舞鶴海軍工廠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

地理院地図 Googleマップ 舞鶴海軍工廠

舞鶴海軍工廠(まいづるかいぐんこうしょう)とは、京都府舞鶴市にあった日本の海軍工廠。駆逐艦建造の多くを手がけた。現在はジャパン マリンユナイテッド舞鶴事業所。

概要[編集]

戦前[編集]

全国の良港を実地調査した日本海軍は1889年明治22年)に全国で4番目の鎮守府として日本海側の舞鶴を選択、軍港として整備することを決定した。しかし舞鶴への鎮守府設置は遅れ、実際に設置されたのは12年後の1901年(明治34年)だった。鎮守府設置と前後して置かれた「造船廠」は当初は艦艇整備ができる程度の設備だったが2年後に舞鶴海軍工廠に組織改編、徐々に設備を充実させていった。その後、舞鶴海軍工廠は駆逐艦建造の中心を担うようになった。1923年大正12年)、ワシントン軍縮条約の影響で一時工作部に格下げになったが、駆逐艦建造の主導的立場は変わらず1936年昭和11年)に工廠に復帰、戦争終盤まで駆逐艦建造を続けた。

前述した通り舞鶴海軍工廠は駆逐艦建造の主導的役割を果たした。舞鶴で各型の1番艦を建造、そのノウハウで2番艦以降を各地の造船所で建造する例が多かった。吹雪型陽炎型夕雲型島風(2代目)秋月型松型のそれぞれ1番艦がここで建造されている。また駆逐艦は新開発された機関(エンジン)が試験的に導入されることが多くこの分野でも舞鶴海軍工廠が主導していた。

その他、1944年(昭和19年)5月には鋼材不足を補うため、同海軍工廠の技術中佐であった林邦雄によってコンクリート船「武智丸」が設計され、兵庫県高砂市造船所にて建造された。このコンクリート船は昭和19年から昭和20年に掛けて使用された後、昭和22年から広島県呉市安浦漁港にて防波堤として転用されている。

戦後[編集]

設備は飯野産業が引継ぎ造船業を継続、会社は飯野重工業、舞鶴重工業、日立造船ユニバーサル造船と変わり、現在はジャパン マリンユナイテッド舞鶴事業所となる。民間造船所となった現在でも艦艇建造は続いており、現在において日本海側最大の造船所として知られている。

沿革[編集]

戦前[編集]

  • 1889年(明治22年)舞鶴に軍港設置を決定。
  • 1901年(明治34年) 舞鶴鎮守府開設、前後して「舞鶴造船廠」を設立。
  • 1903年(明治36年) 「舞鶴造船廠」を「舞鶴海軍工廠」に組織改編。
  • 1904年(明治37年) 第一船渠(現2号ドック)完成。
  • 1914年(大正3年) 第二船渠(現3号ドック)完成 (当時国内では最大級のドック)。
  • 1923年(大正12年) 舞鶴鎮守府は要港部に格下げ、「舞鶴工廠」も「舞鶴工作部」へ。
  • 1936年(昭和11年) 「舞鶴工作部」が「舞鶴海軍工廠」に復帰。
  • 1939年(昭和14年) 舞鶴鎮守府再設置。
  • 1941年(昭和16年) 13号クレーン完成 (設置場所を移動し現在も稼動中)。

戦後[編集]

  • 1946年(昭和21年) 飯野産業舞鶴造船所設立、工廠の設備を引き継ぐ。
  • 1953年(昭和28年) 飯野重工業に社名変更。
  • 1963年(昭和38年) 日立造船の傘下に入り、舞鶴重工業に社名変更。
  • 1971年(昭和46年) 日立造船と合併、日立造船舞鶴工場となる。
  • 2002年(平成14年) 船舶部門分離、ユニバーサル造船舞鶴事業所となる。
  • 2013年(平成25年) 合併でジャパンマリンユナイテッド舞鶴事業所となる。

工廠長[編集]

第一次工廠長
  • 橋元正明 少将:1903年11月10日 - 12月28日
  • 向山慎吉 少将:1903年12月28日 - 1905年5月11日
  • 中溝徳太郎 少将:1905年5月11日 - 1908年5月15日
  • 北古賀竹一郎 少将:1908年5月15日 - 8月28日
  • 坂本一 少将:1908年8月28日 - 1910年4月9日
  • 加藤定吉 少将:1910年4月9日 - 1911年3月11日
  • 小泉鑅太郎 少将:1911年3月11日 - 12月1日
  • 茶山豊也 少将:1911年12月1日 - 1913年12月1日
  • 田中盛秀 少将:1913年12月1日 - 1915年12月13日
  • 上村翁輔 少将:1915年12月13日 - 1916年12月1日
  • 木村剛 少将:1916年12月1日 - 1918年9月4日
  • 南里団一 少将:1918年9月4日 - 1920年12月1日
  • 平塚保 機関少将:1920年12月1日 - 1921年9月1日
  • 岡崎貞伍 機関少将:1921年12月1日 - 1922年12月1日
  • 正木義太 少将:1922年12月1日 - 1923年4月1日
工作部長
  • 岸本信太 機関大佐:1924年6月21日 - 1925年12月1日
  • 黒田琢磨 少将:1925年12月1日 - 1927年12月1日
  • 松下薫 少将:1928年12月10日 - 1929年11月30日
  • 和田信房 少将:1929年11月30日 - 1932年11月15日
第二次工廠長
  • 松木益吉 少将:1937年12月1日 - 1939年9月20日
  • 二階堂行健 少将:1939年9月20日 - 1940年11月15日
  • 石井常次郎 中将:1940年11月15日 - 1941年10月15日
  • 小沢仙吉 少将:1941年10月15日 - 1944年3月10日
  • 森住松雄 少将:1944年3月10日 - 1945年5月1日
  • 小林義治 中将:1945年5月1日 - 1945年11月1日

建造された一等駆逐艦[編集]

建造された自衛艦[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

関連項目[編集]