ウィリアム・H・スタンドレイ (ミサイル巡洋艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
USS William H. Standley (DLG-32)
艦歴
発注: 1962年1月16日
起工: 1963年7月29日
進水: 1964年12月19日
就役: 1966年7月9日
退役: 1994年2月11日
その後: 標的艦として2005年6月25日海没処分
除籍: 1994年2月11日
性能諸元
排水量: 7,930トン
全長: 547 ft
全幅: 55 ft
吃水: 28 ft 10 in
機関: ギヤード蒸気タービン2基2軸
4缶、85,000 shp
最大速: 30ノット
航続距離:
兵員: 士官、兵員418名
兵装: 54口径5インチ砲1基
3インチ砲2基
テリア・ミサイルランチャー1基
15.5インチ魚雷発射管6基
ハープーン・ミサイル
ファランクスCIWS
航空機:
モットー: '

ウィリアム・H・スタンドレイ(USS William H. Standley, DLG/CG-32)は、アメリカ海軍ミサイル巡洋艦ベルナップ級ミサイル巡洋艦の7番艦。艦名はウィリアム・H・スタンドレイ海軍大将に因んで命名された。

艦歴[編集]

ウィリアム・H・スタンドレイは1962年1月16日にメイン州バスのバス鉄工所に建造発注され、1963年7月29日に起工する。1964年12月19日にチャールズ・B・ウィンコート夫人(スタンドレイ提督の娘)によって命名、進水し、1966年7月9日に就役した。

ウィリアム・H・スタンドレイはベトナム戦争での戦功で4個の従軍星章を受章した。

1990年6月から1991年8月まで、ウィリアム・H・スタンドレイは、NTU(New Threat Upgrade)プログラムで対空兵装の改良を含む大規模なオーバーホールを行った。

27年間以上の現役活動後に、ウィリアム・H・スタンドレイは1994年2月11日に退役し同日除籍された。ウィリアム・H・スタンドレイはエリオット(USS Elliot, DD-967)と共に2005年6月25日にオペレーション・タリスマン・サーベルでの標的艦としてオーストラリア東部海岸沖に沈められた。両艦は現在南緯25度、東経155度、フレーザー島沖190kmの珊瑚海の海域で人工岩礁として眠る。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]