コマンドルスキー諸島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
西側はカムチャツカ半島、東側がコマンドルスキー諸島で2つのから成る。面積の大きな西側の島がベーリング島、東側の島がメードヌイ島

コマンドルスキー諸島(コマンドル諸島、: Командорские острова: Commander Islands)は、ロシア領で、ロシアカムチャツカ半島の東、そしてアメリカアリューシャン列島の西の端に位置する諸島である。

概説[編集]

コマンドルスキー諸島は、ベーリング島メードヌイ島の2つのから成る。最大の島がベーリング島である。

1943年、このコマンドルスキー諸島の南約160kmで、日本海軍アメリカ海軍との間で起きた『アッツ島沖海戦(コマンドルスキー諸島海戦)』でも知られる。

2つのの住民は、3分の1がアレウト人、3分の2がロシア人、最も大きな村はベーリング島の北部のニコルスコエ(Nikolskoye)である。(右地図参照)

アレウト人は、アリューシャン列島の先住民族である。

19世紀初めに、アリューシャン列島から、「ベーリング島」と「メードヌイ島」の2つの島にやって来た。

アトカ島アリューシャン列島西部)のアレウト人が「ベーリング島」へ、また、アッツ島(アリューシャン列島最西部)のアレウト人が「メードヌイ島」へ、それぞれ来て定住するようになった。