浦賀船渠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

浦賀船渠(うらがせんきょ)は横須賀市浦賀地区にあった造船所。通称浦賀ドック駆逐艦建造で有名である。戦後も艦艇建造を続けたが、2003年に閉鎖された。

1910年の浦賀の様子

概要[編集]

幕府の浦賀造船所[編集]

浦賀での造船の歴史は1853年(嘉永6年)のペリー来航までさかのぼる。この時幕府は大船建造禁止令を解いて浦賀造船所を設置、直ちに軍艦の建造を始め7か月を掛けて国産初の洋式軍艦「鳳凰丸」を建造した。これは浦賀奉行所与力の中島三郎助らに軍艦の建造を命じたことが始まりである。また1859年(安政6年)には日本初のドライドックが完成しアメリカへ向かう咸臨丸の整備が行われている。しかし小栗忠順らにより横須賀港に製鉄所を建設することを決定し(後の横須賀造船所横須賀海軍工廠)、艦艇建造の中心は横須賀へ移り、浦賀造船所は1876年(明治9年)に閉鎖された。

浦賀船渠[編集]

1894年(明治27年)に中島三郎助の意志を継ぎ、荒井郁之助榎本武揚塚原周造が中心となり、1897年(明治30年)に浦賀船渠が設立され、かつての浦賀造船所と同じ場所に工場が建設された。同時期に同じ浦賀に建設された東京石川島造船所の浦賀分工場との間で、艦船建造・修理の受注合戦が繰り広げられたという。この競争はダンピング合戦を生み、両社の経営を悪化させた。ほどなくして石川島の浦賀分工場を浦賀船渠が買収、自社工場とすることで決着した。

艦艇建造[編集]

石川島との競争やフィリピンへの砲艦輸出が不調となるなど当初は経営が思わしくなく、渋沢栄一浅野総一郎などが再建に手を差し伸べた。1912年(明治45年)に就任した第5代社長によりようやく経営が安定した。その後の第一次世界大戦の好況もあり経営は立ち直った。

艦艇建造は日露戦争時の横須賀工廠からの艦載水雷艇の受注に始まる。1907年(明治40年)に初めて駆逐艦「長月」を建造した。その後も小艦艇建造を中心的業務としており、特に駆逐艦建造で有名だった。大阪にあった藤永田造船所と共に駆逐艦建造の名門であり「西の藤永田、東の浦賀」と呼ばれていた(軽巡洋艦 2隻、駆逐艦 44隻、海防艦 11隻+2隻未完)。

また1924年(大正13年)に国内初の旅客兼車両渡船(鉄道連絡船)として青函連絡船翔鳳丸」、「飛鸞丸」を竣工させた。両船の就航後の成績は良好で、その後も多くの青函連絡船を浦賀で建造することとなった。

戦後[編集]

戦後も自衛艦艇建造を続け、米空母ミッドウェイの大規模改修、日本丸建造なども行われた。住友機械工業と合併した際、追浜造船所(現横須賀造船所)を開設、民間船建造はこちらに移った。浦賀地区は工場集約のため2003年(平成15年)に閉鎖された。

現在、浦賀船渠の第1号ドック(通称浦賀ドック)は世界に4か所にしか現存していないレンガ積みドライドックのうちのひとつである。国内でも明治期のものは浦賀ドックと川間ドック跡しかなく、両者とも貴重な文化遺産である。

関連会社、造船所[編集]

  • 大日本兵器(株)
1936年(昭和11年)にスイスエリコン社航空機用20mm機銃で技術提携、横浜市磯子区に富岡兵器製作所を設立し技術指導を仰いだ。1938年(昭和13年)に分離独立し大日本兵器(株)となる。戦後は日平産業と改称し機械メーカーとなる。後にトヤマキカイと合併し、「日平トヤマ」を経て2008年10月より「コマツNTC」ヘ。
  • 青島工廠
1938年(昭和13年)に海軍より青島旧海軍工廠の経営を委託される。終戦により中国軍が接収する。
  • 名古屋造船(株)
1941年(昭和16年)6月、大同製鋼と共同出資し設立。1964年(昭和39年)に石川島播磨重工業に吸収合併される。現IHI愛知工場。
  • 四日市造船所
戦時中の船舶不足により、大型商船建造のため産業設備営団が施設を建設し民間で経営する方式で造船所を建設。全国の4箇所で建造され(残りは三井造船安芸津、三菱重工業広島、日立造船神奈川)、四日市では年間10万総トンを予定する。1944年(昭和19年)3月に設備一部完成により開設。1945年(昭和20年)1月に第1船「鉄山丸」を起工するが6月の空襲による火災で造船所は焼失、1隻も竣工することなく9月に閉鎖された。「鉄山丸」のみ戦後に浦賀で工事を続行し1947年(昭和22年)に竣工した。

沿革[編集]

  • 浦賀造船所
    • 1853年(嘉永6年) 幕府が浦賀造船所を設置
    • 1854年(安政元年) 「鳳凰丸」竣工
    • 1859年(安政6年) 日本初のドライドック建造、咸臨丸の整備が行われる
    • 1873年(明治6年) 水兵練習所を設置
    • 1876年(明治9年) 浦賀造船所廃止
    • 1885年(明治18年) 水兵練習所を浦賀屯営と改称
    • 1889年(明治22年) 浦賀屯営閉鎖、陸軍要塞砲兵幹部練習所となる。
  • 浦賀船渠
    • 1895年(明治28年) 10月に東京石川島造船所が浦賀に分工場の建設開始
    • 1898年(明治29年) 5月 陸軍要塞砲兵幹部練習所敷地を取得
      • 9月28日 創業総会
    • 1897年(明治30年) 2月 ドックの建設開始
      • 6月21日 浦賀船渠設立登記
    • 1898年(明治31年) 11月 東京石川島造船所浦賀分工場の操業開始
    • 1899年(明治32年) 11月 1号ドック完成
    • 1900年(明治33年) 1月 浦賀船渠の営業開始
      • 6月10日 新造第1船竣工
    • 1902年(明治35年) 8月 東京石川島造船所浦賀分工場を買収、川間分工場とする。
    • 1907年(明治40年) 浦賀で初の駆逐艦「長月」竣工
    • 1923年(大正12年) 7月 軽巡洋艦「五十鈴」竣工
    • 1924年(大正13年) 初の青函連絡船「翔鳳丸」竣工
    • 1925年(大正14年) 5月 軽巡洋艦「阿武隈」竣工
    • 1938年(昭和13年) 大日本兵器(株)設立。青島工廠の経営を委託される
    • 1943年(昭和18年) 2月25日 W型戦時標準船のモデル船として第四青函丸竣工
    • 1944年(昭和19年) 四日市造船所開設。翌年9月閉鎖
    • 1945年(昭和20年) 9月28日 第十一青函丸が戦後竣工第1船となる
    • 1948年(昭和23年) 8月31日 戦後初の旅載青函連絡船として「摩周丸」竣工、際立った豪華さを誇った
      子会社として玉島ディゼル工業(株)を岡山県に設立、船舶用ディーゼルエンジンの製作
    • 1955年(昭和30年) 敷設艇えりも竣工(戦後初の自衛艦建造)
    • 1961年(昭和36年) 記念館三笠修復工事完了
    • 1962年(昭和37年) 玉島ディゼル工業と浦賀船渠が合併、浦賀重工業となる
  • その後
    • 1969年(昭和44年) 6月 住友機械工業と合併し住友重機械工業浦賀造船所となる
    • 1971年(昭和46年) 追浜造船所(現横須賀造船所)開設
    • 1978年(昭和53年) 川間分工場は新造船から撤退、橋梁専門工場とする
    • 1984年(昭和59年) 日本丸竣工
    • 1984年(昭和59年) 川間分工場閉鎖。跡地は現在マリーナ
    • 2003年(平成15年) 3月12日、浦賀で最後の建造となる護衛艦たかなみ」竣工
      • 3月31日 浦賀工場閉鎖

主な製品[編集]

艦船[編集]

戦前[編集]

戦後[編集]

その他の製品[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]