佐世保海軍工廠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ウオッちず Google Map 佐世保海軍工廠

1930年代の佐世保海軍工廠

佐世保海軍工廠(させぼかいぐんこうしょう)とは、長崎県佐世保市にあった日本の海軍工廠。現在は佐世保重工業佐世保造船所、一部はアメリカ海軍の施設(通称佐世保ベース)になっている。

概要[編集]

戦前[編集]

大陸に近い地にある佐世保を軍港として整備することに決定したのは1886年(明治19年)。の決定と同じ年だった。その3年後には鎮守府を開設。同年「佐世保造船部」を設置。その後「造船部」は組織改編して佐世保海軍工廠となった。大正期には現在でも使われている250トンクレーンや大係船池が完成している。1941年(昭和16年)には大和型戦艦の入渠整備が出来る第7ドックが完成した。しかしここに大和型戦艦が入渠したのは武蔵が1回のみ。このドックは巨大タンカー建造など、戦後に活用されることとなった。敗戦までにドック7基(ただし第2ドックは係船池建設のため撤去)、船台3基を建設した。

佐世保工廠は主に艦船の修理や補給基地として発展した。建造では軽巡洋艦が多く作られ主導的役割を果たした。他は駆逐艦以下の小艦艇、補助艦艇(例えば工作艦「明石」など)の建造が中心だった。また空母赤城」、「加賀」の近代化改装工事を受け持つなど艤装工事や改装工事を多く手がけたのも特徴である。溶接技術のエキスパートだった福田烈技術中将は、退役間近の水雷艇「蒼鷹」と「雁」が追突損傷したことを契機に、海軍初の電気溶接修理を佐世保工廠で試みている。

また、舞鶴海軍工廠ワシントン軍縮条約のために工作部へと縮小された時期、各種駆逐艦のプロトタイプを多数建造している。

なお、横須賀に続いて佐世保に海軍航空隊が設置されたため、航空機修理のための航空機部が増設されている。太平洋戦争開戦を前に、航空機部を拡張するために日宇に第21空廠を建設したが、地盤沈下が激しく、操業できる状態ではなかったため、急遽大村市に移転した。

 佐世保工廠歌

 海にとどろき山にこだま
 機械の響きにベルトのうなり
 佐世保工廠、日に夜に戦力増産決死の努力
 打て打てハンマー、打て打てリベット
 打て打て米英、打て打て米英
 うちてしやまん。

これは元勤労学徒より聞きました。佐世保工廠を○○○工廠又は工場と置き換え、標語として使われました。

戦後[編集]

工廠設備の2/3を「佐世保船舶工業(SSK)」が借り受け再出発。のちに敷地と施設は払い下げられた。残りは海上自衛隊アメリカ海軍が管轄。「佐世保船舶工業」は現在「佐世保重工業」に社名変更、民間船舶の建造、修理の他、自衛艦の建造、保守修理やアメリカ海軍艦艇の保守修理なども行っている。

沿革[編集]

  • 1886年(明治19年) - 佐世保に鎮守府設置を決定。
  • 1889年(明治22年) - 佐世保鎮守府設置、同じくして「佐世保造船部」設置。
  • 1897年(明治30年) - 「佐世保造船廠」となる。
  • 1903年(明治36年) - 「佐世保海軍工廠」となる。
  • 1913年(大正2年) - 250トンクレーン完成。
  • 1916年(大正5年) - 大係船池完成。
  • 1941年(昭和16年) - 第7ドック完成(大和型戦艦の保守修理のため建造)。

戦後

  • 1946年(昭和21年) - 「佐世保船舶工業株式会社」設立。旧海軍工廠の敷地と施設を借りて操業する。
  • 1961年(昭和36年) - 「佐世保重工業株式会社」に社名変更。
  • 1961年(昭和36年) - 敷地と施設の払い下げを受ける。
  • 1968年(昭和43年) - 第3ドックの払い下げを受ける。

工廠長[編集]

  • 上村正之丞 少将:1903年11月10日 - 1905年5月10日
  • 向山慎吉 少将:1905年5月10日 - 1908年8月28日
  • 藤井較一 少将:1908年8月28日 - 1909年12月1日
  • 黒井悌次郎 少将:1909年12月1日 - 1912年4月20日
  • 加藤定吉 少将:1912年4月20日 - 12月1日
  • 土山哲三 少将:1912年12月1日 - 1913年12月1日
  • 伊藤乙次郎 少将:1913年12月1日 - 1915年12月13日
  • 田中盛秀 少将:1915年12月13日 - 1916年12月1日
  • 山口九一郎 少将:1916年12月1日 -

建造された主な艦艇[編集]

建造された主な自衛艦[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

関連項目[編集]