海風型駆逐艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
海風型駆逐艦
IJN Yamakaze at Ominato Taisho 1.jpg
艦級概観
艦種 一等駆逐艦
艦名
前級 神風型駆逐艦 (初代)
次級 浦風型駆逐艦
要目(竣工時)
排水量 基準:1,030トン
常備:1,150トン
全長 水線長:97.84m
全幅 8.56m
吃水 2.74m
機関 イ号艦本式缶 混焼缶6基
同重油専焼缶2基
パーソンズ式直結タービン1基
3軸、20,500馬力
速力 33ノット(計画)
航続距離 15ノットで2,700海里
燃料 重油218トン石炭165トン
乗員 141名
兵装 12cm単装砲2基
8cm単装砲5基
45cm連装魚雷発射管2基4門
(竣工時は45cm単装発射管3基)

海風型駆逐艦(うみかぜかたくちくかん)は、かつて大日本帝国海軍に所属した駆逐艦の艦級。

イギリス海軍トライバル級駆逐艦を参考にして建造された初の1,000トン級駆逐艦。蒸気タービンを搭載した初の日本軍駆逐艦であり、33ノットの高速を発揮した。予算の問題から2隻が建造されたに留まった。

概要[編集]

2艦は日露戦争前後の建艦計画により山風1904年(明治37年)度戦時緊急計画の改正計画で、海風1907年(明治40年)の艦艇補充計画で計画されたが起工は海風が1909年(明治42年)、山風がその翌年となった。1911年(明治44年)に建艦計画の整理が行われたが2隻はそのまま建造が続行され[1]、同年9月に海風が、翌10月に山風がそれぞれ竣工した。製造番号は海風が「伊号大駆逐艦」、山風が「甲号大駆逐艦」とされていた。

海風型は当時の駆逐艦が排水量380トン前後だったところを一挙に排水量1,000トンの駆逐艦として誕生した。実験的な試みの多くある艦でボイラーイ号艦本式缶8基を搭載、うち2基が重油専焼缶だった。また日本駆逐艦で初めてタービンを搭載した。タービンはパーソンズ社からの輸入で、中央軸が巡航用、左右がより大型の直結式とした3軸艦だった。出力は計画では20,500馬力の予定のところを山風はおよそ1.5倍の30,000馬力となり、速力35ノット(計画33ノット)を出している。

兵装は12cm砲2門、8cm砲5門を搭載し、日本で初めて連装魚雷発射管(口径は46cm)を搭載した。

第一次世界大戦では2隻で第16駆逐隊を編成し、南洋方面へ進出している。1930年(昭和5年)に掃海艇へ転籍し、魚雷発射管の全て、艦後部に搭載の12cm砲1門、8cm砲1門を撤去し後甲板を掃海作業甲板としている。2隻とも1936年(昭和11年)に除籍された。

同型艦[編集]

※艦長等は『官報』に基づく。

海風(うみかぜ)[編集]

1911年(明治44年)9月28日舞鶴海軍工廠で竣工。第一次世界大戦では第一南遣支隊所属で南洋群島方面へ進出。1930年(昭和5年)6月1日、掃海艇に類別変更され、「第七掃海艇」(2代)に改称。1936年(昭和11年)4月1日、除籍。
駆逐艦長
桑島省三 中佐:1910年12月20日 - 1912年12月1日 *兼舞鶴海軍工廠艤装員(- 1911年9月29日)
新納司 中佐:1912年12月1日 - 1913年12月1日
関才右衛門 中佐:1913年12月1日 - 1914年2月19日
(心得)小泉親治 少佐:1914年2月19日 - 1914年12月1日
小泉親治 中佐:1914年12月1日 - 1915年5月1日
石川庄一郎 中佐:1915年12月13日 - 1916年6月1日
(心得)砥川三郎 少佐:1916年6月1日 - 8月1日
砥川三郎 少佐:1916年8月1日 - 1916年12月1日
岡本郁男 少佐:1916年12月1日 - 1917年10月8日
(兼)副島慶一 中佐:不詳 - 1918年12月1日[2]
(心得)村上正之助 少佐:1918年12月1日[2] - 1919年12月1日[3]
(心得)山本松四 少佐:1919年12月1日[3] -
(心得)大久保義雄 少佐:1920年12月1日[4] -
鈴木幸三 少佐:1924年12月1日 - 1925年1月6日
吉田庸光 中佐:不詳 - 1925年12月1日[5]
岩原盛恵 少佐:1925年12月1日[5] -
横山茂 中佐:不詳 - 1929年11月30日[6]
稲垣義龝 少佐:1929年11月30日[6] -
掃海艇長
西岡茂泰 少佐:1930年6月1日 - 1930年8月1日

山風(やまかぜ)[編集]

1911年10月21日三菱長崎造船所で竣工。第一次世界大戦では第一南遣支隊所属で南洋群島方面へ進出。1930年6月1日、掃海艇に類別変更され、「第八掃海艇」(2代)と改称。1936年4月1日、除籍。
駆逐艦長
渡辺仁太郎 中佐:不詳 - 1912年6月29日 *兼佐世保海軍工廠艤装員( - 1911年12月22日)
山下義章 中佐:1912年6月29日 - 1913年4月1日
岡村秀二郎 中佐:1913年4月1日 - 12月1日
(心得)角田貫三 少佐:1913年12月1日 - 不詳
前川義一 中佐:1915年12月13日 - 1916年4月1日
(心得)中山友次郎 少佐:1916年4月1日 - 8月1日
中山友次郎少佐:1916年8月1日 - 1916年12月1日
杉浦正雄 少佐:1916年12月1日 - 1917年6月1日
馬島専之助 少佐:1917年6月1日 - 12月1日[7]
若山昇 少佐:1917年12月1日[7] -
後藤章 少佐:1918年9月10日 - 12月1日
長井実 少佐:1918年12月1日 - 1919年4月1日
(心得)長井実 少佐:1919年4月1日 - 12月1日
(心得)蒲田静三 少佐:1919年12月1日[3] -
(心得)赤沢堅三郎 少佐:1920年12月1日[4] -
(心得)荒糺 少佐:1923年11月20日 - 1924年6月10日
(心得)中円尾義三 少佐:1924年6月10日 - 1924年12月1日
金子豊吉 少佐:1926年11月1日 - 1927年12月1日
西岡茂泰 少佐:1929年7月20日 - 1930年6月1日

駆逐隊・掃海隊の変遷[編集]

海風型は除籍までのほとんどの期間を駆逐隊・掃海隊で過ごしている。ただし、同型艦2隻であるため、4隻が定員の一個駆逐隊を編成するために、頻繁に他形式の駆逐艦と混成されている。

第一六駆逐隊(第二駆逐隊)→第三二駆逐隊→第一七駆逐隊→第六掃海隊[編集]

横須賀鎮守府籍の海風山風で編成した最初の一六駆。大正7年4月1日より、横鎮の駆逐隊は第一~第一〇の番号にそろえられたため、第五駆逐隊にスライドした神風型駆逐艦からなる初代第二駆逐隊の番号を継承した。大正7年4月30日をもって駆逐隊から退いたが、わずか3ヶ月で二駆へ復帰、後任の楢型駆逐艦と合流して二等級二形式の混成駆逐隊となり、昭和11年の除籍までこのメンバーとなる。大正7年11月に舞鶴鎮守府へ転出して二代目第三二駆逐隊となる。舞鶴鎮守府廃止に伴い、大正11年に呉鎮守府へ転出し、二代目第一七駆逐隊となる。昭和5年に駆逐艦より掃海艇に転じたため、4隻ともそろって第六掃海隊に転じた。所属部隊と所属駆逐艦の変遷は以下のとおり。各艦の戦歴は各艦の項目を参照。

明治45年6月25日 竣工済みの海風山風で編成。横須賀水雷団に所属。
大正3年8月18日 第一艦隊第一水雷戦隊。
大正3年9月14日 第一南遣枝隊を編成、南洋諸島で行動。
大正4年2月5日 一水戦に復帰。
大正4年12月1日 浦風型駆逐艦浦風を編入、変則3隻編成となる。
大正4年12月13日 第二艦隊第二水雷戦隊に転籍。
大正6年4月1日 浦風離脱、2隻体制に戻る。
大正6年12月1日 横須賀鎮守府予備艦
大正7年4月1日 駆逐隊番号を変更、第二駆逐隊(二代)に改定。
大正7年4月30日 海風・山風離脱。二駆は同日に竣工したが継承。
大正7年8月1日 海風・山風復帰。以後、海風・山風・楢・榎の混成隊として存続。
大正7年11月2日 舞鶴鎮守府に転出、第三二駆逐隊(二代)に改称。
大正7年12月1日 第一艦隊第一水雷戦隊。
大正9年12月1日 舞鶴鎮守府予備艦。
大正11年12月1日 舞鶴鎮守府廃止に伴い、呉鎮守府に転出。第一七駆逐隊(二代)に改称。呉鎮守府予備艦。
大正12年12月1日 舞鶴要港部に派遣。
大正14年12月1日 呉鎮守府予備艦。
大正15年12月1日 鎮海要港部に派遣。
昭和2年12月1日 舞鶴要港部に派遣。
昭和3年8月1日 鎮海要港部に派遣。
昭和3年12月10日 呉鎮守府予備艦。
昭和5年6月1日 全艦、掃海艇に類別変更。第一七駆逐隊を解隊し、第六掃海隊を編成。

        第七号(旧海風)・第八号(旧山風)・第九号(旧楢)・第一〇号(旧榎)

昭和11年4月1日 第六掃海隊解隊。

        第七号・第八号は除籍、第九号・第一〇号は雑役船編入。

参考書籍[編集]

  • 艦船模型スペシャル No.17 日本海軍 駆逐艦の系譜 1
  • 片桐大自『聯合艦隊軍艦銘銘伝』光人社、1993年
  • 雑誌「丸」編集部『写真 日本の軍艦 別巻1 海軍艦艇図面集 I』(光人社、1990年) ISBN 4-7698-0541-1
  • 福井静夫『福井静夫著作集第5巻 日本駆逐艦物語』(光人社、1993年)ISBN 4-7698-0611-6
  • 堀元美『駆逐艦 その技術的回顧』(原書房、1969年)ISBN 4-562-01873-9
  • 『海軍制度沿革 巻四(一)』(原書房、1971年)
  • 官報

脚注[編集]

  1. ^ 防衛庁防衛研修所戦史室『戦史叢書 海軍軍戦備<1> 昭和十六年十一月まで』(朝雲新聞社、1969年)p232による。
  2. ^ a b 『官報』第1900号、大正7年12月3日。
  3. ^ a b c 『官報』第2199号、大正8年12月2日。
  4. ^ a b 『官報』第2501号、大正9年12月2日。
  5. ^ a b 『官報』第3982号、大正14年12月2日。
  6. ^ a b 『官報』第878号、昭和4年12月2日。
  7. ^ a b 『官報』第1601号、大正6年12月3日。

関連項目[編集]