日進 (水上機母艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
全力運転公試中の日進
艦歴
計画 1937年 (マル3計画)
起工 1938年11月2日呉工廠
進水 1939年11月30日
就役 1942年2月27日竣工
その後 1943年7月22日戦没
除籍 1943年9月10日
性能諸元 (計画)[1]
排水量 基準:11,317t 公試:12,500t
全長 (水線長:188m)
全幅 19.7m
吃水 7m (公試平均)
主缶 なし
主機 13号10型ディーゼル4基、13号2型ディーゼル2基2軸 47,000hp
速力 28kt
航続距離 8,000 NM / 16kt (重油1,200t)
乗員
兵装
(竣工時)
50口径14cm連装砲3基
25mm3連装機銃8基
甲標的12隻
航空機 水上機12機(射出機2基)
補給用重油:1,650t
水上機母艦「日進」。1942年の竣工時(甲標的母艦)の艦型図。

日進(にっしん)は、日本海軍水上機母艦

概要[編集]

千歳型、「瑞穂」とほぼ同じ目的、艦形であるが、本艦は機雷700個を搭載する敷設艦として計画された。そのため備砲は高角砲の代わりに14cm連装砲3基となっている。しかし起工後に水上機母艦に変更され、進水後、更に甲標的母艦に変更となって完成した。

射出機は当時の標準的な射出機である呉式2号5型ではなく1式2号11型が装備された。これは特殊水偵(「紫雲」)の搭載を予定していたためである。

大戦中は本来の甲標的母艦として活躍する機会はなく高速輸送艦として多くの輸送任務に従事した。1943年7月22日、ブイン輸送作戦従事中に、ブーゲンビル島沖で米軍機の爆撃を受け沈没した。生存者は護衛していた駆逐艦「磯風」に救助された[2]

艦歴[編集]

  • 1938年11月2日 呉海軍工廠にて起工
  • 1939年11月30日 進水
  • 1942年2月27日 竣工 水上機母艦に類別
  • 1943年7月22日 戦没
    • 9月10日 除籍

歴代艦長[編集]

※『艦長たちの軍艦史』190-191頁、『日本海軍史』第9巻・第10巻の「将官履歴」に基づく。

艤装員長[編集]

  1. 駒沢克己 大佐:1941年10月15日 - 1942年1月28日

艦長[編集]

  1. 駒沢克己 大佐:1942年1月28日 -
  2. 伊藤尉太郎 大佐:1942年12月5日 - 1943年7月22日戦死

脚注[編集]

  1. ^ 性能諸元の値は水上機母艦としての計画値。兵装、航空機のみ竣工時。
  2. ^ 井上理二『駆逐艦磯風と三人の特年兵』(光人社、1999年)113~114頁

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 雑誌「丸」編集部『写真 日本の軍艦 第4巻 空母Ⅱ』光人社、1989年。
  • 海軍歴史保存会『日本海軍史』第7巻、第9巻、第10巻、第一法規出版、1995年。
  • 外山操『艦長たちの軍艦史』光人社、2005年。 ISBN 4-7698-1246-9