ヘイウッド・L・エドワーズ (駆逐艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
USS Heywood L. Edwards;0566303.jpg
艦歴
発注
起工 1943年7月4日
進水 1943年10月6日
就役 1944年1月26日
退役 1946年7月1日
その後 1959年3月10日海上自衛隊に貸与
除籍 1974年3月18日
性能諸元
排水量 2,050 トン
全長 376 ft 6 in (114.7 m)
全幅 39 ft 8 in (12.1 m)
吃水 13 ft 9 in (4.2 m)
機関 2軸推進、60,000 shp (45 MW)
最大速 35ノット (65 km/h)
航続距離 6,500海里 (12,000 km)
(15ノット時)
乗員 319名
兵装 38口径5インチ砲5門
40mm対空砲4門
20mm対空砲4門
21インチ魚雷発射管10門
爆雷軌条2基

ヘイウッド・L・エドワーズ (USS Heywood L. Edwards, DD-663) は、アメリカ海軍駆逐艦フレッチャー級駆逐艦の一隻。艦名は駆逐艦ルーベン・ジェームズ (USS Reuben James, DD-245) の艦長として戦死したヘイウッド・L・エドワーズ少佐にちなむ。

艦歴[編集]

ヘイウッド・L・エドワーズは1943年7月4日にマサチューセッツ州ボストンボストン海軍工廠で起工する。1943年10月6日にルイーズ・S・エドワーズ(エドワーズ少佐の母親)によって命名、進水し、1944年1月26日に艦長J・W・ボールウェア中佐の指揮下就役した。

第二次世界大戦[編集]

ヘイウッド・L・エドワーズは2月25日からバミューダ沖で整調を始め、メイン州の沖合で砲撃訓練を行った後太平洋艦隊に合流した。4月16日にボストンを出航しパナマ運河を通過、カリフォルニア州サンディエゴに停泊した後5月8日に真珠湾に到着した。

ヘイウッド・L・エドワーズは8月2日にレイテ島を出航し、サイパンエニウェトク環礁で停泊後8月29日に再び出航する。1945年9月6日に大湊に到着、占領任務に従事する。10月22日に同港を出港し帰国の途に就く。真珠湾を経由し、11月10日にシアトルに到着。

1946年7月1日に退役、太平洋予備役艦隊ロングビーチ・グループ入りした。

海上自衛隊で[編集]

ヘイウッド・L・エドワーズは1954年3月8日日米艦艇貸与協定に基づき、1959年3月10日に僚艦リチャード・P・リアリーとともに日本の海上自衛隊に貸与され、以後1960年から15年間海上自衛隊の護衛艦ありあけ (DD-183) として就役した。

1974年3月9日海上自衛隊を退役しアメリカ海軍に返還された。その後1976年にスクラップとして売却、解体された。

ヘイウッド・L・エドワーズは第二次世界大戦の戦功で7個の従軍星章を受章し、1944年から45年の上陸戦における功績で殊勲部隊章を受章した。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]