磯風型駆逐艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
磯風型駆逐艦
天津風
艦級概観
艦種 一等駆逐艦
艦名
前級 浦風型駆逐艦
次級 江風型駆逐艦
要目
排水量 基準:1,105トン
常備:1,227トン
全長 水線長:96.68m
全幅 8.52m
吃水 2.83m
機関 ロ号艦本式缶5基
蒸気タービン[1]1組
3軸、27,000馬力
速力 34.0ノット
航続距離 14ノットで3,360海里
燃料 重油297トン石炭92トン
乗員 145名
兵装 12cm単装砲4基
6.5mm機銃2挺
45cm連装魚雷発射管3基6門

磯風型駆逐艦(いそかぜかたくちくかん)は、大日本帝国海軍駆逐艦の艦級。

概要[編集]

大正4年度軍備補充計画追加で建造された駆逐艦。第一次大戦により急遽建造された。海風型の拡大型といえる艦級であり、それまで各種口径砲を搭載していたものが本級では12cm砲に統一された。

4番艦時津風は竣工翌年に座礁し船体破壊、代艦を建造している。ただし名目上は大修理とされて新艦とされなかった。

同型艦[編集]

磯風(いそかぜ)[編集]

1917年(大正6年)2月28日呉海軍工廠で竣工。1935年(昭和10年)4月1日、除籍。
艤装員長
柘植道二 少佐:1916年10月27日 - 1917年1月10日
(兼)柘植道二 少佐:1917年1月10日 - 3月5日
駆逐艦長
柘植道二 少佐:1917年1月10日 -
岩村兼言 少佐:1917年12月1日 - 1919年4月1日
(心得)岩村兼言 少佐:1919年4月1日 - 12月1日
(心得)石川哲四郎 少佐:1921年12月1日 - 1922年12月1日
須賀彦次郎 少佐:1927年11月1日 - 1925年5月10日
板垣盛 少佐:1929年11月1日 - 1930年12月1日
島崎利雄 少佐:1930年12月1日 - 1931年7月16日

浜風(はまかぜ)[編集]

1917年3月28日三菱長崎造船所で竣工。 1919年(大正8年)、大演習時に波浪により艦橋破壊、司令が殉職する事故を起こす。1935年4月1日、除籍。
艤装員長
竹内正 少佐:1916年9月12日 - 1917年1月20日
(兼)竹内正 少佐:1917年1月20日 - 4月1日
駆逐艦長
竹内正 少佐:1917年1月20日 -
山内豊中 少佐:1917年12月1日 - 1918年9月10日
(心得)田尻敏郎 少佐:1920年12月1日 - 1922年7月20日
(兼)和田省三 少佐:1923年6月11日 - 1923年6月30日
中円尾義三 少佐:1924年12月1日 - 1925年9月21日
栗田健男 少佐:1926年12月1日 - 1927年12月1日
秋山輝男 少佐:1930年11月20日 - 1931年1月8日
(兼)金桝義夫 少佐:1931年12月1日 - 1932年1月11日

天津風(あまつかぜ)[編集]

1917年4月14日、呉海軍工廠で竣工。1935年4月1日、除籍。
艤装員長
巨勢泰八 少佐:1916年10月27日 - 1917年1月20日
(兼)巨勢泰八 少佐:1917年1月20日 - 4月14日
駆逐艦長
巨勢泰八 少佐:1917年1月20日 - 1918年12月1日
小栗信一 少佐:1918年12月1日 - 1919年12月1日
(心得)渡部釗 少佐:1922年12月1日 - 1923年7月20日
金桝義夫 少佐:1930年8月1日 - 1932年1月11日

時津風(ときつかぜ)[編集]

1917年2月28日、川崎造船所で竣工。1918年(大正7年)3月30日、宮崎・折生迫(おりうざこ)海岸で座礁し船体破壊。兵装、備品を取り外して放棄。同年12月2日舞鶴海軍工廠で代艦を起工、1919年(大正8年)3月31日進水、1920年(大正9年)2月27日、完成。1935年4月1日、除籍。

脚注[編集]

  1. ^ 磯風、浜風がパーソンズ式タービン、天津風、時津風がブラウン・カーチス式タービンを装備した。

参考文献[編集]

  • 艦船模型スペシャル No.17 日本海軍 駆逐艦の系譜 1
  • 片桐大自『聯合艦隊軍艦銘銘伝』光人社、1993年
  • 福井静夫『福井静夫著作集第5巻 日本駆逐艦物語』(光人社、1993年)ISBN 4-7698-0611-6
  • 堀元美『駆逐艦 その技術的回顧』(原書房、1969年)ISBN 4-562-01873-9
  • 官報

関連項目[編集]