初春型駆逐艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
初春型駆逐艦
子日
艦級概観
艦種 駆逐艦
前級 吹雪型駆逐艦
次級 白露型駆逐艦
性能諸元(計画 -> 性能改善工事後)[1]
基準排水量 1,400t -> 約1,700t
全長 109.5m
全幅 10.0m
吃水 3.03m -> 3.5m
主缶 ロ号艦本式缶3基
主機 艦本式タービン2基2軸 42,000hp
速力 36.5ノット -> 33.27ノット
航続距離 14ktで4,000浬
燃料 重油:458トン
乗員 205名
兵装
(計画)
50口径12.7cm連装砲 2基4門
50口径12.7cm単装砲 1基1門
40mm単装機銃 2挺
61cm3連装魚雷発射管 3基9門
(八年式魚雷18本)
兵装
(性能改善工事後)
50口径12.7cm連装砲 2基4門
50口径12.7cm単装砲 1基1門
40mm単装機銃 2挺
61cm3連装魚雷発射管 2基6門
(九〇式魚雷12本)

初春型駆逐艦(はつはるがたくちくかん)とは、大日本帝国海軍(以下海軍)が建造した駆逐艦である。特型駆逐艦(吹雪型)の次の主力駆逐艦として計画されたが、過度の重武装と軽量化により、復元性や船体強度に問題を生じ、建造は6隻で中止された。

概要[編集]

ロンドン海軍軍縮会議の結果、補助艦にまで制限を受けた海軍は、直後に第一次海軍軍備補充計画(通称マル1計画)を設定、更なる戦闘力を上げるため新造艦の建造に着手することとなる、しかし、駆逐艦には、「1500トンを超える艦は、合計排水量の16パーセントまで」と言う項目があったため、当時主力として建造していた特型の増産が不可能になった。そこで海軍では、特型(1,680トン)より約200トン小さい1,400トンの船体に特型に準ずる性能を持った艦の建造を進めることとなる。

元の艦より小さな船体に元の艦と同等の性能は無茶とも言えるが、藤本喜久雄造船大佐(当時)は、先の特型同様の手法を用いることによりその要求を満たすことに成功する。設計は基本計画番号F45としてまとめられた。

特徴[編集]

主砲[編集]

本型が採用した主砲は、特型と同じ50口径三年式12.7センチ砲で、初春型は、前方に連装・単装と雛壇型に、後方に連装一基の計5門装備する。単装砲は従来のA型だが、連装砲は仰角を75度へ引き上げ対空として使うことが可能としたB型砲である。ただし、発射速度は毎分4発と遅く「対空射撃も可能」というものであり、またA型より重量が増えている。

魚雷[編集]

特型と同じく、61cm三連装三基を装備する。ただし、後の海軍標準装備となる「次発装填装置」を本型が最初に装備することにより射出後に艦上にて再装填ができ、再度の攻撃が可能となり雷撃力は倍加したといえる。

船体[編集]

船体にアーク溶接を用いて建造し、暁が装備した缶を採用した結果、艦の軽量化に大いに役立つこととなる。

竣工時の「子日」
復元性能改善工事後の「初春」

復原性不足と友鶴事件[編集]

このような軽量化は、確かに排水量の軽減に役立ったが問題も引き起こすこととなった。特型と比べた場合、全長で10mほど短くなり、全幅は40センチ狭く、喫水も20センチ浅くなるなど特型より小さくなっている。その上、船体下部の機関重量が軽量化されたにもかかわらず、上部の武装重量は殆ど変わらず、艦橋・煙突なども高くなった結果、艦の重心があがり左右の安定性が悪い艦となった。公試試験のさい、一番艦「初春」は、38度もの傾斜をし復帰不能寸前にまでなった。そのため、急遽舷側面にバルジを付けて安定性を高める改造が施されている。そうして「初春」と二番艦「子日」の竣工直後、海軍を痛撃する友鶴事件が発生する。 検討の結果、本型は直ちに設計の変更が施されることとなる。

船体の変更[編集]

船体に取り付けたバルジをはずし、喫水を深くし重心を下げる。

武装の配置変更[編集]

装備している魚雷発射管を、一基撤去し三連装二基とした。また、艦橋直前の二番砲を艦の後方に移し、三番砲と同位置の背中合わせの配置になる。

構造物の変更[編集]

一番煙突を1m、二番煙突・機銃座・前後檣楼を1.5m、探照灯台を2m、一番魚雷発射管を30センチ下げたほか、錨鎖庫を1甲板分下げ、艦橋部分も縮小することとなる。

これらの改装の結果復元性は向上したが、各性能は著しく低下することとなる。

改初春型[編集]

初春竣工時に工事の初期段階にあった有明夕暮の2艦はバルジを取り付けなかった。代わりに艦幅を10.6mに広めるよう設計を改めて建造に入った。しかし友鶴事件発生で艦幅を元の10.0mに戻すこととなり、船体がつぎはぎ状になった。それは速度性能に影響した。

また舵に吊り下げ並列式2枚舵を採用した。しかし公試成績は悪く、計画速力35ノットのところ、有明は33.4ノットであった。後に通常の1枚舵に戻し、速力はおよそ1ノット回復した。

その後[編集]

当初「マル1計画」では12隻の初春型建造を予定していたが6隻で打ち切り、残りの6隻は設計をF45Dと改め白露型として建造されることになった。

同型艦[編集]

初春(はつはる)
1933年(昭和8年)9月30日、佐世保工廠にて竣工。1944年(昭和19年)11月13日マニラ湾において航空機の攻撃により沈没。1945年(昭和20年)1月10日除籍。
子日(ねのひ)
1933年9月30日、浦賀船渠にて竣工。1942年(昭和17年)7月5日、アガッツ島ドッグ岬沖において米潜「トライトン」の雷撃により沈没。同年7月31日除籍。
若葉(わかば)
1934年(昭和9年)10月31日、佐世保工廠にて竣工。1944年(昭和19年)10月24日、スル海において航空機の攻撃により沈没。同年12月10日除籍。
初霜(はつしも)
1934年9月27日、浦賀船渠にて竣工。1945年7月30日、宮津湾において対空戦闘中に触雷、沈没着底。同年9月30日除籍。戦後解体。
有明(ありあけ)
1935年(昭和10年)3月25日、川崎造船所にて竣工。1943年(昭和18年)7月28日ツルブ海において航空機の攻撃により沈没。同年10月15日除籍。
夕暮(ゆうぐれ/ゆふぐれ)
1935年3月30日、舞鶴工廠にて竣工。1943年7月20日チョイセル島沖において航空機の攻撃により沈没。同年10月15日除籍。

駆逐隊の変遷[編集]

初春型は6隻で打ち切りとなったため、同型艦4隻による駆逐隊は初期型4隻からなる第二一駆逐隊のみ。残る改初春型2隻は、白露型初期ロット2隻とともに第九駆逐隊を組んだ。

第二一駆逐隊[編集]

佐世保鎮守府籍の初春子日初霜若葉で編成した。1932年(昭和7年)4月1日付で解隊した桜型駆逐艦2隻・樺型駆逐艦2隻からなる先代に続く二代目の第二一駆逐隊である。友鶴事件後の初春・子日の改良と初霜・若葉の竣工延期によって、編成に1年を要した。所期の性能に達しなかったため、新鋭ながら第二艦隊第二水雷戦隊には投入されず、第一艦隊第一水雷戦隊に投入された。太平洋戦争中は近海の対潜哨戒を皮切りに、序盤は南方攻略、中盤は北方哨戒にあたった。レイテ沖海戦後にフィリピン戦線に振り向けられ、初霜を残して戦没した。内地に帰還すると、二水戦は稼動駆逐艦をかき集めて再編されたため、初霜も編入されて菊水作戦に参加。この時に司令が戦死し、初霜のみからなる駆逐隊は解隊となった。所属部隊と所属駆逐艦の変遷は以下のとおり。各艦の戦歴は各艦の項目を参照。

1933年(昭和8年)9月30日:子日の竣工を機に編成、翌年10月31日に若葉が竣工し編成完結。
1934年(昭和9年)11月15日:第一艦隊第一水雷戦隊
1937年(昭和12年)12月1日:佐世保鎮守府予備艦。
1938年(昭和13年)12月15日:第一艦隊第一水雷戦隊。
1939年(昭和14年)11月15日:支那方面艦隊第二遣支艦隊第一五戦隊。
1940年(昭和15年)11月15日:第一艦隊第一水雷戦隊。
1942年(昭和17年)7月4日:子日戦没、7月31日除籍。
1943年(昭和18年)4月1日:一水戦は第五艦隊に転籍。
1944年(昭和19年)1月1日:連合艦隊附属に転籍。
1944年(昭和19年)8月10日:一水戦に復帰。
1944年(昭和19年)10月24日:若葉戦没、12月10日除籍。
1944年(昭和19年)11月13日:初春戦没、翌年1月10日除籍。
1944年(昭和19年)11月20日:一水戦解散、第二艦隊第二水雷戦隊に転籍。
1945年(昭和20年)2月10日:解隊した第二駆逐隊より朝霜を編入。
1945年(昭和20年)3月10日:第七駆逐隊よりを編入。
1945年(昭和20年)4月7日 朝霜、霞戦没、5月10日除籍。
1945年(昭和20年)4月20日 二水戦解散。
1945年(昭和20年)6月16日 解隊。
(1945年(昭和20年)7月30日 初霜、大破着底、9月30日除籍。)

第九駆逐隊→第二七駆逐隊[編集]

横須賀鎮守府籍の有明夕暮と白露型の白露時雨で編成した。1934年(昭和9年)3月1日で解隊した楢型駆逐艦4隻からなる先代に続く四代目の第九駆逐隊である。1938年(昭和13年)12月15日付で佐世保鎮守府の樅型駆逐艦からなる先代第二七駆逐隊が舞鶴要港部第三四駆逐隊に転出し、入れ替わりに佐世保に転籍したため、三代目の第二七駆逐隊となる。白露型の竣工が遅れたために編成には1年半もかかったが、白露・時雨の就役に先駆け、改初春型2隻で一水戦に編入されている。一水戦の特性から、日華事変には参加していない。太平洋戦争中は、蘭印攻略・インド洋機動作戦・珊瑚海海戦・ミッドウェー海戦と広範囲で活動し、第二段侵攻作戦のため四水戦に転籍してソロモン諸島の攻防戦に従事した。1943年(昭和18年)7月に夕暮・有明が相次いで戦没したため、最後の1年は補充分を含めて白露型の駆逐隊として活動した。所属部隊と所属駆逐艦の変遷は以下のとおり。各艦の戦歴は各艦の項目を参照。

1935年(昭和10年)4月1日:夕暮の竣工を機に編成。翌年9月7日に時雨が竣工し編成完結。
1935年(昭和10年)11月15日:第一艦隊第一水雷戦隊。
1938年(昭和13年)12月15日:佐世保鎮守府に転籍、第二七駆逐隊に改称。佐世保鎮守府予備艦。
1939年(昭和14年)11月15日:第一艦隊第一水雷戦隊。
1942年(昭和17年)7月14日:第二艦隊第四水雷戦隊に転籍。
1943年(昭和18年)7月20日:夕暮戦没、10月15日除籍。
1943年(昭和18年)7月28日:有明戦没、10月15日除籍。
1943年(昭和18年)11月30日:7月1日に解隊した第二駆逐隊より春雨五月雨を編入。
1944年(昭和19年)6月8日:春雨戦没、8月10日除籍。
1944年(昭和19年)6月15日:白露戦没、8月10日除籍。
1944年(昭和19年)7月20日:四水戦解散、第二艦隊第二水雷戦隊に転籍。
1944年(昭和19年)8月26日:五月雨戦没により解隊、10月10日除籍。
(1945年(昭和20年)1月24日:時雨戦没、3月10日除籍。)

脚注[編集]

  1. ^ 性能諸元の性能改善工事後の値は子日の値

参考文献[編集]

  • 雑誌「丸」編集部『写真 日本の軍艦 第11巻 駆逐艦Ⅱ』光人社、1990年。 ISBN 4-7698-0461-X
  • 「丸」編集部編『軍艦メカ4 日本の駆逐艦』光人社、1991年。ISBN 4-7698-0564-0