神風型駆逐艦 (2代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
神風型駆逐艦
春風
艦級概観
艦種 一等駆逐艦
艦名
前級 峯風型
次級 睦月型
要目
排水量 基準:1,270トン
公試:1,400トン
全長 102.57 メートル
全幅 9.16 メートル
吃水 2.92 メートル
機関 ロ号艦本式缶4基
前期艦:パーソンズタービン2基2軸
後期艦:艦本式タービン2基2軸
38,500 SHP
速力 37.25ノット
航続距離 14ノットで3,600カイリ
燃料 重油:420トン
乗員 154名
兵装 45口径12cm単装砲4門
一〇年式53cm連装魚雷発射管3基
(魚雷前期艦8本、後期艦10本)
三年式機砲 2挺(前期艦)
留式7.7mm機銃 2挺(後期艦)
爆雷18個(後期艦)

神風型駆逐艦(かみかぜかたくちくかん)は、大日本帝国海軍が量産した駆逐艦の艦級。

概要[編集]

神風型(二代)は、「野風型(改峯風型)駆逐艦」の改良型として、八八艦隊計画の一環で計画された大型駆逐艦(艦隊型駆逐艦)。兵装配置や機関などは野風型と同じだが艦の復原力・安定性を増すために若干船体が大型化している。八八艦隊計画での主力大型駆逐艦として27隻の建造が予定され、その結果名称に使用する言葉が足りなくなることから、艦名は番号を付けることになっていたが、ワシントン海軍軍縮条約締結により9隻で建造は中止され、1928年(昭和3年)8月には固有の艦名が付与された。

後期艦[編集]

大正15年頃の後期型4艦。左から第13号(疾風)、第11号(追風)、第17号(夕凪)、第15号(朝凪)の各駆逐艦。

後期建造となる追風、疾風、朝凪、夕凪の4隻は設計を若干改め、兵装も変化している。

  • パーソンズ式タービンに代わり艦本式タービンを装備し、船体の重心低下に配慮した[1]
  • 予備魚雷が2本増え、魚雷合計10本搭載。[2]
  • 機銃を三年式機砲から留式7.7mm機銃に交換。[2]
  • 八一式爆雷投射機2基、同装填台2基、同投下軌条2組を装備。[2]

爆雷は18個搭載したものと思われる。

最終兵装[編集]

終戦時残存の神風の場合

  • 12cm単装砲3基(4番砲を撤去)
  • 53cm連装魚雷発射管2基(3番発射管を撤去)
  • 25mm連装機銃4基、同単装機銃2挺
  • 爆雷18個

であった。

同型艦[編集]

神風(かみかぜ)
1922年12月28日三菱造船長崎造船所で竣工。当初の艦名は「第一駆逐艦」。1924年4月「第一号駆逐艦」に改称。大戦中は主に船団護衛に従事。無事に終戦を迎える。戦後復員輸送に従事。1946年6月7日御前崎付近で座礁した海防艦国後」を救援中、本艦も座礁し放棄された。1946年6月27日除籍。1947年10月31日解体終了。
朝風(あさかぜ)
1923年6月16日、三菱造船長崎造船所で竣工。当初の艦名は「第三駆逐艦」。1924年4月「第三号駆逐艦」に改称。大戦中は主に南方攻略作戦と船団護衛に従事。1944年8月24日、米潜水艦「ハッド」の雷撃によりリンガエン湾西方沖にて戦没。
春風(はるかぜ)
1923年5月31日舞鶴要港部工作部で竣工。当初の艦名は「第五駆逐艦」。1924年4月「第五号駆逐艦」に改称。大戦中は主に船団護衛に従事。1944年10月24日ルソン海峡でアメリカ潜水艦「シャーク」(バラオ級潜水艦)を爆雷34発で撃沈した。終戦時は艦尾を失った状態で残存。船体の一部は京都府竹野港の防波堤に転用された。
松風(まつかぜ)
1924年4月5日、舞鶴要港部工作部で竣工。当初の艦名は「第七号駆逐艦」。大戦中は主に船団護衛に従事。1944年6月9日、米潜水艦「ソードフィッシュ」の雷撃により父島東北方沖にて戦没。
旗風(はたかぜ)
1924年8月30日、舞鶴要港部工作部で竣工。当初の艦名は「第九号駆逐艦」。大戦中は主に船団護衛に従事。1945年1月15日、米海軍機の攻撃により台湾高雄にて戦没。
追風(おいて/おひて)
1925年10月30日浦賀船渠で竣工。当初の艦名は「第十一号駆逐艦」。大戦中は主に船団護衛に従事。1944年2月18日、米海軍機の攻撃によりカロリン諸島トラック島沖にて戦没。
疾風(はやて)
1925年12月21日東京石川島造船所で竣工。当初の艦名は「第十三号駆逐艦」。1941年(昭和16年)12月11日ウェーク島攻略作戦に参加し同島の米海兵隊沿岸砲の砲撃によりウィルクス島沖にて戦没。太平洋戦争における日本艦艇の戦没第一号。
朝凪(あさなぎ)
1924年12月29日藤永田造船所で竣工。当初の艦名は「第十五号駆逐艦」。大戦中は主に船団護衛に従事。1944年5月22日、米潜水艦「ポラック」の雷撃により父島北西方沖にて戦没。
夕凪(ゆうなぎ/ゆふなぎ)
1925年4月24日佐世保海軍工廠で竣工。当初の艦名は「第十七号駆逐艦」。大戦中は主に船団護衛に従事。1944年8月25日、米潜水艦「ピクーダ」の雷撃によりルソン島北西岸にて戦没。

当初予定艦名[編集]

当初予定艦名 命名 1928年改名
清風 第一(号)駆逐艦 神風
軽風 第三(号)駆逐艦 朝風
真風 第五(号)駆逐艦 春風
第七(号)駆逐艦 松風
第九(号)駆逐艦 旗風
第十一(号)駆逐艦 追風
第十三(号)駆逐艦 疾風
第十五(号)駆逐艦 朝凪
第十七(号)駆逐艦 夕凪

駆逐隊の変遷[編集]

第一駆逐隊[編集]

横須賀鎮守府籍の神風と峯風型の野風沼風波風で編成。1920年(大正9年)10月13日付で舞鶴鎮守府に転出した磯風型駆逐艦からなる先代に続く三代目の第一駆逐隊である。編成未了のまま第二艦隊第二水雷戦隊に投入され、二水戦在籍中に編成が完結した。長らく二水戦で活動したが、大正15年度より最前線部隊からはずれ、大湊での北方警備に就くことが多くなる。太平洋戦争中も解隊することなく北方警備を継続した。末期に南方に転戦し、神風が終戦まで残存した。峯風型では、北方任務中に損傷離脱した波風が再投入されることなく残存した。所属部隊と所属駆逐艦の変遷は以下のとおり。各艦の戦歴は各艦の項目を参照。

1922年(大正11年)7月31日:沼風の竣工を機に編成、翌年1月6日に第一駆逐艦(神風)が竣工し編成完結。
1922年(大正11年)12月1日:第二艦隊第二水雷戦隊
1925年(大正14年)12月1日:横須賀鎮守府予備艦。
1928年(昭和3年)12月10日:大湊要港部部隊。
1929年(昭和4年)11月30日:横須賀鎮守府予備艦。
1933年(昭和8年)11月15日:大湊要港部部隊。以後、北方警備に従事。
1938年(昭和13年)8月25日:神風離脱、12月15日復帰。
1943年(昭和18年)12月18日:沼風戦没、翌年2月5日除籍。
1944年(昭和19年)9月18日:波風損傷、修理・改造のため離脱。1945年(昭和20年)2月に修理完了、連合艦隊附属に転出。終戦時残存。
1945年(昭和20年)2月15日:同年1月15日に解隊した第三十駆逐隊より汐風を、第一護衛艦隊より朝顔を編入。
1945年(昭和20年)2月20日:野風戦没、4月10日除籍。
1945年(昭和20年)8月15日:神風、汐風、朝顔残存。神風、汐風は10月5日除籍、朝顔は11月30日除籍。

第五駆逐隊[編集]

横須賀鎮守府籍の朝風春風松風旗風で編成。1922年(大正11年)12月1日に峯風型駆逐艦4隻からなる先代第五駆逐隊が第四駆逐隊に改名した後に続く、四代目の第五駆逐隊である。

1923年(大正12年)7月16日:編成。
1923年(大正12年)12月1日:第二艦隊第二水雷戦隊。
1927年(昭和2年)12月1日:横須賀鎮守府予備艦。
1930年(昭和5年)12月1日:第一艦隊第一水雷戦隊に転籍。
1931年(昭和6年)12月1日:横須賀鎮守府予備艦。
1933年(昭和8年)11月15日:第一艦隊第一水雷戦隊。
1934年(昭和9年)11月15日:第一艦隊第一航空戦隊に転籍。
1936年(昭和11年)12月1日:横須賀鎮守府予備艦。
1940年(昭和15年)11月15日:連合艦隊直属第五水雷戦隊に転籍。
1941年(昭和16年)4月10日:五水戦は第三艦隊に転籍。
1942年(昭和17年)3月10日:五水戦解散。第一南遣艦隊附属に転籍。
1942年(昭和17年)5月5日:旗風は横須賀警戒隊に転出。
1942年(昭和17年)11月16日:春風触雷。修理のため離脱(翌年5月2日修理完了)。
1943年(昭和18年)2月25日:解隊。朝風、春風、松風はいずれも第一海上護衛隊に転出。
(1944年(昭和19年)4月1日:松風は第八艦隊附属に転出。)
(1944年(昭和19年)5月1日:松風は第三十駆逐隊に転出。以後は第三十駆逐隊の項に譲る。)
(1944年(昭和19年)8月23日:朝風戦没、10月10日除籍。)
(1944年(昭和19年)11月4日:春風大破、応急修理後に佐世保へ回航。)
(1944年(昭和19年)12月26日:旗風は第三十駆逐隊に転出。以後は第三十駆逐隊の項に譲る。)
(1945年(昭和20年)4月30日:春風予備艦へ。11月30日除籍。)

第二九駆逐隊[編集]

佐世保鎮守府籍の追風疾風朝凪夕凪で編成。1924年(大正13年)12月1日に解隊した神風型駆逐艦 (初代)からなる先代に続く、三代目の第二九駆逐隊である。

1925年(大正14年)5月1日:編成。
1925年(大正14年)12月1日:第二艦隊第二水雷戦隊。
1928年(昭和3年)12月10日:佐世保鎮守府予備艦。
1930年(昭和5年)12月1日:第一艦隊第一水雷戦隊に転籍。
1931年(昭和6年)12月1日:佐世保鎮守府予備艦。
1933年(昭和8年)11月15日:第一艦隊第一水雷戦隊。
1935年(昭和10年)11月15日:第二艦隊第二航空戦隊に転籍。朝凪、夕凪は第二八駆逐隊に転出。
1936年(昭和11年)12月1日:佐世保鎮守府予備艦。
1937年(昭和12年)12月1日:第一艦隊第一航空戦隊に転籍。
1938年(昭和13年)12月15日:佐世保鎮守府予備艦。
1939年(昭和14年)11月15日:解隊した第二八駆逐隊より朝凪夕凪を編入。
1940年(昭和15年)11月15日:第四艦隊第六水雷戦隊に転籍。
1941年(昭和16年)12月11日:疾風戦没、翌年1月10日除籍。
1942年(昭和17年)5月25日:解隊した第二九駆逐隊より夕月を編入。
1942年(昭和17年)7月14日:六水戦は第二海上護衛隊に改編。
1943年(昭和18年)4月1日:解隊。追風、朝凪、夕月は第二海上護衛隊に転出。夕凪は第八艦隊附属に転出。
(1943年(昭和18年)11月30日:夕月は第三十駆逐隊に転出。以後は第三十駆逐隊の項に譲る。)
(1944年(昭和19年)2月18日:追風戦没、3月31日除籍。)
(1944年(昭和19年)5月1日:夕凪は第二二駆逐隊に転出。以後は第二二駆逐隊の項に譲る。)
(1944年(昭和19年)5月22日:朝凪戦没、7月10日除籍。)

第二八駆逐隊[編集]

佐世保鎮守府籍の朝凪夕凪で編成。南洋調査のための護衛として上記二九駆逐隊を分割したが短期間で解隊。

1935年(昭和10年)11月15日:編成。
1936年(昭和11年)6月1日:連合艦隊直属第三航空戦隊
1936年(昭和11年)8月1日:三航戦は第9戦隊に改編。
1936年(昭和11年)12月1日:第9戦隊は第12戦隊に改称。
1937年(昭和12年)7月28日:第12戦隊は第三艦隊に転籍。
1938年(昭和13年)12月15日:第一艦隊第一航空戦隊に転籍。
1939年(昭和14年)11月15日:解隊。2隻とも原隊に復帰。

脚注[編集]

  1. ^ 『日本駆逐艦史』世界の艦船1月号増刊、海人社、2012年12月、p.85
  2. ^ a b c 写真 日本の軍艦 第10巻 駆逐艦Ⅰ』、34ページ

参考文献[編集]

  • 雑誌「丸」編集部『写真 日本の軍艦 第10巻 駆逐艦Ⅰ』(光人社、1990年) ISBN 4-7698-0460-1
  • 雑誌「丸」編集部『丸スペシャル No.51 日本海軍艦艇シリーズ 日本の駆逐艦II』(潮書房、1981年) 雑誌コード 68343-53

関連項目[編集]