朝風 (2代神風型駆逐艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
朝風
艦歴
発注 八六艦隊案
起工 1922年2月16日
進水 1922年12月8日
就役 1923年6月16日
その後 1944年8月23日戦没
除籍 1944年10月10日
性能諸元
排水量 基準:1,270t
全長 102.6メートル
全幅 9.2メートル
吃水 2.9メートル
主缶 ロ号艦本式缶4基
主機 パーソンズ式オールギアードタービン2基2軸 38,500 SHP
最大速力 37.3ノット
航続距離 14ノット/3,600カイリ
乗員 154名
兵装 45口径12センチ単装砲×4基4門
53センチ魚雷連装発射管×3基6門

朝風(あさかぜ)は、大日本帝国海軍駆逐艦神風型(2代目)の2番艦である。この名を持つ日本海軍の艦船としては神風型駆逐艦 (初代)「朝風」に続いて2隻目。

艦歴[編集]

三菱長崎造船所で建造され、1923年(大正12年)6月16日に竣工した。最初は「第三駆逐艦」という艦名であり、一等駆逐艦に類別された。翌年4月24日に「第三号駆逐艦」に、1928年(昭和3年)8月1日に「朝風」と改名された。

太平洋戦争では、フィリピン攻略戦バタビア沖海戦などに参加する。バタビア沖海戦では、第七戦隊の重巡洋艦最上」や、姉妹艦「春風」や「旗風」などと共に、連合国軍の巡洋艦2隻を撃沈する。しかし、1944年(昭和19年)8月23日リンガエン湾沖でアメリカ軍潜水艦ハッド」(USS Haddo, SS-255)の雷撃を受け、沈没した。

1944年10月10日、除籍。

歴代艦長[編集]

※『艦長たちの軍艦史』239-240頁による。

艤装員長[編集]

  1. 北川保橘 中佐:1923年4月1日 -

艦長[編集]

  1. 北川保橘 中佐:1923年6月16日 -
  2. 小沢治三郎 少佐:1925年1月20日 - 11月10日
  3. 若木元次 少佐:1925年12月1日 -
  4. 原顕三郎 中佐:1927年12月1日 - 1928年3月1日
  5. 坂野民部 少佐:1928年12月10日 - 1929年1月15日[1]
  6. (兼)村瀬頼治 少佐:1929年1月15日[1] -
  7. 大藤正直 少佐:1929年11月1日 -
  8. (兼)阪匡身 少佐:1931年12月1日 - 1932年2月21日
  9. 崎山釈夫 少佐:1932年9月15日 -
  10. 丸安金兎 少佐:1933年9月30日 -
  11. 渡辺保正 少佐:1934年8月20日 -
  12. 楢原省吾 少佐:1934年11月15日 -
  13. 横井稔 少佐:1935年11月1日 -
  14. 一門善記 少佐:1936年12月1日 -
  15. 林利作 少佐:1938年2月1日 -
  16. 上井宏 少佐:1940年10月15日 -
  17. 道木正三 少佐:1941年9月10日 -
  18. 池田徳太 大尉:1942年10月20日 -
  19. 山口治 大尉:1944年3月1日 -

脚注[編集]

  1. ^ a b 『官報』第612号、昭和4年1月16日。

参考文献[編集]

  • 海軍歴史保存会『日本海軍史』第7巻、第9巻、第10巻、第一法規出版、1995年。
  • 外山操『艦長たちの軍艦史』光人社、2005年。 ISBN 4-7698-1246-9