潮 (吹雪型駆逐艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Ushio II.jpg
艦歴
建造者 浦賀船渠
運用者  大日本帝国海軍
発注 昭和2年度艦艇補充計画
起工 1929年12月24日
進水 1930年11月17日
就役 1931年11月14日
除籍 1945年9月15日
除籍後 1948年解体
主要諸元
艦種 駆逐艦
艦級 吹雪型
排水量 基準:1,680t 公試:1,980t
全長 118m (水線長:115.3m)
全幅 10.36m
吃水 3.2m
機関 ロ号艦本式缶4基
艦本式タービン2基2軸
機関出力 50,000hp
速力 38.0ノット
航続距離 14ktで5,000浬
乗員 219名(もしくは220名)
兵装 50口径12.7cm連装砲 3基6門
13mm単装機銃 2挺
61cm3連装魚雷発射管 3基
その他 計画時の諸元
テンプレートを表示

(うしお / うしほ)は日本海軍駆逐艦吹雪型(特型)の20番艦(特II型の10番艦)である。この名を持つ日本海軍の艦船としては神風型駆逐艦 (初代)「潮」に続いて2隻目。

艦歴[編集]

浦賀船渠で建造。一等駆逐艦に類別された。11月17日日に進水[1]。竣工後、第7駆逐隊に編入。

1932年(昭和7年)、第一次上海事変において長江水域の作戦に参加。

日中戦争に際して、1937年(昭和12年)以降、上海杭州湾上陸作戦、仏印の作戦に参加。

太平洋戦争大東亜戦争)では、第七駆逐艦隊旗艦(司令・小西要中佐)として開戦直後の1941年(昭和16年)12月8日、ミッドウェー島砲撃に参加[2]。これは真珠湾攻撃を行った南雲機動部隊の退避を行うための囮作戦であった[3]。潮は駆逐艦「」とともに11月28日に館山湾を出航[4]。砲撃では潮は12.7センチ砲弾108発を発射した[5]。砲撃後給油艦「尻矢」と合流して補給を受け、12月21日に日本に帰投した[5]。12月30日、豊後水道沖に米潜水艦出現との緊急連絡を受けて作戦行動中、桂島錨地にて、水深25mで起爆する爆雷を誤って投下した[6]。爆発は起こらず爆雷は放置された。後年、「潮」に乗艦していた大高(通信兵)は戦艦陸奥」の爆沈がこの爆雷によるものではないかと推理している[7]。12月31日、室戸岬沖400浬で対潜哨戒中[8]、ナチスドイツ仮装巡洋艦「ホルスト号」と遭遇し、神戸港まで護衛した[9]

日本海軍は「潮」に対し、南方進攻作戦に参加するよう命じた。1942年(昭和17年)2月27日、スラバヤ港沖北東60浬で重巡洋艦「妙高」、「足柄」、第一水雷戦隊、第四水雷戦隊と共に陸軍今村兵団と海軍陸戦隊が搭乗する輸送船50隻を護衛中、連合軍艦隊と遭遇する[10]。これがスラバヤ沖海戦の始まりだった。「潮」は魚雷9本を発射したが戦果はなく、前部煙突を半分ほど吹き飛ばされた[11]。3月2日午前5時49分、パウエマン島西73海里で浮上航行中のアメリカ潜水艦パーチを発見、潮は潜航したパーチに対して爆雷攻撃を実施した[12]。3月3日午前6時52分に前日の爆雷攻撃で損傷し浮上航行中のパーチを再び発見し、攻撃[13]。パーチは沈没し、潮はパーチ乗員を救助し捕虜とした[14]。捕虜は同日中に病院船天応丸に移された[14]

日本軍の東南アジア占領後、「潮」は珊瑚海海戦に参加した。5月8日、空母「翔鶴」を護衛中、同艦は米軍艦載機SBDドーントレス急降下爆撃機の攻撃により被弾、中破する。「潮」はカタログスペックを超える40ノットを発揮して戦場を離脱する「翔鶴」を追ったが、「翔鶴」は40ノットの「潮」を引き離したという[15]。「潮」は「翔鶴」を護衛して日本に戻った。ミッドウェー海戦には、アリューシャン攻略部隊として参加する。ミッドウェー海戦の敗北後は南方ショートランド基地に進出した[16]。8月の米軍ガダルカナル島上陸では、第七駆逐隊を率いて8月8日午前1時にルンガ沖に突入したが[17]、米軍輸送船団はツラギに退避していたため、空振りに終わった[18]。第八艦隊が再度突入して第一次ソロモン海戦が勃発したのは翌日のことである。1943年には、トラック泊地から日本に戻る戦艦「陸奥」を護衛した[19]

その後、レイテ沖海戦に参加し、海上護衛・輸送作戦に従事。1944年(昭和19年)11月13日、マニラ湾で空襲を受け損傷。12月7日に応急修理を完了し内地に回航された。横須賀港に帰投し、主機損傷のためそのまま係留され、行動不能の状態で終戦を迎えた。

1945年(昭和20年)9月に除籍となり、1948年(昭和23年)に解体された。

歴代艦長[編集]

※『艦長たちの軍艦史』287-288頁による。

艦首側面

艤装員長[編集]

  • 武田喜代吾 中佐:1931年4月1日 -
  • 田中頼三 中佐:1931年10月31日 -

駆逐艦長[編集]

  • 田中頼三 中佐:1931年11月14日 -
  • 稲垣義龝 中佐:1932年12月5日 -
  • 木村進 中佐:1933年11月15日 -
  • 成田茂一 少佐:1934年11月15日 -
  • 森可久 少佐:1935年3月15日 -
  • 大江覧治 中佐:1937年12月1日 -
  • 柳川正男 中佐:1938年12月15日 -
  • 矢野寛二 少佐:1940年10月15日 -
  • 上杉義男 中佐:1941年10月1日 -
  • 神田武夫 中佐:1943年1月20日 -
  • 荒木政臣 少佐:1943年7月3日 -
  • 佐藤文雄 少佐:1945年3月30日 - ※1945年6月10日より予備艦

脚注[編集]

  1. ^ 「進水」pp.12
  2. ^ 大高『第七駆逐隊海戦記』152頁
  3. ^ 大高『第七駆逐隊海戦記』146頁
  4. ^ 図説 太平洋海戦史 第1巻、95ページ
  5. ^ a b 図説 太平洋海戦史 第1巻、96ページ
  6. ^ 大高『第七駆逐隊海戦記』165頁
  7. ^ 大高『第七駆逐隊海戦記』166頁「陸奥爆沈の珍事実」
  8. ^ 大高『第七駆逐隊海戦記』169頁
  9. ^ 大高『第七駆逐隊海戦記』171-172頁
  10. ^ 大高『第七駆逐隊海戦記』173-174頁
  11. ^ 大高『第七駆逐隊海戦記』186頁
  12. ^ 潜水艦攻撃、44ページ
  13. ^ 潜水艦攻撃、44-45ページ
  14. ^ a b 潜水艦攻撃、45ページ
  15. ^ 大高『第七駆逐隊海戦記』249頁
  16. ^ 大高『第七駆逐隊海戦記』285頁
  17. ^ 大高『第七駆逐隊海戦記』286頁
  18. ^ 大高『第七駆逐隊海戦記』290頁
  19. ^ 大高『第七駆逐隊海戦記』315頁

参考文献[編集]

  • 雑誌「丸」編集部『ハンディ版 日本海軍艦艇写真集16 駆逐艦 吹雪型[特型]』光人社、1997年。
  • 外山操『艦長たちの軍艦史』光人社、2005年。 ISBN 4-7698-1246-9
  • 海軍歴史保存会編『日本海軍史』第7巻、発売:第一法規出版、1995年。
  • 大高勇治『第七駆逐隊海戦記 生粋の駆逐艦乗りたちの戦い』(光人社NF文庫、2010年) ISBN 978-4-7698-2646-0
  • 外山三郎、『図説 太平洋海戦史 写真と図版で見る日米戦争 第1巻』、光人社、1995年、ISBN 4-7698-0709-0
  • 木俣滋郎、『潜水艦攻撃』、光人社、2000年、ISBN 4-7698-2289-8