東雲型駆逐艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
東雲型駆逐艦
IJN Kagero at Kure Taisho 9.jpg
艦級概観
艦種 駆逐艦
艦名
前級 雷型駆逐艦
次級 暁型駆逐艦
性能諸元
排水量 常備:322トン
全長 63.6m
全幅 6.0m
吃水
機関 2軸推進、5,475shp
最大速力 30ノット
航続距離
乗員
兵装 8.0cm単装砲1基
57mm単装砲5基
45cm水上発射管2門

東雲型駆逐艦(しののめかたくちくかん)は、大日本帝国海軍駆逐艦の艦級。

概要[編集]

明治29年度の第一期拡張計画で建造された日本初の駆逐艦。同型艦6隻はイギリスソーニクロフト社に発注された。全艦が日露戦争に参戦、日本海海戦にも参加している。

同型艦[編集]

※艦長等は『日本海軍史』第9巻・第10巻の「将官履歴」及び『官報』に基づく。

東雲(しののめ)[編集]

1899年(明治32年)2月1日イギリス・ソーニクロフト社で竣工。同年4月1日、横須賀に到着。1913年(大正2年)7月20日淡水から馬公に回航の途中、安平港北西沖で暴風のため座礁。同年7月23日、船体切断し沈没。同年8月6日、除籍。同年11月29日、沈没のまま売却。
東雲型駆逐艦艦型図
艦長
磯部謙 少佐:1900年6月22日 - 1902年9月4日
吉田孟子 大尉:1903年12月11日 - 1905年6月14日
森本義寛 大尉:1905年6月14日 - 12月12日
駆逐艦長
森本義寛 少佐:1905年12月12日 - 1906年1月25日
(兼)森駿蔵 少佐:1906年1月25日 - 4月1日
柴内豪吉 大尉:1906年4月1日 - 1907年9月28日
鮫島香 大尉:1907年9月28日 - 1908年2月1日
伊東真三郎 大尉:1908年2月1日 - 5月16日
野田為良 大尉:1908年5月16日 - 12月23日
(兼)酒井重之助 大尉:1908年12月23日 - 1909年2月1日
岡田政次郎 大尉:1909年2月1日 - 12月1日
中村熊三 大尉:1909年12月1日 - 1911年4月1日
(兼)松平胖 大尉:1911年4月1日 - 4月17日
山田虎雄 大尉:1911年4月17日 - 1912年7月13日
野村与一 大尉:1912年7月13日 - 1913年1月8日
白木豊 大尉:1913年1月8日 - 不詳

叢雲(むらくも)[編集]

1898年(明治31年)12月29日、イギリス・ソーニクロフト社で竣工。翌年4月23日、横須賀に到着。1919年(大正8年)4月1日、雑役船(潜水艇母船兼掃海船)に指定、叢雲丸と改称。1920年(大正9年)7月1日、特務艇(二等掃海艇)に編入され、叢雲に再改称。1922年(大正11年)4月1日、再度雑役船(標的船)に編入。1925年(大正14年)3月12日、廃船認許。同年6月4日、千葉県洲崎灯台沖で実艦標的として撃沈処分。
回航委員長
藤本秀四郎 少佐:1898年3月29日 -
艦長
松岡修蔵 少佐:1900年6月22日 - 1904年9月11日
島内桓太 大尉:1904年9月11日 - 1905年12月12日
駆逐艦長
島内桓太 少佐:1905年12月12日 - 1906年2月8日
(兼)増田幸一 大尉:1906年2月8日 - 5月10日
(兼)築山清智 中佐:1906年5月10日 - 10月4日
(兼)堀江鶴彦 少佐:1906年10月4日 - 1907年5月17日
野田為良 大尉:1907年5月17日 - 1908年5月16日
(兼)田辺栄次郎 大尉:1908年5月16日 - 5月28日
(兼)平田尚信 大尉:1908年5月28日 - 9月25日
前川義一 大尉:1908年9月25日 - 1909年3月11日
藤田許太郎 大尉:1909年3月11日 - 1911年5月23日
山崎圭二 大尉:1911年5月23日 - 1912年12月20日
堀内宗平 少佐:1912年12月20日 - 1914年5月29日
河北一男 少佐:1914年5月29日 - 不詳
足立脩蔵 少佐:不詳 - 1915年12月13日
神本国太郎 少佐:1915年12月13日 - 1916年9月12日
若山昇 大尉:1916年9月12日 - 12月1日
江原収治 大尉:1916年12月1日 - 1918年9月10日[1]
本田源三 大尉:1918年9月10日[1] -

夕霧(ゆうぎり/ゆふぎり)[編集]

1899年3月10日、イギリス・ソーニクロフト社で竣工。同年6月22日、横須賀に到着。1919年4月1日、雑役船(潜水艇母船兼掃海船)に指定、有霧丸と改称。1920年(大正9年)7月1日、特務艇(二等掃海艇)に編入され、夕霧に再改称。1922年(大正11年)4月1日、再度雑役船(標的船)に編入。1924年(大正13年)3月14日、廃船認許。
第七号水雷駆逐艇回航委員長
藤本秀四郎 少佐:1898年3月8日 - 1898年3月29日
回航委員長
石田一郎 少佐:1898年5月19日 - 1898年10月28日
矢島純吉 少佐:1898年10月28日 - 1899年7月6日
艦長
富士本梅次郎 大尉:1900年6月22日 - 9月25日
千坂智次郎 少佐:1900年9月25日 - 1903年2月18日
西禎蔵 少佐:1903年2月18日 - 9月26日
鍵和田専太郎 少佐:1903年9月26日 -
駆逐艦長
田代巳代次 少佐:1905年12月12日 - 1906年3月20日
堀江鶴彦 大尉:1906年3月20日 - 1907年5月17日
斎藤温海 大尉:1907年5月17日 - 1909年5月25日
日高寛 大尉:1909年5月25日 - 1910年3月11日
(兼)阿部恒雄 大尉:1910年3月11日 - 12月1日
平山栄 大尉:1910年12月1日 - 1911年7月15日
関谷光平 大尉:1911年7月15日 - 1912年5月22日
平山栄 大尉:1912年5月22日 - 12月1日
及川古志郎 大尉:1912年12月1日 - 1913年12月1日
土田数雄 大尉:1913年12月1日 - 1914年5月27日
野口寛 少佐:1914年5月27日 - 1915年12月13日
増田重義 大尉:1915年12月13日 - 1916年4月1日
山田松次郎 大尉:1916年4月1日 - 12月1日
小山泰治 大尉:1916年12月1日 -
古賀七三郎 大尉:不詳 - 1918年12月1日[2]
穂本繁治 大尉:1918年12月1日[2] - 1919年3月10日[3]
(兼)本田源三 大尉:1919年3月10日[3] -

不知火(しらぬい/しらぬひ)[編集]

1899年5月13日、イギリス・ソーニクロフト社で竣工。同年11月10日、横須賀に到着。1922年(大正11年)4月1日、特務艇(二等掃海艇)に編入。1923年(大正12年)6月30日、二等掃海特務艇に類別変更。同年8月1日、雑役船(運貨船)に編入され、公称第2625号に改称。1925年2月25日、廃船認許。
回航委員長
矢島純吉 少佐:1898年6月28日 - 10月19日
笠間直 少佐:1898年10月19日 -
艦長
村松亥四松 大尉:1900年6月22日 - 7月28日
隅元通純 大尉:1900年7月28日 - 9月25日
小林恵吉郎 少佐:1900年9月25日 - 1903年6月22日
小黒秀夫 少佐:1903年6月22日 - 9月26日
西尾雄治郎 少佐:1903年9月26日 - 1904年3月10日
桑島省三 大尉:1904年9月11日 - 1905年12月12日
駆逐艦長
桑島省三 少佐:1905年12月12日 - 1906年1月25日
(兼)田代巳代次 少佐:1906年1月25日 - 3月20日
(兼)堀江鶴彦 大尉:1906年3月20日 - 1906年4月23日
猪山綱太郎 少佐:1906年4月23日 - 1907年4月27日
横地錠二 大尉:1907年4月27日 - 9月28日
(兼)斎藤温海 大尉:1907年9月28日 - 10月10日
(兼)野田為良 大尉:1907年10月10日 - 1908年1月15日
阿部真一郎 大尉:1908年1月15日 - 1月16日
(兼)野田為良 大尉:1908年1月16日 - 2月1日
副島村八 大尉:1908年2月1日 - 1909年5月25日
和田健吉 大尉:1909年5月25日 - 1910年1月15日
阿部恒雄 大尉:1910年1月15日 - 1911年5月23日
米原末男 大尉:1911年5月23日 - 1912年2月1日
中山鞆信 大尉:1912年2月1日 - 11月13日
小川正冬 大尉:1912年11月13日 - 1913年5月24日
加島次太郎 大尉:1913年5月24日 - 不詳
丸山半三郎 少佐:不詳 - 1916年6月8日
森田弥五郎 大尉:1916年6月8日 - 1917年4月1日
松川晃 大尉:1917年4月1日 - 12月1日[4]
奥野晃 大尉:1917年12月1日[4] - 1918年12月1日[2]
戸須賀千之 大尉:1918年12月1日[2] -
早川定三 大尉:不詳 - 1921年11月10日[5]
(兼)須賀彦次郎 大尉:1921年11月10日 - 1922年2月1日
(兼)大島信哉 大尉:1922年2月1日[6] -

陽炎(かげろう/かげろふ)[編集]

発注時の艦名は第9号水雷艇駆逐艇[7]。1899年10月31日、イギリス・ソーニクロフト社で竣工。翌年3月14日、佐世保に到着。1922年4月1日、雑役船(曳船兼交通船)に編入。1924年(大正13年)10月8日、廃船認許。
回航委員長
岩村団次郎 少佐:1899年2月14日 -
艦長
桜井吉丸 大尉:1900年6月22日 - 9月25日
堀内権三郎 少佐:1900年9月25日 - 1901年9月10日
武部岸郎 少佐:1901年9月10日 - 1903年4月30日
井手篤行 大尉:1903年4月30日 -
吉川安平 大尉:1905年3月27日 - 12月12日
駆逐艦長
増田幸一 大尉:1905年12月12日 - 1906年8月30日
(兼)猪山綱太郎 少佐:1906年8月30日 - 1907年4月27日
(兼)横地錠二 大尉:1907年4月27日 - 8月26日
田辺栄次郎 大尉:1907年8月26日 - 1908年5月28日
平田尚信 大尉:1908年5月28日 - 11月20日
松本謙之助 大尉:1908年11月20日 - 1910年3月1日
(兼)藤田許太郎 大尉:1910年3月1日 - 12月1日
猿渡真直 大尉:1910年12月1日 - 1911年5月22日
山下正一 大尉:1911年5月22日 - 10月9日
中山鞆信 大尉:1911年10月9日 - 1912年2月1日
米原末男 大尉:1912年2月1日 - 1912年12月1日
丸山半三郎 大尉:1912年12月1日 - 1913年12月1日
田辺栄次郎 少佐:1913年12月1日 - 1914年8月7日
石田正一 大尉:1914年8月7日 - 不詳
中村有年 少佐:不詳 - 1916年6月1日
河原忠蔵 大尉:1916年6月1日 - 12月1日
今泉美啓 大尉:1916年12月1日 - 1917年8月23日
高橋真十郎 大尉:1917年8月23日 - 1919年2月6日[8]
西村速水 大尉:1919年2月6日[8] - 1919年10月18日[9]
鈴木清 大尉:1919年10月18日 - 1919年12月1日
和田省三 少佐:1919年12月2日 - 1920年6月1日
荒糺 少佐:1920年6月1日 - 12月1日
池田七郎 大尉:1920年12月1日[10] -
堀江吉正 大尉:1921年11月20日[11] - 12月1日[12]
(兼)宮崎平 大尉:1921年12月1日[12] -

薄雲(うすぐも)[編集]

発注時の艦名は第10号水雷艇駆逐艇[7]1900年(明治33年)2月1日、イギリス・ソーニクロフト社で竣工。同年5月14日、鹿児島に到着。1922年4月1日、特務艇(二等掃海艇)に編入。1923年(大正12年)6月30日、二等掃海特務艇に類別変更。同年8月1日、雑役船(運貨船)に編入、同時に公称第2525号に改称。1925年2月25日、廃船。同年4月29日、伊豆大島沖で実艦標的として撃沈処分。
回航委員長
松岡修蔵 少佐:1899年2月14日 -
艦長
永田泰次郎 大尉:1900年6月22日 - 9月25日
森義臣 少佐:1900年9月25日 - 1901年4月10日
金子満喜 少佐:1901年4月17日 - 1903年5月25日
大山鷹之介 少佐:1903年5月25日 - 1904年9月11日
駆逐艦長
森駿蔵 少佐:1905年12月12日 - 1906年5月10日
(兼)笠間直 中佐:1906年5月10日 - 10月3日
(兼)柴内豪吉 大尉:1906年10月3日 - 1907年1月12日
山口毅一 大尉:1907年1月12日 - 1908年4月20日
(兼)伊東真三郎 大尉:1908年4月20日 - 5月16日
(兼)野田為良 大尉:1908年5月16日 - 9月25日
阿部三平 大尉:1908年9月25日 - 12月10日
(兼)松下芳蔵 大尉:1908年12月10日 - 1909年2月1日
小川正冬 大尉:1909年2月1日 - 1910年9月26日
松平胖 大尉:1910年9月26日 - 1912年3月1日
高柳稲雄 大尉:1912年3月1日 - 12月1日
志村実 大尉:1912年12月1日 - 1913年7月10日
荷村信夫 少佐:1913年7月10日 - 10月14日
堀江豊雄 少佐:1913年10月14日 - 不詳
森田弥五郎 大尉:不詳 - 1915年12月13日
田尻敏郎 大尉:1915年12月13日 - 1916年12月1日
三木太市 大尉:1916年12月1日 - 1917年12月1日
村島徤三 大尉:1917年12月1日[4] - 1919年12月1日[13]
奥野晃 大尉:1919年12月1日[13] -
山中順一 少佐:不詳 - 1921年11月10日[5]
(兼)平岡貞 大尉:1921年11月10日[5] - 1922年2月1日[6]
(兼)大島信哉 大尉:1922年2月1日[6] -

脚注[編集]

  1. ^ a b 『官報』第1833号、大正7年9月11日。
  2. ^ a b c d 『官報』第1900号、大正7年12月3日。
  3. ^ a b 『官報』第1979号、大正8年3月11日。
  4. ^ a b c 『官報』第1601号、大正6年12月3日。
  5. ^ a b c 『官報』第2784号、大正10年11月11日。
  6. ^ a b c 『官報』第2849号、大正11年2月2日。
  7. ^ a b 『官報』第4550号、明治31年8月29日。
  8. ^ a b 『官報』第1953号、大正8年2月7日。
  9. ^ 『官報』第2163号、大正8年10月20日。
  10. ^ 『官報』第2501号、大正9年12月2日。
  11. ^ 『官報』第2793号、大正10年11月22日。
  12. ^ a b 『官報』第2801号、大正10年12月2日。
  13. ^ a b 『官報』第2199号、大正8年12月2日。

参考書籍[編集]

  • 福井静夫「日本海軍全艦艇史」
  • 艦船模型スペシャル No.17 日本海軍 駆逐艦の系譜 1
  • 海軍歴史保存会『日本海軍史』第7巻、第9巻、第10巻、第一法規出版、1995年。
  • 官報

関連項目[編集]