ガンネル (潜水艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
USS Gunnel (SS-253).jpg
艦歴
発注
起工 1941年7月21日[1]
進水 1942年5月27日[1]
就役 1942年8月20日[1]
退役 1946年5月18日[2]
除籍 1958年9月1日[2]
その後 1959年12月にスクラップとして売却[2]
性能諸元
排水量 1,525トン(水上)[3]
2,424トン(水中)[3]
全長 307 ft (93.6 m)(水線長)
311 ft 9 in (95.02m)(全長)[3]
全幅 27.3 ft (8.31 m)[3]
吃水 17.0 ft (5.2 m)(最大)[3]
機関 ホーヴェン=オーエンス=レントシュラー(H.O.R.)ディーゼルエンジン 4基
(換装後)ゼネラル・モーターズ278A16気筒6,500馬力ディーゼルエンジン 4基
ゼネラル・エレクトリック2,740馬力発電機2基[3]
最大速 水上:21 ノット (39 km/h)[4]
水中:9 ノット (17 km/h)[4]
航続距離 11,000カイリ(10ノット時)
(19 km/h 時に 20,000 km)[4]
試験深度 300 ft (90 m)[4]
巡航期間 潜航2ノット (3.7 km/h) 時48時間、哨戒活動75日間[4]
乗員 (平時)士官6名、兵員54名[4]
兵装 (竣工時)3インチ砲1基、機銃
(1944年8月)4インチ砲、20ミリ機銃2基[5]
(1945年)5インチ砲1基、40ミリ機関砲、20ミリ機銃[6]
21インチ魚雷発射管10基

ガンネル (USS Gunnel, SS-253) は、アメリカ海軍潜水艦ガトー級潜水艦の一隻。艦名はスズキ目の魚の一種、ギンポに因む。

艦歴[編集]

ガンネルはコネチカット州グロトンエレクトリック・ボート社で起工する。1942年5月17日にベン・モレル夫人(海軍造船局長ベン・モレル少将の妻)によって進水し、艦長ジョン・S・マケイン・ジュニア少佐(アナポリス1931年組)の指揮下8月20日に就役する。

ガンネルからパーゴ (USS Pargo, SS-264) までのエレクトリック・ボートで建造されたガトー級潜水艦には、本来搭載されるべきエンジンの製造が間に合わなかったためか、2サイクル複動九気筒型H.O.R.社製エンジンを搭載して竣工した。しかし、このエンジンはトラブルが多く信頼性に欠けていたため、ガンネルも含めた対象の全艦が、オーバーホールの際に換装を行っている。

大西洋での第1の哨戒 1942年10月 - 12月[編集]

10月19日、ガンネルは最初の哨戒でアメリカからイギリスまでの航路を向かった後、ヘンリー・K・ヒューイット英語版大将指揮下の西部方面海軍機動部隊に配属され、トーチ作戦に参加した6隻の潜水艦の内の1隻となった。11月6日、作戦の2日前にガンネルはカサブランカの北東にある港町フェドハラを偵察し、作戦当日の11月8日には海岸へ向かう艦隊を信号を用いて先導した。12月7日、ガンネルは49日間の行動を終えてスコットランドロスネース英語版に帰投した。この後、ガンネルは帰国の途に就く。しかし、帰路の途中H.O.R.エンジンが故障し、残る1,800 キロ (1,000 カイリ) の距離を補助エンジンで航行しなければならなかった。帰国するとメイン州キタリーポーツマス海軍造船所オーバーホールが行われた。オーバーホールが完了すると、ガンネルは太平洋艦隊に配属され真珠湾に向かった。

第2、第3の哨戒 1943年5月 - 1944年1月[編集]

5月28日、ガンネルは2回目の哨戒で九州近海および東シナ海に向かった[7]。6月15日未明、ガンネルは北緯33度55分 東経127度38分 / 北緯33.917度 東経127.633度 / 33.917; 127.633巨文島の南東10海里の対馬海峡でレーダーにより目標を探知し、浮上しながら接近して魚雷を3本発射[8]。1本が船尾に命中し、さらに魚雷を4本発射して1本が命中[8]。この攻撃で輸送船光洋丸(大光商船、6,426トン)を撃沈した。4日後の6月19日朝には北緯32度30分 東経126度15分 / 北緯32.500度 東経126.250度 / 32.500; 126.250済州島南西100カイリの水域で支第809船団を発見し、2隻の輸送船に対して魚雷を3本ずつ発射[9]。8時25分に輸送船常盤丸(鏑木汽船、6,971トン)の左舷後部に魚雷を1本命中させて撃沈し、他の魚雷は2隻の陸軍輸送船、三池山丸(菅谷汽船、3,179トン)および宇賀丸(松岡汽船、4,433トン)に向かっていたが回避された[10][11]。夜に入り浮上したところ、北緯32度40分 東経126度37分 / 北緯32.667度 東経126.617度 / 32.667; 126.617の地点でレーダーにより「若竹型駆逐艦」らしい目標を探知し、魚雷を2本発射して1本を命中させ、目標を撃沈したと判断される[12]。このとき、敷設艇巨済は相前後してガンネルを発見しており、砲撃を行って相手を撃沈したと報告した[13][注釈 1]。7月3日、ガンネルは31日間の行動を終えてミッドウェー島に帰投[14]。のちにメア・アイランド海軍造船所に回航されてオーバーホールを受けた[15]。哨戒中にトラブルが頻発したので[16]、この際にH.O.R.エンジンからGM社製278Aエンジンへの換装を行っている[15]

11月17日、ガンネルは3回目の哨戒で日本近海に向かった。12月2日夜、ガンネルは北緯26度03分 東経147度50分 / 北緯26.050度 東経147.833度 / 26.050; 147.833硫黄島近海でレーダーで6つの目標を探知する[17]。やがて、空母瑞鳳雲鷹冲鷹重巡洋艦摩耶を中心とする艦隊を発見。空母に対して魚雷を4本発射したが命中しなかった[18][19]。2日後の12月4日、ガンネルは北緯29度36分 東経145度54分 / 北緯29.600度 東経145.900度 / 29.600; 145.900父島北東およそ520キロの海域で第3201船団を発見し、魚雷を4本発射[20][21]。魚雷は特設運送船日吉丸(巴組汽船、4,046トン)に命中して撃沈した[21][22]。12月22日にも北緯34度21分 東経138度39分 / 北緯34.350度 東経138.650度 / 34.350; 138.650の地点で2隻の大型輸送船を発見し、魚雷を3本発射する用意をしたが、結局発射しなかった[23]。1944年1月7日、ガンネルは51日間の行動を終えてミッドウェー島に帰投した。

第4、第5、第6の哨戒 1944年2月 - 9月[編集]

2月5日、ガンネルは4回目の哨戒で南シナ海スールー海およびセレベス海に向かった。3月18日、ガンネルは北緯01度52分 東経120度39分 / 北緯1.867度 東経120.650度 / 1.867; 120.650タウィタウィ近海で、パラオからバリクパパンに向かう空母千代田と護衛のおよびを発見したものの、9,000ヤードより距離を縮めることができず、16発の爆雷で追い払われた[24][25][26]。千代田はバリクパパンで燃料補給ののち、東進してパラオに向かったが、その千代田を北緯01度28分 東経119度46分 / 北緯1.467度 東経119.767度 / 1.467; 119.767の地点で3月22日に再び発見するも、11,000ヤード離れて15ノットで航行されては手の尽くしようもなかった[26][27][28]。結局、この哨戒では攻撃の機会は一度もなく、戦果は挙げられなかった[29]。3月30日にダーウィンに寄港[30]。4月6日、ガンネルは60日間の行動を終えてフリーマントルに帰投した。

5月3日、ガンネルは5回目の哨戒で南シナ海に向かった。途中、当時この方面にいた空母サラトガ (USS Saratoga, CV-3) とイギリス空母イラストリアス (HMS Illustrious, R87) の搭載機が、5月17日にスラバヤを空襲する予定だったので(トランサム作戦)、その支援としてガンネルを含む8隻の潜水艦に救助任務を与えた。ガンネルは南緯06度05分 東経105度48分 / 南緯6.083度 東経105.800度 / -6.083; 105.800スンダ海峡沖で待機し、この任務に従事した[31]。空襲作戦が終わり、ガンネルは哨戒海域に向かった。6月8日、ガンネルは北緯11度59分 東経112度29分 / 北緯11.983度 東経112.483度 / 11.983; 112.483の地点でレーダーにより複数の目標を探知し、詳しく観測すると小型空母と3隻の輸送船を発見する[32]。ガンネルは浮上して追跡を開始するが、見張りの士官が「24マイル以内に航空機あり」と報告したため、これを避けなければならなかった[33]。再び追跡しようとした時には姿はすでになく、マケイン艦長の三度目の空母との接触も、相手に振り切られた形で終わった[33]。この哨戒でも攻撃の機会は一度もなく戦果は挙がらなかった[34]。7月4日、ガンネルは63日間の行動を終えてフリーマントルに帰投。艦長がガイ・E・オニール・ジュニア少佐(アナポリス1937年組)に代わった。

7月29日、ガンネルは6回目の哨戒でレイトン(USS Raton, SS-270)、ギターロ (USS Guitarro, SS-363) とウルフパックを構成しルソン島近海に向かった。8月18日、ガンネルは北緯13度10分 東経121度49分 / 北緯13.167度 東経121.817度 / 13.167; 121.817の地点で6隻の海上トラックの船団を発見して、そのうちの1隻を破壊する[35]。2日後の8月20日未明には、北緯13度32分 東経121度26分 / 北緯13.533度 東経121.433度 / 13.533; 121.433ベルデ島水路東南口で5隻の輸送船団を発見し、2隻の輸送船に対して魚雷を3本ずつ発射[36]。全速力で転舵ののち、三番目の目標に対してさらに魚雷を3本発射[37]。しかし、いずれの魚雷も命中した様子はなかった[37]。8月22日午後にも北緯12度54分 東経122度51分 / 北緯12.900度 東経122.850度 / 12.900; 122.850の地点で2隻の輸送船を発見し、魚雷を6本発射したが命中しなかった[38]。9月22日、ガンネルは54日間の行動を終えてフリーマントルに帰投した。

第7、第8の哨戒 1944年10月 - 1945年7月[編集]

10月21日、ガンネルは7回目の哨戒でマスケランジ (USS Muskallunge, SS-262) とともにルソン島近海に向かった。11月8日未明、ガンネルは北緯16度09分 東経118度56分 / 北緯16.150度 東経118.933度 / 16.150; 118.933のルソン島西方海上で、輸送船団と思しき複数の目標を探知し、やがて対潜掃討中の水雷艇が攻撃圏内に入ってきた[39][40]。ガンネルは魚雷を3本発射し、うち1本が鷺に命中して撃沈した[41]。11月12日には、北緯17度13分 東経116度26分 / 北緯17.217度 東経116.433度 / 17.217; 116.433の地点で「大和型戦艦」と「利根型重巡洋艦」を発見し、約4時間あまりにわたって追跡を行ったが、最終的には振り切られた[42]。11月16日夜、ガンネルは北緯16度30分 東経110度14分 / 北緯16.500度 東経110.233度 / 16.500; 110.233のルソン島バタンガン岬北東230キロの地点でミ20船団を発見し接近の上、11月17日明け方に北緯16度56分 東経110度30分 / 北緯16.933度 東経110.500度 / 16.933; 110.500の地点にいたったところで魚雷を6本発射し、2隻の目標に計5本が命中したと判断される[43]。ガンネルは反転して魚雷を3本発射したのち一時船団から離れ、北緯17度05分 東経110度42分 / 北緯17.083度 東経110.700度 / 17.083; 110.700の地点で再度ミ20船団を迎え撃ち、魚雷を4本発射[44]。航空機を観測しつつなおも追撃し、午後に入って北緯17度36分 東経110度33分 / 北緯17.600度 東経110.550度 / 17.600; 110.550の地点で艦首発射管に残った3本の魚雷を発射、1本の命中を確認した[45]。一連の攻撃で特設運送船春天丸(大同海運、5,623トン)と水雷艇を撃沈した[46]。12月1日から2日にかけてはパナイ島の北西にあるマニグイン島に向かい、2カ月間の間現地ゲリラに保護されていた11名の海軍パイロットを収容し、代わりに武器弾薬を譲渡した[47]。12月17日から18日にかけてはサイパン島タナパグ港英語版に寄港[48]。12月28日、ガンネルは65日間の行動を終えて真珠湾に帰投。ハンターズ・ポイント海軍造船所に回航されてオーバーホールに入った[49]

1945年6月13日、ガンネルは8回目の哨戒で日本近海に向かった。7月9日10時20分ごろ、ガンネルは北緯32度40分 東経132度34分 / 北緯32.667度 東経132.567度 / 32.667; 132.567豊後水道で、回天特攻「轟隊」に参加した後へ帰投中の伊号第三六潜水艦(伊36)を発見し魚雷を4本発射したが、魚雷は外れて沖の島に命中し爆発した[50][51]。その後ガンネルは、日本本土を爆撃するB-29の乗員救助任務に当たった。7月27日、ガンネルは41日間の行動を終えてグアムアプラ港に帰投した[52]。翌7月28日に出港し、真珠湾には8月8日に到着して、そのまま終戦を迎えた[53]

戦後[編集]

ガンネルは終戦後、ニューロンドンへの帰還を命じられ、1946年5月18日に退役する。その後は現役に戻ることがないまま1958年9月1日に除籍され、1959年8月1日にスクラップとして売却された。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 6月21日に沈没した特設砲艦香港丸(東亜海運、2,797トン)をガンネルの戦果とする資料がある(#Roscoe )。しかし、この日にガンネルが攻撃を行った記録はない(#SS-253, USS GUNNELpp.33-34)。ガンネルが6月19日に損傷を与えて6月21日に沈没したという資料もあるが(The Official Chronology of the U.S. Navy in World War II Chapter V: 1943” (英語). HyperWar. 2012年5月19日閲覧。)、香港丸の被害報告の初出は6月21日である(#佐鎮1806pp.11-42、#佐防戦1806p.28)。

出典[編集]

  1. ^ a b c #SS-253, USS GUNNELp.3
  2. ^ a b c #Friedman pp.285-304
  3. ^ a b c d e f #Bauer
  4. ^ a b c d e f #Friedman pp.305-311
  5. ^ #SS-253, USS GUNNELp.157
  6. ^ #SS-253, USS GUNNELp.307
  7. ^ #SS-253, USS GUNNELp.25
  8. ^ a b #SS-253, USS GUNNELp.28,40
  9. ^ #SS-253, USS GUNNELp.31,40
  10. ^ #佐鎮1806p.11,14
  11. ^ #駒宮p.70
  12. ^ #SS-253, USS GUNNELp.32,40
  13. ^ #佐鎮1806pp.20-22
  14. ^ #SS-253, USS GUNNELp.34
  15. ^ a b #SS-253, USS GUNNELp.54
  16. ^ #SS-253, USS GUNNELp.27,33, pp.42-43, p.47
  17. ^ #SS-253, USS GUNNELp.54,
  18. ^ #SS-253, USS GUNNELp.55,67, pp.72-73
  19. ^ #木俣空母p.533
  20. ^ #SS-253, USS GUNNELp.56, pp.74-75
  21. ^ a b #二護1812pp.52-53
  22. ^ #SS-253, USS GUNNELp.56
  23. ^ #SS-253, USS GUNNELpp.61-62, p.69
  24. ^ #SS-253, USS GUNNELp.97,106
  25. ^ #木俣空母pp.587-588
  26. ^ a b #Blair p.582
  27. ^ #SS-253, USS GUNNELp.98,106
  28. ^ #木俣空母p.588
  29. ^ #SS-253, USS GUNNELp.110
  30. ^ #SS-253, USS GUNNELp.101
  31. ^ #SS-253, USS GUNNELp.125
  32. ^ #SS-253, USS GUNNELp.132,143
  33. ^ a b #Blair p.631
  34. ^ #SS-253, USS GUNNELp.146
  35. ^ #SS-253, USS GUNNELpp.165-166, p.200
  36. ^ #SS-253, USS GUNNELp.167, pp.194-196
  37. ^ a b #SS-253, USS GUNNELp.168 pp.194-196
  38. ^ #SS-253, USS GUNNELp.170 pp.197-199
  39. ^ #SS-253, USS GUNNELp.233
  40. ^ #一護1911p.7
  41. ^ #SS-253, USS GUNNELp.234, pp.265-266
  42. ^ #SS-253, USS GUNNELpp.235-236, p.259
  43. ^ #SS-253, USS GUNNELpp.240-242, pp.267-269
  44. ^ #SS-253, USS GUNNELpp.243-244, pp.270-272
  45. ^ #SS-253, USS GUNNELpp.245-246, pp.273-275
  46. ^ #一護1911p.58
  47. ^ #SS-253, USS GUNNELp.252, pp.295-304
  48. ^ #SS-253, USS GUNNELp.256
  49. ^ #SS-253, USS GUNNELp.307
  50. ^ #特攻回天戦p.261
  51. ^ #SS-253, USS GUNNELpp.324-325, pp.337-338
  52. ^ #SS-253, USS GUNNELpp.333-334
  53. ^ #SS-253, USS GUNNELp.334

参考文献[編集]

  • (issuu) SS-253, USS GUNNEL. Historic Naval Ships Association. http://issuu.com/hnsa/docs/ss-253_gunnel?mode=a_p. 
  • アジア歴史資料センター(公式)(防衛省防衛研究所)
    • Ref.C08030345700 『自昭和十八年六月一日至昭和十八年六月三十日 佐世保鎮守府戦時日誌』。
    • Ref.C08030373200 『自昭和十八年六月一日至昭和十八年六月三十日 佐世保防備戦隊戦時日誌』。
    • Ref.C08030461900 『武装商船警戒隊戦闘詳報 第七〇号』、18-22頁。
    • Ref.C08030142900 『自昭和十八年十二月一日至同十二月三十一日 第二海上護衛隊司令部戦時日誌』、40-75頁。
    • Ref.C08030141700 『自昭和十九年十一月一日至昭和十九年十一月三十日 第一海上護衛隊戦時日誌』。
  • Roscoe, Theodore. United States Submarine Operetions in World War II. Annapolis, Maryland: Naval Institute press. ISBN 0-87021-731-3. 
  • 財団法人海上労働協会(編) 『復刻版 日本商船隊戦時遭難史』 財団法人海上労働協会/成山堂書店、2007年(原著1962年)。ISBN 978-4-425-30336-6
  • Blair,Jr, Clay (1975). Silent Victory The U.S.Submarine War Against Japan. Philadelphia and New York: J. B. Lippincott Company. ISBN 0-397-00753-1. 
  • 木俣滋郎 『日本空母戦史』 図書出版社、1977年
  • 駒宮真七郎 『戦時輸送船団史』 出版協同社、1987年ISBN 4-87970-047-9
  • Bauer, K. Jack; Roberts, Stephen S. (1991). Register of Ships of the U.S. Navy, 1775-1990: Major Combatants. Westport, Connecticut: Greenwood Press. pp. 271-273. ISBN 0-313-26202-0. 
  • Friedman, Norman (1995). U.S. Submarines Through 1945: An Illustrated Design History. Annapolis, Maryland: United States Naval Institute. ISBN 1-55750-263-3. 
  • 林寛司(作表)、戦前船舶研究会(資料提供)「特設艦船原簿/日本海軍徴用船舶原簿」、『戦前船舶』第104号、戦前船舶研究会、2004年
  • 小灘利春・片岡紀明 『特攻回天戦 回天特攻隊隊長の回想』 海人社、2006年ISBN 4-7698-1320-1
  • 大塚好古「米海軍「艦隊型潜水艦」の完成型シリーズ」 『歴史群像 太平洋戦史シリーズ63 徹底比較 日米潜水艦』 学習研究社2008年、149-155頁。ISBN 978-4-05-605004-2

外部リンク[編集]