スティールヘッド (潜水艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
USS Steelhead;0828001.jpg
艦歴
発注
起工 1942年6月1日[1]
進水 1942年9月11日[1]
就役 1942年12月7日[1]
退役 1946年6月29日[1]
除籍 1960年4月1日[1]
その後 1960年12月21日にスクラップとして売却[1]
性能諸元
排水量 1,525トン(水上)[2]
2,424トン(水中)[2]
全長 307 ft (93.6 m)(水線長)
311 ft 9 in (95.02m)(全長)[2]
全幅 27.3 ft (8.31 m)[2]
吃水 17.0 ft (5.2 m)(最大)[2]
機関 フェアバンクス・モース38D8 1/8型9気筒6,500馬力ディーゼルエンジン 4基[2]
ゼネラル・エレクトリック2,740馬力発電機2基[2]
最大速 水上:21 ノット (39 km/h)[3]
水中:9 ノット (17 km/h)[3]
航続距離 11,000カイリ(10ノット時)
(19 km/h 時に 20,000 km)[3]
試験深度 300 ft (90 m)[3]
巡航期間 潜航2ノット (3.7 km/h) 時48時間、哨戒活動75日間[3]
乗員 (平時)士官6名、兵員54名[3]
兵装 (竣工時)3インチ砲1基、機銃4基
(1945年5月)5インチ砲1基、40ミリ機関砲2基[4]
21インチ魚雷発射管10基

スティールヘッド (USS Steelhead, SS-280) は、アメリカ海軍潜水艦ガトー級潜水艦の一隻。艦名はニジマスに因む。

艦歴[編集]

スティールヘッドは1942年6月1日にメイン州キタリーポーツマス海軍造船所で起工する。1942年9月11日にマーギュライト・ブラウン夫人によって進水し、艦長デヴィッド・L・ウェルシェル少佐(アナポリス1930年組)の指揮下1942年12月7日に就役する。スティールヘッドはロングアイランド沖で1942年12月から1943年1月まで整調を行う。2月に太平洋に向けて出航し、4月8日に真珠湾に到着し、訓練に従事した。訓練後スティールヘッドはミッドウェー島に回航され燃料を補給した。

第1の哨戒 1943年4月 - 6月[編集]

4月25日、スティールヘッドは最初の哨戒で日本近海に向かった。5月9日23時30分ごろ、スティールヘッドは室蘭日本製鐵輪西製鐵所に対して艦砲射撃をすべく浮上し、約30発もの砲弾を撃ち込んだ[5][6]。しかし、実際に砲撃した場所は室蘭の北東にある幌別村であり、海岸から約6キロ離れた時点に着弾したが、大した効果はなかった[7]。5月12日未明には、北緯42度07分 東経143度21分 / 北緯42.117度 東経143.350度 / 42.117; 143.350付近の襟裳岬沖に12個の機雷を敷設し[8][9]、5月31日にも北緯41度57分 東経143度19分 / 北緯41.950度 東経143.317度 / 41.950; 143.317付近の海域に機雷を敷設して「補強」した[10][11]。この哨戒ではスティールヘッドは魚雷を1度も発射することはなかった[12]。6月9日、スティールヘッドは49日間の行動を終えてミッドウェー島に帰投した[10]

第2の哨戒 1943年6月 - 9月[編集]

6月30日、スティールヘッドは2回目の哨戒でトラック諸島方面に向かった。7月10日夜、スティールヘッドはハリバット (USS Halibut, SS-232) およびポーギー (USS Pogy, SS-266) とともに哨戒中、北緯10度21分 東経150度49分 / 北緯10.350度 東経150.817度 / 10.350; 150.817のトラック諸島北方170海里の地点で5つの目標を発見する[13]九九式艦上爆撃機27機と零戦45機を輸送中の空母雲鷹[14]特設巡洋艦愛国丸大阪商船、10,438トン)に対してスティールヘッドは魚雷を5本発射し、うち3本が命中するような音が聞こえた[15]。しかし、この戦闘ではハリバットが愛国丸を撃破しただけに終わった[14][16]。7月15日には北緯08度31分 東経151度30分 / 北緯8.517度 東経151.500度 / 8.517; 151.500の地点で、2隻の最上型重巡洋艦と目される目標を発見したが、振り切られた[17]。8月5日未明、スティールヘッドは北緯08度17分 東経149度54分 / 北緯8.283度 東経149.900度 / 8.283; 149.900の地点でレーダーにより複数の目標を探知[18]。やがて「3隻の城のような艦」を含む日本艦隊を発見し、魚雷を戦艦武蔵に対して4本、雲鷹に対して6本発射した[18]。やがて2本が爆発する音が聞こえ、ウェルシェル艦長は「おそらく雲鷹に2本命中」と判断した[19]。しかし、実際には魚雷は早期爆発を起こして雲鷹にも武蔵にも命中しなかった[20]駆逐艦が爆雷攻撃を実施したが、スティールヘッドの艦体を揺さぶっただけだった。スティールヘッドはその後もう一度攻撃しようと接近を試みたが、艦隊は猛スピードで去っていき、攻撃できなかった。3時45分にはレーダーからも消え去った[18][21]。8月16日、スティールヘッドは47日間の行動を終えて真珠湾に帰投[22]。修理を行った。

第3、第4、第5の哨戒 1943年12月 - 1944年6月[編集]

9月12日、スティールヘッドは3回目の哨戒でギルバート諸島に向かった[23]。9月19日から23日までは、タラワに爆撃を行った陸軍機の救助支援任務に当たった[24]。9月24日に一旦ジョンストン島に引き返し燃料を補給した後、翌25日に改めてパラオ方面に向かった[25]。10月6日未明、スティールヘッドは北緯10度28分 東経142度29分 / 北緯10.467度 東経142.483度 / 10.467; 142.483のトラック諸島北西方で特務艦風早を発見した[25]。スティールヘッドは風早に対して魚雷を4本発射し、2本を命中させたと判断するが、風早が撃ち返してきたため息をひそめなければならなかった[25]。スティールヘッドは近くにいたティノサ (USS Tinosa, SS-283) と交信して呼び寄せ[26]、最終的にティノサが風早を撃沈したものの、撃沈のきっかけを作ったのはスティールヘッドであった[注釈 1]。10月21日未明には、北緯08度25分 東経141度50分 / 北緯8.417度 東経141.833度 / 8.417; 141.833ウルシー環礁南東150海里地点で2隻の特設運送船、國川丸川崎汽船、6,863トン)と五洲丸(五洋商船、8,592トン)、駆逐艦太刀風からなる輸送船団を発見[27][28]。魚雷を3本発射し、うち2本が五洲丸の右舷に命中して火災を発生させた[16][29]。11月3日未明、スティールヘッドは北緯05度58分 東経134度49分 / 北緯5.967度 東経134.817度 / 5.967; 134.817の地点で輸送船団を発見し、魚雷を6本発射したが、爆発は確認しなかった[30]。護衛艦の反撃をやり過ごして浮上したが、午後に入って別の7隻の輸送船団を発見し、夕方になって魚雷を計7本発射したが、これも命中しなかった[31]。追跡は11月4日に続き、午後に北緯05度01分 東経139度58分 / 北緯5.017度 東経139.967度 / 5.017; 139.967の地点で魚雷を4本発射するも、この攻撃も成功しなかった[32]。11月25日、スティールヘッドは72日間の行動を終えて真珠湾に帰投した[33]

12月25日、スティールヘッドは4回目の哨戒で日本近海に向かった[34]。1944年1月10日、スティールヘッドは北緯31度42分 東経137度50分 / 北緯31.700度 東経137.833度 / 31.700; 137.833の地点でレーダーにより3隻の輸送船と2隻の護衛艦を探知[35]。魚雷を4本発射し、1本が特設工作艦山彦丸(山下汽船、6,799トン)に命中[36]。山彦丸は大破し、僚船山国丸(山下汽船、6,921トン)に曳航されて八丈島八重根湾に到着するが、1月11日に風浪圧により被雷箇所から船体切断、前部が沈没。残った後部も1月13日に沈没した[37][38]。スティールヘッドはさらなる攻撃を加えようとしたが、爆雷攻撃に阻まれた[39]。その後、スティールヘッドは豊後水道方面を哨戒したが、1月26日に病院船を見ただけで戦果はなかった[40]。帰投中の2月14日未明、スティールヘッドのレーダーは北緯31度30分 東経143度24分 / 北緯31.500度 東経143.400度 / 31.500; 143.400の地点で複数の目標を探知、追跡の末に夜に入って北緯30度39分 東経142度25分 / 北緯30.650度 東経142.417度 / 30.650; 142.417の地点で魚雷を6本発射[41]。8つの爆発音が聞こえたが、命中音は聞こえなかった[42]。2月15日未明にも魚雷を4本発射したが、こちらも音沙汰なしであった[43]。2月20日、スティールヘッドは61日間の行動を終えてミッドウェー島に帰投した[44]

3月22日、スティールヘッドは5回目の哨戒で東シナ海台湾近海に向かった[45]。4月17日夜にバーブ (USS Barb, SS-220) とともに沖大東島の建物に対して艦砲射撃を行い[46]、4月30日には北緯26度10分 東経125度34分 / 北緯26.167度 東経125.567度 / 26.167; 125.567の地点で300トン級トロール船を発見し、3インチ砲と20ミリ機銃による攻撃で撃ち沈めた[47]。5月23日、スティールヘッドは62日間の行動を終えてミッドウェー島に帰投した。

第6、第7の哨戒 1944年6月 - 1945年8月[編集]

6月17日、スティールヘッドは6回目の哨戒でハンマーヘッド (USS Hammerhead, SS-364) およびパーチー (USS Parche, SS-384) とウルフパックを構成しルソン海峡方面に向かった。7月8日夜、スティールヘッドは北緯18度05分 東経120度08分 / 北緯18.083度 東経120.133度 / 18.083; 120.133の地点で30トン級の小舟に対して機銃掃射を行った[48]。7月30日から、ハンマーヘッドとパーチーが盛んに目標を探知し[49]、翌7月31日未明、スティールヘッドはルソン島沿岸に向かうミ11船団を発見した[50]。3時30分にパーチーの攻撃でタンカー光栄丸(日東汽船、10,238トン)を撃沈したあと[51][52]、3時40分にスティールヘッドが北緯18度57分 東経120度50分 / 北緯18.950度 東経120.833度 / 18.950; 120.833の地点で、艦首と艦尾の発射管から魚雷を計10本発射[53]。1隻の輸送船に1本が命中するのを確認したが、艦尾発射管からの魚雷は成果を挙げなかったとした[53]。スティールヘッドはパーチーと連絡を取り合って新たな目標を探し出し、最初と二度目の攻撃から1時間経ってから三度目と四度目の攻撃で魚雷を4本ずつ発射し、爆発をいくつか確認する[54]。パーチーからは「4隻の輸送船が沈んだ」との報告もあった[55]。スティールヘッドの攻撃は以上で終わり、朝方には南の方角に逃げていくミ11船団を確認した[56]。ミ11船団に対する攻撃で、スティールヘッドは最初の攻撃で1万トン級タンカーと7,500トン級輸送船各1隻撃破[57]、二度目の攻撃は撃破した7,500トン級輸送船を攻撃も失敗[58]、三度目の攻撃は1万トン級輸送船撃沈[59]、最後の四度目の攻撃では5,500トン級輸送船の撃沈を報じた[60]。のちに陸軍輸送船扶桑丸(大阪商船、8,196トン)を撃沈して陸軍輸送船だかあ丸(日本郵船。7,169トン)を撃破したと認定された[61][注釈 2]。陸軍輸送船吉野丸日本郵船、8,990トン)の撃沈は、パーチーも吉野丸に魚雷を命中させたと主張してきたため、吉野丸撃沈はスティールヘッドとパーチーの共同戦果となった[62]。8月16日、スティールヘッドは60日間の行動を終えて真珠湾に帰投した。

スティールヘッドはサンフランシスコに回航され、ハンターズ・ポイント海軍造船所オーバーホールに入ったが、オーバーホール中の10月1日に火災事故が発生し、焼けた司令塔を交換する大きな損傷を受けた[4]。オーバーホールが終わったスティールヘッドは、1945年4月16日にサンフランシスコを出航し真珠湾に回航された。艦長がロバート・B・バイネス少佐(アナポリス1938年組)に代わった。

5月13日、スティールヘッドは7回目の哨戒でトラック諸島方面に向かった[63]。トラック方面でパイロット救助支援任務に費やした後、6月8日にグアムアプラ港に寄港して補給を行い、今度は日本近海でB-29クルーに対する支援任務を行った[64]。この哨戒では、魚雷はついに発射しなかった。その代わり、7月1日に北緯33度23分 東経135度47分 / 北緯33.383度 東経135.783度 / 33.383; 135.783潮岬近海で2隻の50トン級トロール船を浮上砲戦で撃沈し、1隻の50トン級ジャンクを破壊した[65]。8月3日、スティールヘッドは74日間の行動を終えてミッドウェー島に帰投[66]。8月15日の終戦も同島で迎えた。

戦後[編集]

スティールヘッドは8月25日にミッドウェー島を出航し、9月5日にサンフランシスコに到着した。その後は1946年1月2日まで西海岸のソナー学校での任務に従事する。任務終了後は真珠湾に向かい、3月まで活動した後サンフランシスコに帰還し不活性化の準備に入る。スティールヘッドは1946年6月29日に予備役となり、大西洋予備役艦隊入りする。1947年5月に予備役訓練艦としての任務が命じられ、1960年4月1日に除籍されるまで訓練任務に従事した。

スティールヘッドは第二次世界大戦の戦功で6個の従軍星章を受章した。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ この経緯から、風早撃沈はスティールヘッドとティノサの共同戦果となっている(#Roscoe p.564)。
  2. ^ だかあ丸は9月22日に空襲により沈没(#駒宮 (1987) p.209)。#Roscoe p.556 では撃沈扱いとしている。本項では#駒宮 (1987) p.209 に拠り修正した。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f #Friedman pp.285-304
  2. ^ a b c d e f g #Bauer
  3. ^ a b c d e f #Friedman pp.305-311
  4. ^ a b #SS-280, USS STEELHEAD p.216
  5. ^ #SS-280, USS STEELHEAD p.14
  6. ^ #大警1806 p.36
  7. ^ #大警1806 p.34, pp.36-37
  8. ^ #SS-280, USS STEELHEAD p.15
  9. ^ #Roscoe p.511
  10. ^ a b #SS-280, USS STEELHEAD p.21
  11. ^ #Roscoe p.512
  12. ^ #SS-280, USS STEELHEAD p.25
  13. ^ #SS-280, USS STEELHEAD p.37
  14. ^ a b #木俣空母 p.498
  15. ^ #SS-280, USS STEELHEAD p.38
  16. ^ a b Chapter V: 1943” (英語). The Official Chronology of the U.S. Navy in World War II. HyperWar. 2012年10月3日閲覧。
  17. ^ #SS-280, USS STEELHEAD p.39
  18. ^ a b c #SS-280, USS STEELHEAD p.45
  19. ^ #SS-280, USS STEELHEAD p.51
  20. ^ #木俣空母 p.502
  21. ^ #Blair pp.434-435
  22. ^ #SS-280, USS STEELHEAD p.46
  23. ^ #SS-280, USS STEELHEAD p.70
  24. ^ #SS-280, USS STEELHEAD pp.268-290
  25. ^ a b c #SS-280, USS STEELHEAD p.71
  26. ^ #SS-280, USS STEELHEAD p.72
  27. ^ #SS-280, USS STEELHEAD p.74
  28. ^ #国川丸 p.42
  29. ^ #国川丸 pp.42-43
  30. ^ #SS-280, USS STEELHEAD p.78
  31. ^ #SS-280, USS STEELHEAD pp.79-80, pp.92-93
  32. ^ #SS-280, USS STEELHEAD pp.80-81
  33. ^ #SS-280, USS STEELHEAD p.84
  34. ^ #SS-280, USS STEELHEAD p.109
  35. ^ #SS-280, USS STEELHEAD p.110
  36. ^ #SS-280, USS STEELHEAD pp.110-111
  37. ^ 山下汽船の所有船舶 - 昭和初期” (日本語). なつかしい日本の汽船. 長澤文雄. 2012年10月3日閲覧。
  38. ^ 山国丸は浮いていた山彦丸の後部を曳航すべく周囲を旋回していたが、1月14日にソードフィッシュ (USS Swordfish, SS-193) の攻撃を受けて沈没した。
  39. ^ #SS-280, USS STEELHEAD p.111
  40. ^ #SS-280, USS STEELHEAD p.113
  41. ^ #SS-280, USS STEELHEAD p.116
  42. ^ #SS-280, USS STEELHEAD pp.124-125
  43. ^ #SS-280, USS STEELHEAD p.117
  44. ^ #SS-280, USS STEELHEAD p.118
  45. ^ #SS-280, USS STEELHEAD p.136
  46. ^ #SS-280, USS STEELHEAD pp.139-140, p.152
  47. ^ #SS-280, USS STEELHEAD p.143,153,161
  48. ^ #SS-280, USS STEELHEAD p.173,203
  49. ^ #SS-280, USS STEELHEAD pp.182-185
  50. ^ #SS-280, USS STEELHEAD pp.185-186
  51. ^ #Roscoe p.543
  52. ^ #駒宮 (1987) p.208
  53. ^ a b #SS-280, USS STEELHEAD p.186
  54. ^ #SS-280, USS STEELHEAD pp.187-188
  55. ^ #SS-280, USS STEELHEAD p.187
  56. ^ #SS-280, USS STEELHEAD p.189
  57. ^ #SS-280, USS STEELHEAD pp.197-198
  58. ^ #SS-280, USS STEELHEAD pp.198-199
  59. ^ #SS-280, USS STEELHEAD pp.200-201
  60. ^ #SS-280, USS STEELHEAD pp.201-202
  61. ^ #Roscoe p.556,564
  62. ^ #Roscoe p.564
  63. ^ #SS-280, USS STEELHEAD p.218
  64. ^ #SS-280, USS STEELHEAD p.224,226
  65. ^ #SS-280, USS STEELHEAD p.230,252
  66. ^ #SS-280, USS STEELHEAD p.238

参考文献[編集]

  • (issuu) SS-280, USS STEELHEAD. Historic Naval Ships Association. http://issuu.com/hnsa/docs/ss-280_steelhead?mode=a_p. 
  • アジア歴史資料センター(公式)(防衛省防衛研究所)
    • Ref.C08030505200 『自昭和十八年五月一日 至昭和十八年五月三十一日 大湊警備府戦時日誌』。
    • Ref.C08030651500 『昭和十八年十一月十五日 運送船国川丸戦闘詳報第六号』。
  • Roscoe, Theodore. United States Submarine Operetions in World War II. Annapolis, Maryland: Naval Institute press. ISBN 0-87021-731-3. 
  • 財団法人海上労働協会(編) 『復刻版 日本商船隊戦時遭難史』 財団法人海上労働協会/成山堂書店、2007年(原著1962年)。ISBN 978-4-425-30336-6
  • 日本郵船戦時船史編纂委員会 『日本郵船戦時船史』上、日本郵船、1971年
  • 防衛研究所戦史室編 『戦史叢書62 中部太平洋方面海軍作戦(2)昭和十七年六月以降』 朝雲新聞社1973年
  • Blair,Jr, Clay (1975). Silent Victory The U.S.Submarine War Against Japan. Philadelphia and New York: J. B. Lippincott Company. ISBN 0-397-00753-1. 
  • 木俣滋郎 『日本空母戦史』 図書出版社、1977年
  • 木俣滋郎 『日本戦艦戦史』 図書出版社、1983年
  • 駒宮真七郎 『戦時輸送船団史』 出版協同社、1987年ISBN 4-87970-047-9
  • 木俣滋郎 『敵潜水艦攻撃』 朝日ソノラマ1989年ISBN 4-257-17218-5
  • Bauer, K. Jack; Roberts, Stephen S. (1991). Register of Ships of the U.S. Navy, 1775-1990: Major Combatants. Westport, Connecticut: Greenwood Press. pp. 271-273. ISBN 0-313-26202-0. 
  • Friedman, Norman (1995). U.S. Submarines Through 1945: An Illustrated Design History. Annapolis, Maryland: United States Naval Institute. ISBN 1-55750-263-3. 
  • 野間恒 『商船が語る太平洋戦争 商船三井戦時船史』 野間恒(私家版)、2004年
  • 林寛司(作表)、戦前船舶研究会(資料提供)「特設艦船原簿/日本海軍徴用船舶原簿」、『戦前船舶』第104号、戦前船舶研究会、2004年、 92-240頁。

外部リンク[編集]