第一機動艦隊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
大日本帝国海軍
大日本帝国海軍旗
官衙
海軍省
軍令部
艦政本部
航空本部
外局等一覧
地方組織
鎮守府
警備府
要港部
艦隊
連合艦隊
北東方面艦隊
中部太平洋方面艦隊
南東方面艦隊
南西方面艦隊
第十方面艦隊
支那方面艦隊
海上護衛総司令部
海軍総隊
他作戦部隊
海軍航空隊
海軍陸戦隊
主要機関
学校一覧
歴史・伝統
日本海軍の歴史
日本海軍の軍服
その他
階級一覧
艦艇一覧
兵装一覧
 表示ノート編集履歴 

第一機動艦隊(だいいちきどうかんたい)とは、日本海軍1944年(昭和19年)3月1日に編成した艦隊である。

概要[編集]

戦艦部隊として長らく存在していた第一艦隊を廃し、水上打撃部隊である第二艦隊と機動部隊である第三艦隊を統括指揮した。 第一機動艦隊司令長官は第三艦隊司令長官を兼任している。

用兵[編集]

前衛部隊に強力な砲撃力と防御力を持つ第二艦隊が中型空母の護衛として随伴し、その後方に主に大型空母を中心とした大規模航空兵力を持つ第三艦隊が主力部隊として本隊配置された。

  • 敵艦隊を発見次第、第三艦隊から攻撃隊が発進してこれを叩き、弱った敵艦隊に第二艦隊が突撃して止めを刺す
  • 敵艦隊に発見された際は、前衛の第二艦隊が敵の攻撃を引き付け、第三艦隊への被害を最小限にとどめる

というソロモンの戦いから導入された水上部隊の運用方針がそのまま導入された。

歴史[編集]

海軍において根強かった艦隊決戦主義や大艦巨砲主義に基づく編成の方針転換もあり、昭和19年2月に戦艦中心の第一艦隊が解散されたこともあり、空母等の機動力を主力にすべく、第一航空艦隊の後継で空母主力だった第三艦隊を中心に翌3月に創設された。

第一機動艦隊としての初陣は同年6月19日から20日のマリアナ沖海戦であるが、この戦いで300機以上の航空機を失ってしまい、機動部隊としての体をなさなくなってしまう。また、第三艦隊から発進した攻撃隊が第二艦隊の上空を通過して敵艦隊に向かう際、第二艦隊から誤射を受け被害を出すなど用兵が裏目に出てしまう。

マリアナ沖での敗北後艦隊は本土に戻るが、捷号作戦準備のため第二艦隊は南方に移動、第三艦隊は本土待機となる。同年10月23日から25日のレイテ沖海戦に両艦隊が参加するも、第三艦隊はエンガノ岬沖海戦で出撃した空母4隻全てが撃沈され、第二艦隊も艦艇の多くを失ってしまう。

第三艦隊は出撃した空母全てを失ったことで機動部隊としての作戦が取れなくなったことから解隊となり、機動部隊を失った第一機動艦隊も同日解隊された。

残された第二艦隊は連合艦隊の隷下に移され、沖縄戦における坊ノ岬沖海戦で壊滅した。

歴代司令長官[編集]

  1. 小沢治三郎中将 昭和19年3月1日~昭和19年11月15日(解隊)

歴代参謀長[編集]

  1. 古村啓蔵少将 昭和19年3月1日~
  2. 大林末雄少将 昭和19年10月1日~昭和19年11月15日(解隊)

隷下部隊[編集]

1944年4月1日 戦時編制制度改定後の編制[編集]

第二艦隊・・・栗田健男中将

第三艦隊・・・小沢治三郎中将(第一機動艦隊司令長官 兼務)

1944年8月15日 マリアナ沖海戦後の編制[編集]

第二艦隊・・・栗田健男中将

  • 第4戦隊:愛宕、高雄、摩耶、鳥海
  • 第1戦隊:長門、大和、武蔵
  • 第3戦隊:金剛、榛名
  • 第5戦隊:妙高、羽黒
  • 第7戦隊:熊野、鈴谷、利根、筑摩
  • 第2水雷戦隊:能代
    • 第2駆逐隊:清霜秋霜早霜
    • 第27駆逐隊:時雨、春雨
    • 第31駆逐隊:長波、沖波、岸波、朝霜
    • 第32駆逐隊:藤波、玉波、浜波
    • 島風

第三艦隊・・・小沢治三郎中将(第一機動艦隊司令長官 兼務)

  • 第1航空戦隊:雲龍天城、第601海軍航空隊
  • 第3航空戦隊:千歳、千代田、瑞鳳、瑞鶴、第653海軍航空隊
  • 第4航空戦隊:伊勢日向隼鷹龍鳳、第634海軍航空隊
  • 第10戦隊:矢矧
    • 第4駆逐隊:野分、山雲、満潮、朝雲
    • 第17駆逐隊:浦風、磯風、浜風、雪風
    • 第41駆逐隊:霜月冬月
    • 第61駆逐隊:秋月、涼月、初月、若月
  • 附属:最上、大鳳、翔鶴  ※大鳳、翔鶴は書類上の在籍(マリアナ沖海戦で戦没)。

参考文献[編集]