春雨型駆逐艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
春雨型駆逐艦
IJN Murasame at Sasebo Taisho 8.jpg
艦級概観
艦種 駆逐艦
艦名
前級 白雲型駆逐艦
次級 神風型駆逐艦 (初代)
性能諸元
排水量 常備:375トン
全長 69.2m
全幅 6.6m
吃水
機関 2軸推進、6,000shp
最大速力 29ノット
航続距離
乗員
兵装 8.0cm単装砲2基
57mm単装砲4基
48cm水上発射管2門
春雨艦型図

春雨型駆逐艦(はるさめがたくちくかん)は、大日本帝国海軍駆逐艦の艦級。

概要[編集]

明治33年度計画で建造された駆逐艦。イギリス製駆逐艦を導入した海軍はその長所を取り入れた国産駆逐艦の建造に着手した。本級7隻は初の国産駆逐艦であった。

同型艦[編集]

※艦長等は『日本海軍史』第9巻・第10巻の「将官履歴」及び『官報』に基づく。

春雨(はるさめ)[編集]

1903年(明治36年)6月26日横須賀造船廠で竣工。1911年(明治44年)11月24日三重県的矢湾で荒天により擱座沈没。同年12月28日、除籍。1912年(大正元年)8月1日、沈没のまま売却。
艦長
有馬律三郎 少佐:1903年4月24日 -
関重孝 少佐:1904年9月1日 - 11月12日
駆逐艦長
庄野義雄 少佐:1905年12月12日 - 1906年1月25日
(兼)水科三十郎 少佐:1906年1月25日 - 4月1日
和田博愛 大尉:1906年4月1日 - 7月3日
(兼)水科三十郎 少佐:1906年7月3日 - 7月12日
(兼)藤田定市 中佐:1906年7月12日 - 10月20日
(兼)平岡善之丞 大尉:1906年10月20日 - 12月20日
吉武貞輔 大尉:1906年12月20日 - 1907年4月5日
丸尾剛 大尉:1907年4月5日 - 1908年4月20日
柳原継雄 大尉:1908年4月20日 - 6月5日
(兼)神代護次 大尉:1908年6月5日 - 9月19日
柳原継雄 大尉:1908年9月19日 - 1909年12月1日
児玉兼三郎 大尉:1909年12月1日 - 1911年11月24日殉職

村雨(むらさめ)[編集]

1903年(明治36年)7月7日、横須賀造船廠で竣工。1922年(大正11年)4月1日、特務艇(二等掃海艇)に類別変更。1923年(大正12年)4月1日、雑役船(魚雷標的船)に編入。翌年2月14日、廃船。
艦長
水町元 少佐:1903年5月20日 - 1905年1月12日
小林研蔵 少佐:1905年1月12日 - 12月12日
駆逐艦長
小林研蔵 少佐:1905年12月12日 - 1906年2月8日
(兼)秀島七三郎 中佐:1906年2月8日 - 1906年3月8日
中原弥平 大尉:1906年3月8日 - 11月12日
園田般二郎 大尉:1906年11月12日 - 1908年2月29日
木村豊樹 大尉:1908年2月29日 - 12月10日
(兼)秋吉照一 大尉:1908年12月10日 - 12月23日
(兼)副島慶一 大尉:1908年12月23日 - 1909年12月1日
荒城二郎 大尉:1909年12月1日 - 1911年12月1日
足立脩蔵 大尉:1911年12月1日 - 1912年12月1日
角恒吉 大尉:1912年12月1日 - 1913年12月1日
立川七郎 大尉:1913年12月1日 - 不詳
江口穀治 少佐:不詳 - 1916年12月1日
北条釐三郎 大尉:1916年12月1日 - 1917年12月1日[1]
松野省三 大尉:1917年12月1日 - 1919年12月1日
柳原信男 大尉:1919年12月1日[2] -
石橋三郎 少佐:不詳 - 1921年12月1日[3]
一ノ瀬英太 少佐:1921年12月1日[3] -
(兼)片原常次郎 少佐:1922年3月20日 - 1922年11月10日

速鳥(はやとり)[編集]

1903年(明治36年)8月24日、横須賀造船廠で竣工。1904年(明治37年)9月3日旅順港閉塞作戦中、小平島南方で触雷沈没。1905年(明治38年)6月1日、喪失公表[4]。同年6月15日、除籍。
艦長
竹内次郎 少佐:1903年7月21日 - 1904年10月15日

朝霧(あさぎり)[編集]

1903年(明治36年)9月18日、横須賀造船廠で竣工。1922年4月1日、特務艇(二等掃海艇)に類別変更。1923年(大正12年)4月1日、雑役船(魚雷標的船)に編入。翌年2月14日、廃船。
艦長
石川寿次郎 少佐:1903年8月7日 -
土師勘四郎 少佐:1905年1月12日 - 1905年5月25日
飯田延太郎 大尉:1905年4月5日 - 12月12日
駆逐艦長
飯田延太郎 大尉:1905年12月12日 - 1906年1月25日
森本義寛 少佐:1906年1月25日 - 5月10日
(兼)秀島七三郎 中佐:1906年5月10日 - 9月13日
(兼)岡田雄三 大尉:1906年9月13日 - 1907年5月17日
河北一男 大尉:1907年5月17日 - 1908年4月20日
(兼)木村豊樹 大尉:1908年4月20日 - 9月25日
副島慶一 大尉:1908年9月25日 - 1910年5月23日
野村与一 大尉:1910年5月23日 - 1911年11月1日
(兼)及川古志郎 大尉:1911年11月1日 - 12月1日
松岡雄 大尉:1911年12月1日 - 1912年5月22日
大金実 少佐:1912年5月22日 - 不詳
高鍋三吉 大尉:不詳 - 1915年12月13日
広岡正治 大尉:1915年12月13日 - 1916年12月1日
原精太郎 大尉:1916年12月1日 - 1917年12月1日
山之内種助 大尉:1917年12月1日[1] - 1919年12月1日[2]
大島四郎 大尉:1919年12月1日 - 1921年12月1日
(兼)一ノ瀬英太 少佐:1921年12月1日[3] -
(兼)片原常次郎 少佐:1922年3月20日 - 1922年11月10日

吹雪(ふぶき)[編集]

1905年(明治38年)2月28日呉海軍工廠で竣工。1924年12月1日、除籍。1926年(大正15年)5月5日、売却。

霰(あられ)[編集]

1905年(明治38年)5月10日、呉工廠で竣工。1924年4月1日、除籍。
駆逐艦長
渡辺真吾 少佐:1905年12月12日 - 1906年4月1日
(兼)大宮釤次郎 少佐:1906年4月1日 - 1906年4月23日
長沢直太郎 大尉:1906年4月23日 - 8月30日
(兼)大宮釤次郎 少佐:1906年8月30日 - 12月20日
石田幸太郎 大尉:1906年12月20日 - 1907年4月5日
平田尚信 大尉:1907年4月5日 - 1908年5月28日
小副川敬治 大尉:1908年5月28日 - 12月10日
児玉兼三郎 大尉:1908年12月10日 - 1909年2月1日
(兼)小沢八郎 大尉:1909年2月1日 - 12月1日
志和為於菟 大尉:1909年12月1日 - 1910年2月3日
水谷耕喜 大尉:1910年2月3日 - 3月22日
赤峰一郎 大尉:1910年3月22日 - 1911年1月11日
(兼)横尾敬義 大尉:1911年1月11日 - 1911年5月23日
中村有年 大尉:1911年5月23日 - 8月19日
神谷京 大尉:1911年8月19日 - 1913年5月24日
和田健吉 少佐:1913年5月24日 - 12月1日
田口刺戟 少佐:1913年12月1日 - 1914年5月27日
臼井国 少佐:1914年5月27日 - 8月18日
梅田文鹿 少佐:不詳 - 1915年12月13日
川崎文雄 大尉:1915年12月13日 - 1916年6月1日
力石敏三郎 大尉:1916年6月1日 - 12月1日
岩崎本彦 少佐:1916年12月1日 - 1917年3月15日
西尾三郎 大尉:1917年3月15日 - 1919年12月1日[2]
和田省三 少佐:1919年12月1日 - 12月2日
鈴木清 大尉:1919年12月1日 -
伊藤長 大尉:不詳 - 1921年3月9日[5]
境澄信 大尉:1921年3月9日[5] -
神山徳平 大尉:不詳 - 1923年3月1日[6]
(兼)遠藤昌 大尉:1923年3月1日[6] - 11月1日[7]

有明(ありあけ)[編集]

1905年(明治38年)7月30日、横須賀造船廠で竣工。1924年(大正13年)12月1日、除籍。翌年4月10日、廃船認許。同年11月12日内務省に移管、東京水上警察署取締船となる。
艦長
九津見雅雄 少佐:1905年1月27日 - 1905年8月5日
駆逐艦長
田中芳三郎 少佐:1905年12月12日 - 1906年10月11日
河合退蔵 大尉:1906年10月11日 - 1907年7月1日
(兼)前川義一 大尉:1907年7月1日 - 9月3日
鎮目豊重 大尉:1907年9月3日 - 1909年2月20日
奥井茂 大尉:1909年2月20日 - 12月1日
野島新之丞 大尉:1909年12月1日 - 1910年12月13日
(兼)日高寛 大尉:1910年12月13日 - 1911年4月28日
鹿野弘 大尉:1911年4月28日 - 1913年11月18日
福岡成一 大尉:1913年11月18日 - 不詳
山崎圭二 少佐:不詳 - 1916年8月1日
公家種次 大尉:1916年8月1日 - 1917年6月1日
千谷定衛 大尉:1917年6月1日 - 1918年12月1日
山本弘毅 大尉:1918年12月1日 - 1919年12月1日
郷田喜一郎 少佐:1919年12月1日[2] - 1920年6月1日[8]
川上壮雄 大尉:1920年6月1日[8] - 1921年11月10日[9]
山縣武(正郷) 大尉:1921年11月10日 - 1922年12月1日
清水他喜雄 大尉:1922年12月1日[10] - 1924年5月10日[11]
森友一 大尉:1924年5月10日 - 1924年12月1日

脚注[編集]

  1. ^ a b 『官報』第1601号、大正6年12月3日。
  2. ^ a b c d 『官報』第2199号、大正8年12月2日。
  3. ^ a b c 『官報』第2801号、大正10年12月2日。
  4. ^ 『官報』第6574号、明治38年6月1日。
  5. ^ a b 『官報』第2579号、大正10年3月10日。
  6. ^ a b 『官報』第3174号、大正12年3月2日。
  7. ^ 『官報』第3359号、大正12年11月2日。
  8. ^ a b 『官報』第2349号、大正9年6月2日。
  9. ^ 『官報』第2784号、大正10年11月11日。
  10. ^ 『官報』第3102号、大正11年12月2日。
  11. ^ 『官報』第3513号、大正13年5月12日。

参考文献[編集]

  • 福井静夫『写真日本海軍全艦艇史 Fukui Shizuo collection 別冊付録:資料篇』ベストセラーズ、1994年。
  • 『艦船模型スペシャル No.17 日本海軍 駆逐艦の系譜 1』モデルアート社、2006年。
  • 片桐大自『聯合艦隊軍艦銘銘伝』光人社、1988年。
  • 海軍歴史保存会『日本海軍史』第7巻、第9巻、第10巻、第一法規出版、1995年。
  • 官報

関連項目[編集]