同砲を用いて、イタリア海軍向けに単装型(Type107、Type564)、連装型(Type64、Type106)など各種40mm機関砲搭載砲塔を開発した[1]。それに続き開発した連装砲塔がコンパクトであり、コンパクト40とも呼ばれる。コンパクトは、40mm連装機関砲を強化プラスチック製無人砲塔に搭載している。ドーム型の砲塔の両側面と後面には整備用のハッチが取り付けられており、砲塔直下には、砲塔と一体化した即応準備弾を装填した回転式弾倉が配置されている。回転式弾倉はType A(736発装填)とType B(444発装填)の二種類のタイプが存在する。弾倉から薬室への装填、発射、排莢の一連の動作は自動化されており、2門合計で毎分最大600発の発射速度を確保している。砲塔の旋回、俯仰動作は電子制御により行われ、砲塔内部に旋回、俯仰用のモーターが設置されている。コンパクトはイタリア海軍を始めアジア南米の各国で採用されている。 ブレダ社はコンパクトに続き、発射速度を二門合計で毎分900発まで向上させたツイン・ファスト40もしくはファスト40と呼ばれる改良型を開発している。 コンパクトは、イタリアが開発したCIWSダルド・システムを構成する。

ボフォース社でも艦艇用に単装砲塔を開発、スウェーデン軍を始め幾つかの国で採用されている。 続いて、トリニティまたはシー・トリニティと呼ばれるCIWSも開発している[2]。シー・トリニティは、単装機関砲に照準用のレーダー、光学センサーを搭載した砲塔から構成されており、砲塔には有人型と無人型がある。 トリニティMk3はボフォース57mm砲Mk2に類似した砲塔を有し、3Pと呼ばれる特殊弾を使用する。3Pは"Prefragmented Programmable Proximity fused"(時限信管付き榴弾)の略で、対水上および対空両用で、目標に対する距離が測定されると、自動的に信管にデータが入力される。射撃は4点バーストで行われ、それぞれの弾薬は時間差を設け、順次炸裂する様に設定されている。ニテロイ級フリゲートの「モッドフラッグ」改修に際し追加搭載された他、海上保安庁あそ型巡視船ひだ型巡視船の主兵装に採用され、しきしま型巡視船の2番船「あきつしま」にも搭載された[3]

運用国[編集]


要目[編集]

L/70用40mm弾
L/60 L/70
重量 1,981kg 5,150kg
砲弾 40x311mmR 40x364mmR
砲弾重量 900g 870g
仰俯角度 5°/+90°
仰俯角速度 55°/秒 57°/秒
旋回速度 50°/秒 92°/秒
発射速度 120発/分 330発/分
初速 881m/秒 1,021m/秒
最大射程 7,160m 12,500m
有効射程 約4,000m 約10,000m


脚注[編集]

  1. ^ http://www.navweaps.com/Weapons/WNIT_4cm-70_Breda.htm Italian OTOBreda 40 mm/70 Bofors Compact, "Fast Forty" and other Variations
  2. ^ http://www.navweaps.com/Weapons/WNSweden_4cm-70_m1948.htm Sweden Bofors 40 mm/70 Model 1948, Model 1958, Sea Trinity and Mark 3
  3. ^ http://www.mlit.go.jp/common/000050557.pdf 平成22年度国土交通省関係予算概算要求

参考文献[編集]

  • Terry Gander, "THE 40mm BOFORS GUN", Patrick Stephens Limited, Wellingborough 1986

関連項目[編集]

外部リンク[編集]