神風 (2代神風型駆逐艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Kamikaze II.jpg
艦歴
発注 1918年度計画
起工 1921年12月15日
進水 1922年9月25日
就役 1922年12月28日
除籍 1945年10月5日
その後 1945年12月1日特別輸送艦指定
1946年6月7日擱座
1946年6月27日特別輸送艦指定解除
性能諸元
排水量 基準:1,270t
全長 102.6メートル
全幅 9.2メートル
吃水 2.9メートル
主缶 ロ号艦本式缶4基
主機 パーソンズ式オールギアードタービン2基2軸 38,500 SHP
最大速力 37.3ノット
航続距離 14ノット/3,600カイリ
乗員 154名
兵装 45口径三年式12cm砲×4基4門
6.5mm単装機銃×2基
53センチ魚雷連装発射管×3基6門
爆雷投下軌条×2基

神風(かみかぜ)は、日本海軍駆逐艦神風型(2代目)の1番艦である。この名を持つ日本海軍の艦船としては神風型(初代)の「神風」に続いて2隻目。第二次大戦中最後の水上戦闘「ペナン沖海戦」に参加、終戦まで生き延びた歴戦艦。

艦歴[編集]

神風は、峯風型駆逐艦の改良型にあたる大型駆逐艦(艦隊型駆逐艦)で、9隻建造された神風型駆逐艦(2代)のネームシップ三菱長崎造船所蒲田静三少佐を艤装員長として建造され、1922年12月28日に竣工し、そのまま蒲田静三が初代艦長となった。当初の艦名は「第一駆逐艦」で、1924年4月「第一号駆逐艦」に改称、1928年8月1日に「神風」と改名された。太平洋戦争中は一等駆逐艦に類別された。

竣工と同時に第1駆逐隊に編入され、1927年12月1日より第1駆逐隊は大湊要港部に所属して北洋警備に従事、太平洋戦争開戦後も千島厚岸方面哨区の哨戒にあたった。

1942年6月、アリューシャン方面の戦いの支援に当たり、7月から千島東方海面哨区の哨戒に従事し、10月、ミッドウェー作戦アッツ島攻略作戦(第二次)に参加、11月から千島東方、津軽海峡方面で船団護衛に従事した。

1943年前半は宗谷海峡方面、北千島方面の船団護衛に従事し、6月から津軽海峡方面での船団護衛、8月から千島方面での船団護衛に従事した。1944年2月、函館で入渠整備、のち千島方面での作戦輸送、船団護衛に従事し、年末から大湊で入渠整備を実施した。

1945年1月10日、連合艦隊附属となり、門司から鎮海方面あるいは基隆間の船団護衛に従事し、2月には「奇跡の作戦」と呼ばれた北号作戦の支援で航空戦艦伊勢日向などからなる第四航空戦隊馬公からシンガポールまで無事に護衛している。

ペナン沖海戦[編集]

5月14日、アンダマン諸島輸送作戦のため重巡「羽黒」・「神風」からなる第五戦隊はわずか2隻でシンガポールを出港、16日夜、駆逐艦5隻からなるイギリス第26駆逐隊と遭遇、ペナン沖海戦が勃発した。神風は輸送任務のため魚雷発射管を下した状態であった。この戦闘で神風は、修理不足で全速を出せない羽黒の周囲を旋回しながら煙幕を展開、照明弾を発射して包囲をせばめる英駆逐艦隊と交戦、一発被弾し戦死27名、重傷者14名の被害を受けながらも戦闘を続けた。神風は橋本中将から離脱を命じられ、2時50分、レーダーで捉えた陸地の方角へ急速離脱した。その後ペナンに退避し、陸揚作業と燃料補給の後、戦場へ引き返して羽黒の生存者救助を実施、乗員約320名を救助した。

バンカ海峡での戦闘[編集]

6月4日、輸送任務のため重巡「足柄」と「神風」はシンガポールを出港した。翌日バタビアに到着し、陸軍の兵員約1600名や物資を乗せ、6月7日にシンガポールに向け出港した。「神風」は別行動をとっており、「足柄」は単艦で航行していた。6月8日12時15分頃、バンカ海峡北側入り口で神風と合流しようとしていた足柄は、イギリス海軍潜水艦「トレンチャント」が発射した魚雷が命中し沈没した。「神風」は艦長三浦速雄大佐を含む乗員853名と陸兵400名を救助し、単艦でシンガポールに入港した。

足柄の沈没によって、第二艦隊所属として南方の前線で戦い続けた第五戦隊は解体された。このときシンガポールには大破した重巡高雄妙高があったが、行動可能な艦船はこの神風のみとなっていた。6月18日から仏印方面輸送に2回従事し、8月15日をシンガポールにおいて無傷で迎えた。

戦後[編集]

1945年10月5日、内地に帰投し除籍となり、12月1日に特別輸送艦の指定を受け復員輸送に従事した。1946年6月7日御前崎沖にて6月4日に擱座した海防艦「国後」を救出作業中に、自らも擱座し放棄された。1947年10月31日解体終了。

潜水艦ホークビルとの闘い[編集]

1945年7月中旬、春日均少佐(59期)が艦長として乗り組んだ神風は、シンガポールからハッチェンに向かう三隻からなる輸送船団の護衛任務についていた。7月18日昼過ぎ、船団が敵潜水艦の頻繁に出現するマレー半島テンゴール岬沖(北緯04度10分 東経106度30分 / 北緯4.167度 東経106.500度 / 4.167; 106.500[1])に差し掛かり、予定通り輸送船は陸地近くまで接近して航行、神風は1隻、沖に出て之字運動を開始した。しかしアメリカ海軍潜水艦ホークビルが船団を発見し攻撃態勢に入ろうとした。神風の見張り員が右舷横2,000メートルにホークビルの潜望鏡を発見。19時を回って神風が攻撃態勢に入ろうとしたその時、ホークビルは艦首発射管から魚雷を6本発射した[2]。しかし神風も艦長の「面舵いっぱい」の指示で回避行動を行い、魚雷は神風の両側を通過して命中せず、しかもそのうちの1本は異常な動き方をしていた[3]。20分後、神風がホークビルを探知して距離を詰めていったので、ホークビルは神風が800メートルに近寄ってきたところで魚雷を3本発射[4]。この至近距離での攻撃でホークビルは勝利を確信したが、神風の右転舵でこの攻撃も失敗し、1本は神風の左舷側わずか2メートルのところをかすめ去った[3]。ホークビルは神風の至近を潜望鏡深度で通過。神風からは手の届くほどの近さであった[3]。神風が爆雷攻撃を開始すると、有効弾がありホークビルは神風から200メートル離れた場所で艦首を海上に急角度で突き出した。神風はこの機を逃さず艦尾の40ミリ連装機銃[5]をホークビルに向けて発射。ホークビルのスキャンランド艦長も観念して5インチ砲による浮上砲戦を決しようとしていた[6]。しかし、間もなくホークビルの艦首は海中に没して、深度33メートルの海底に沈座した。神風は水面上に浮かんできた木片や油膜からホークビルをおおむね撃沈したものと判断し、19時過ぎまで探査と爆雷攻撃を繰り返した。この間、ホークビルでは神風が上部を通過するたびに「最後の時が来た」と腹をくくっていた[7]。やがて、神風は船団を追ってこの海域を去っていった。ホークビルは7月19日になってすぐに浮上したが[8]ジャイロコンパス、温度計、減速装置が破壊され、無線装置や音響兵器も使い物にならなくなった。ホークビルは哨戒を一旦中止し、スービック湾で修理を行った。スービック湾へ向かう途中、再び神風が護衛する輸送船団と遭遇したが、今度は何事もなかった[9]

この壮絶な一騎打ちをおこなった神風は、その敢闘ぶりを米海軍から絶賛された。戦後、神風の春日均艦長とホークビルのスキャンランド艦長は1953年以来[10]幾度か文通し、スキャンランド艦長は春日艦長を「最も熟練した駆逐艦艦長」[7]として称えた。これに対し春日艦長は「今思うと、沈めんでよかった。何かこれでほッとした気持です」と述懐した[11]


公試成績[編集]

状態 排水量(常備) 出力 速力 実施日 実施場所 備考
新造時 1,443トン 40,312馬力 38.67ノット 1922年(大正11年) 全力公試

歴代艦長[編集]

※『艦長たちの軍艦史』237-239頁による。

艤装員長[編集]

  1. (心得)蒲田静三 少佐:1922年9月20日[12] - 1922年12月1日
  2. 蒲田静三 中佐:1922年12月1日[13] -

艦長[編集]

  1. 蒲田静三 中佐:1922年12月28日 - 1924年2月5日
  2. 石川哲四郎 中佐:1924年2月5日[14] -
  3. 広岡正治 中佐:1924年3月10日 - 1924年12月1日
  4. 白石邦夫 少佐:1924年12月1日 - 1925年12月1日
  5. 原顕三郎 少佐:1925年12月1日 - 1926年12月1日
  6. 佐藤慶蔵 少佐:1926年12月1日 - 1927年5月28日[15]
  7. (兼)帖佐敬吉 少佐:1927年5月28日[15] - 8月10日[16]
  8. 村瀬頼治 少佐:1927年8月10日 -
  9. (兼)帖佐敬吉 少佐:不詳 - 1927年12月1日[17]
  10. 小林徹理 中佐:1927年12月1日 -
  11. 帖佐敬吉 少佐:1928年5月28日 -
  12. 小林徹理 中佐:不詳 - 1928年12月10日[18]
  13. 長尾惣助 中佐:1928年12月10日 - 1929年11月30日[19]
  14. 久宗米次郎 少佐:1929年11月30日 - 1930年11月15日
  15. (兼)大森仙太郎 少佐:1930年11月15日 - 12月1日
  16. 伏見宮博義王 少佐:1930年12月1日 -
  17. 田村劉吉 少佐:1932年5月2日 -
  18. (兼)小林徹理 大佐:1933年4月1日 -
  19. 小野良二郎 少佐:1933年5月20日 -
  20. 山口捨次 少佐:1933年9月1日 - 1935年10月31日[20]
  21. 谷井保 少佐:1935年10月31日 -
  22. 渡辺保正 少佐:1936年10月8日 -
  23. 有本輝美智 少佐:1937年12月1日 -
  24. (兼)矢野寛二 少佐:1939年4月1日 -
  25. 高須賀修 少佐:1939年9月26日 -
  26. 橋本金松 少佐:1940年10月15日 -
  27. 松本正平 大尉:1942年4月10日 -
  28. 春日均 少佐:1943年10月18日 -

脚注[編集]

  1. ^ 『駆逐艦神風』133ページ
  2. ^ 「SS-366, USS HAWKBILL」p.190 、『駆逐艦神風』60ページ
  3. ^ a b c 『戦史叢書46』481ページ
  4. ^ 「SS-366, USS HAWKBILL」p.191 、『駆逐艦神風』61ページ
  5. ^ 『戦史叢書46』481ページ。開戦劈頭に鹵獲したボフォース 40mm機関砲を、この時期の神風に装備していたものと考えられる
  6. ^ 『駆逐艦神風』61ページ
  7. ^ a b 『駆逐艦神風』62ページ
  8. ^ 「SS-366, USS HAWKBILL」p.176 、『駆逐艦神風』62ページ
  9. ^ 「SS-366, USS HAWKBILL」p.177,188
  10. ^ 『駆逐艦神風』60ページ
  11. ^ 『駆逐艦神風』59ページ
  12. ^ 『官報』第3043号、大正11年9月21日。
  13. ^ 『官報』第3102号、大正11年12月2日。
  14. ^ 『官報』第3434号、大正13年2月6日。
  15. ^ a b 『官報』第123号、昭和2年5月30日。
  16. ^ 『官報』第186号、昭和2年8月11日。
  17. ^ 『官報』第279号、昭和2年12月2日。
  18. ^ 『官報』第587号、昭和3年12月11日。
  19. ^ 『官報』第878号、昭和4年12月2日。
  20. ^ 『官報』第2651号、昭和10年11月2日。

参考資料[編集]

  • 雑誌「丸」編集部『ハンディ版 日本海軍艦艇写真集18 駆逐艦 秋月型・松型・橘型・睦月型・神風型・峯風型』光人社、1997年。
  • 防衛研究所戦史室編『戦史叢書46 海上護衛戦』朝雲新聞社、1971年
  • 駆逐艦神風編集委員会『駆逐艦神風』駆逐艦神風出版委員会、1980年
  • 外山操『艦長たちの軍艦史』光人社、2005年。 ISBN 4-7698-1246-9
  • SS-366, USS HAWKBILL(issuuベータ版)