カヴァラ (潜水艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
USS Cavalla
艦歴
発注
起工 1943年3月4日[1]
進水 1943年11月14日[2]
就役 1944年2月29日[2]
1951年4月10日[1]
1953年7月15日[1]
退役 1946年3月16日[1]
1952年9月3日[1]
1968年6月3日[1]
除籍 1969年12月30日[1]
その後 1971年1月21日よりテキサス州ガルベストンで博物館船として公開[3]
性能諸元
排水量 1,525トン(水上)[2]
2,424トン(水中)[3]
全長 307 ft (93.6 m)(水線長)
311 ft 9 in (95.02m)(全長)[3]
全幅 27.3 ft (8.31 m)[3]
吃水 17.0 ft (5.2 m)(最大)[3]
機関 ゼネラル・モーターズ278A16気筒ディーゼルエンジン 4基[3]
ゼネラル・エレクトリック発電機2基[3]
最大速 水上:21 ノット (39 km/h)[4]
水中:9 ノット (17 km/h)[4]
航続距離 11,000カイリ(10ノット時)
(19 km/h 時に 20,000 km)[4]
試験深度 300 ft (90 m)[4]
巡航期間 潜航2ノット (3.7 km/h) 時48時間、哨戒活動75日間[4]
乗員 士官6人、下士官兵54人(平時)士官6名、兵員54名[4]
兵装 (1944年7月)4インチ砲1基、20ミリ機銃、50口径機銃2基、45口径機銃、30口径機銃[5]
(1944年11月)4インチ砲1基、40ミリ機関砲、20ミリ機銃、50口径機銃[6]
(1945年8月)5インチ砲1基、40ミリ機関砲、20ミリ機銃[7]
21インチ魚雷発射管10基

カヴァラ (USS Cavalla, SS/SSK/AGSS-244) は、アメリカ海軍潜水艦ガトー級潜水艦の33番艦。艦名はケープコッドからラプラタ川にかけての南北アメリカ東部海岸沖合の海域に生息するアジ科 (ギンガメアジ属 Caranx、ヨロイアジ属 Carangoides) 、サバ科 (サバ属 Scomber)などの鹹水魚に因む。同名のアメリカ軍艦(USS Cavalla)としては初代。

艦歴[編集]

カヴァラは1943年3月4日にコネチカット州グロトンエレクトリック・ボートで起工する。11月14日にM・コムストック夫人によって進水し、艦長ハーマン・J・コスラー少佐(アナポリス1934年組)の指揮下1944年2月29日に就役する。4月11日にニューロンドンを後にして真珠湾に向かい、5月9日に到着した[8]

第1の哨戒 1944年5月 - 8月 マリアナ沖海戦[編集]

5月31日、カヴァラは最初の哨戒でフィリピン海に向かった。6月4日にミッドウェー島に立ち寄って給油し出港した後、6月9日にクジラと接触したが異常はなかった[9]。6月11日に帰投中のボーフィン (USS Bowfin, SS-287) と会合した後[10]、担当海域に到着した。

当時、マリアナ諸島に対するアメリカ軍の反攻作戦が行われつつあり、日本艦隊の出現が予想された。そこで、アメリカ軍は日本艦隊の予想進路上に潜水艦を多数配備し、動向をつかもうとした。カヴァラも、そうした1隻として参加したのである。その最中、6月13日にレッドフィン (USS Redfin, SS-272) が小沢治三郎中将麾下の第一機動艦隊以下日本艦隊のタウィタウィ出撃を打電し、太平洋艦隊潜水艦部隊司令部は艦隊の予想進路上にある潜水艦に、予想海域に向かうよう下令した。続いてフライングフィッシュ (USS Flying Fish, SS-229) がサンベルナルジノ海峡で第一機動艦隊を、シーホース (USS Seahorse, SS-304) が戦艦大和武蔵などの艦隊をそれぞれ発見し、これらの情報を元に潜水艦がマリアナ諸島西方海面に集まってくる。

6月16日も終わろうとする23時3分、サンベルナルジノ海峡の方向に向かっていたカヴァラのレーダーに4つの点が浮かび上がった[11]。これは第一機動艦隊に合流すべく航行中だった、特設運送船(給油)あづさ丸(石原汽船、10,022トン)と玄洋丸(浅野物産、10,018トン)、駆逐艦雪風浦風からなる第二補給部隊であり[12]、とりあえずカヴァラは第二補給部隊を追跡することとし、距離を約15,000メートル置いて15ノットの速力でこの目標を追跡した[11]。翌6月17日3時40分になって、カヴァラは第二補給部隊を攻撃すべく接近しようとしたところ駆逐艦の反撃を受け、避退を余儀なくされた[13]。5時ごろに浮上したが何も見えず、とりあえず司令部に「タンカー部隊発見」と報告し、7時4分に司令部からの「タンカーの追跡を続けよ」との返事を得て追跡を続行した[14]。その結果、6月17日20時過ぎになって、カヴァラはついに推定19ノットで航行する第一機動艦隊と接触することに成功した[15]。この時点では攻撃より報告が優先されていたため、カヴァラは潜航して第一機動艦隊をやりすごした後、22時45分にカヴァラは浮上し「15隻以上の戦闘艦発見」と打電した[16][17]。司令部では翌6月18日8時に、この近辺にいた潜水艦に「カヴァラが発見した地点を目標に、日本艦隊との接触を試みよ」「攻撃を第一に。報告はその次でよい」との指令を出した。この指令を受けた潜水艦の中には、大鳳を撃沈することとなるアルバコア (USS Albacore, SS-218) もいた。

空母翔鶴

カヴァラは打電後も、一時潜航することもあったが19ノットの速力で依然第一機動艦隊の触接を続け、6月19日早朝、第一機動艦隊の本隊である甲部隊に追いついた。そして11時18分、カヴァラは艦隊攻撃を行う絶好のポジションを得た。「艦橋にベッドスプリング状のもの(二一号電探)をつけて、マストに大きな旗(軍艦旗)をはためかせていた」日本海軍空母翔鶴の右舷側に対し、魚雷設定深度を4.5メートルに調整し、距離約1,100メートルから魚雷6本を発射[18][19]。直ちに深深度潜航に移った。やがて3発の命中音が聞こえてきたが、この後には駆逐艦からの3時間に及ぶ爆雷攻撃が待ち受けていた。カヴァラは100発以上もの爆雷に見舞われたが難を逃れ、夕方に浮上した[20]。海戦後、カヴァラはルソン島方面を行動し[21]、7月1日には機銃に人員を配置して銃火鳴り止まぬサイパン島に接近し[22]、給油艦スアミコ英語版 (USS Suamico, AO-49) に横付けして燃料を補給した[23]。燃料補給後は再びルソン島近海で行動し[24]、7月18日午後には、北緯16度02分 東経123度00分 / 北緯16.033度 東経123.000度 / 16.033; 123.000の地点で50トン級サンパンを発見し、浮上砲戦で撃沈した[25]。8月3日、カヴァラは64日間の行動を終えてマジュロに帰投した[26]北緯11度50分 東経137度57分 / 北緯11.833度 東経137.950度 / 11.833; 137.950の地点[27]で翔鶴が4発の魚雷を食らって沈没したことは、少し遅れてから司令部が日本側の暗号を解読して判明した[19]。コスラー艦長には、太平洋艦隊司令部の暗号担当班から、心づくしのスコッチ・ウイスキーが贈られる話もあったが、ボツになった[28]

第2、第3の哨戒 1944年8月 - 1945年1月[編集]

8月30日、カヴァラは2回目の哨戒でルソン島近海に向かった[29]。カヴァラはレザーバック (USS Razorback, SS-394) およびピラーニャ (USS Piranha, SS-389) とともにウルフパックを組み、9月7日から8日にかけてタナパグ湾英語版に立ち寄って給油を行う[30]。当時、ウィリアム・ハルゼー大将率いる第3艦隊パラオ攻略作戦の援護を企図しており、ハルゼー大将はフィリピンからカロリン諸島までの広大な海域を潜水艦で哨戒することを望んでいた。日本海軍の艦隊が出動することを念頭に置き、ハルゼー大将はフィリピンとペリリューの間にカヴァラを含む10隻の潜水艦を、日本海軍が採用したような二重の散開線を構成して配備させた。この散開線は俗に「ハルゼーの動物園」(あるいは単に Zoo )と呼ばれたが効果は全くなく、以後の作戦で二度と採用されることはなかった[31]。「動物園」に参加したカヴァラ以下の潜水艦は、任務終了後ルソン海峡方面に移った[32]。10月9日朝、カヴァラは北緯13度46分 東経118度28分 / 北緯13.767度 東経118.467度 / 13.767; 118.467の地点で15隻ほどの輸送船団、ミ19船団を発見する[33][34]。護衛艦をかわして船団に接近し、北緯13度12分 東経118度21分 / 北緯13.200度 東経118.350度 / 13.200; 118.350の地点で魚雷を4本発射[35]。やがて4つの爆発を確認するが、自身が発射した魚雷とは無関係で、魚雷は命中しなかったと判定された[36]。夜から翌10月10日にかけて、カヴァラはベクーナ (USS Becuna, SS-319) とホークビル (USS Hawkbill, SS-366) から、カヴァラが攻撃したのと同じミ19船団への攻撃報告を受信した[34][37]。10月21日、カヴァラは52日間の行動を終えてフリーマントルに帰投した[38]

11月14日、カヴァラは3回目の哨戒でホー (USS Hoe, SS-258) およびバヤ (USS Baya, SS-318) とともにウルフパックを構成し、南シナ海、ルソン島近海に向かった[39]。11月25日未明、カヴァラは北緯02度21分 東経107度20分 / 北緯2.350度 東経107.333度 / 2.350; 107.333ボルネオ島西方で那智型重巡洋艦軽巡洋艦と思われる艦影を発見した[40]シンガポールからブルネイに向かっていた第三十一戦隊旗艦の駆逐艦霜月と随伴の駆逐艦に対してカヴァラは浮上したまま接近し、「那智型重巡洋艦」こと霜月に対し魚雷を4本発射[41]。うち2本が4時45分に霜月に命中して大爆発の末に轟沈させ、第三十一戦隊司令官江戸兵太郎少将以下司令部職員は全員戦死し、霜月の乗員も46名しか生存しなかった[42][43]。12月1日夜には北緯11度16分 東経111度58分 / 北緯11.267度 東経111.967度 / 11.267; 111.967の地点で「大和型戦艦を含む3隻の戦艦」、実際にはシンガポールから日本本土へ回航中の戦艦榛名と護衛の駆逐艦および初霜を探知して追跡を行い[44][45]、翌12月2日未明に北緯11度35分 東経111度46分 / 北緯11.583度 東経111.767度 / 11.583; 111.767の地点で魚雷を4本発射したが、命中しなかった[46]。12月10日以降はバヤ、ホーとともに南沙諸島方面に移動して哨戒を行うが、この方面では飛行機しか見なかった[47]。1945年に入ってからカヴァラは南下し、1月5日夜には南緯05度00分 東経112度50分 / 南緯5.000度 東経112.833度 / -5.000; 112.833ジャワ海で、スラバヤからバリクパパンに向かう輸送船団を発見[48][49]。カヴァラは浮上攻撃で魚雷を3本発射し、2隻の特設捕獲網艇、漢江丸三光汽船、909トン)と春川丸(朝鮮郵船、971トン)に1本ずつ命中させて撃沈した[50]。1月13日、カヴァラは60日間の行動を終えてフリーマントルに帰投した[51]

第4、第5、第6の哨戒 1945年2月 - 9月[編集]

2月8日、カヴァラは4回目の哨戒で南シナ海、インドシナ半島方面に向かった[52]。哨戒は浮遊機雷の銃撃爆破を5回行ったほかは特に大きな出来事もなく終了し、攻撃機会もなかった[53]。3月25日、カヴァラは46日間の行動を終えてスービック湾に帰投した[54]

4月20日、カヴァラは5回目の哨戒でジャワ海、南シナ海方面に向かった[55]。期間の前半は救助任務に従事する[56]。5月19日、ジャワ海の西方海域で作戦中のイギリス潜水艦テラピン英語版 (HMS Terrapin, P323) が爆雷攻撃を受けて大破し、フリーマントルに帰投することとなった。5月21日に南緯06度05分 東経114度04分 / 南緯6.083度 東経114.067度 / -6.083; 114.067の地点でテラピンと会合するが、カヴァラは当初、アメリカ潜水艦とは違った艦影に「日本潜水艦」と疑っていた[57]。テラピンからの状況説明を受けたカヴァラは哨戒を中止し、テラピンを護衛することとなった[58]。5月27日、カヴァラはテラピンを護衛し38日間の行動を終えてフリーマントルに帰投した[59]。その後訓練の後6月24日にフリーマントルを出港し、グアムアプラ港には7月8日に到着した[60]

8月5日、カヴァラは6回目の哨戒で日本近海に向かった[61]。この哨戒ではB-29や艦載機の搭乗員救出を主な活動としていたが、哨戒中に8月15日の終戦を迎えた。しかし、その知らせを聞いてまもなく、日本の爆撃機の攻撃を受けた[62]。カヴァラは潜航して爆撃機が飛び去るのを待つ間、コスラー艦長はブランデーをどうするべきか、いつ開けるかを部下に問うた。部下の1人が「日本が降伏の調印をするまで待ちましょう」と答えたのでその通りにした[63]。30分後、カヴァラは浮上して事の次第をハルゼー大将に報告した。数時間後、カヴァラはハルゼー大将が指揮下の全艦艇にあてた命令である「もしジャップが飛んできたら、敵対的ではなく友好的に撃て」[64][65][注釈 1]を受信した。8月31日、カヴァラはガトー (USS Gato, SS-212) ら他の選ばれし潜水艦とともに横須賀に入港[66]。9月2日の降伏文書調印式に立ち会い、その翌日、カヴァラは日本を後にした。9月12日、カヴァラは真珠湾に帰投[67]。その後、アメリカ本土に向かった。10月6日にニューロンドンに凱旋し、1946年3月16日に予備役艦隊に編入された。

戦後[編集]

ハリケーン・アイクによって損傷したカヴァラとスチュワート

カヴァラは1951年4月10日に現役に復帰し、第8潜水艦隊の1艦としてカリブ海カナダノバスコシア州近海での訓練に従事した。1952年9月3日からエレクトリック・ボート社のドックに入渠し対潜潜水艦(SSK)への改装工事を受け、1953年2月18日に対潜潜水艦に艦種変更され、ハルナンバー英語版も SSK-244 に改められた。同年7月15日、カヴァラは第10潜水艦隊に配属され、新しいソナーに関する実験に従事した。1954年1月1日には新しい兵器や装備を評価するための部隊に転属となり、またNATO演習に参加するため何度かヨーロッパに派遣され、1957年6月11日と12日にバージニア州ノーフォークで実施された国際観艦式にも参加した。1959年8月15日、艦種が潜水艦に戻され、ハルナンバーも SS-244 に戻された。1963年7月には実験潜水艦 AGSS-244 に分類され、1969年12月30日に除籍された。

カヴァラは第二次世界大戦の戦功で殊勲部隊章および4つの従軍星章を受章した。その6度の哨戒で、第1回と第3回が成功した物として記録された。カヴァラの戦果は4隻34,180トンに上る。

1971年1月21日にカヴァラは第二次大戦テキサス州退役潜水艦員会に移管された。現在テキサス州ガルベストン北部のペリカン・アイランド英語版にあるシーウルフ・パーク英語版で、護衛駆逐艦スチュワート英語版スチュワートとともに記念艦として公開される。カヴァラは広範囲な補修が行われ、艦内も自由に見学できる。2008年9月13日、カヴァラはガルベストンに上陸したハリケーン・アイクによって損傷を被ったが、修理の上2009年4月に公開を再開した。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ この命令の続きには「『機銃は6挺ではなく3挺で撃て』という意味だ」というオチがつく(#秦p.139)。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g #Friedman pp.285-304
  2. ^ a b c #SS-244, USS CAVALLAp.3
  3. ^ a b c d e f g #Bauer
  4. ^ a b c d e f #Friedman pp.305-311
  5. ^ #SS-244, USS CAVALLAp.28,38,54,70
  6. ^ #SS-244, USS CAVALLAp.131,138
  7. ^ #SS-244, USS CAVALLAp.296
  8. ^ #SS-244, USS CAVALLAp.8
  9. ^ #SS-244, USS CAVALLAp.10
  10. ^ #SS-244, USS CAVALLAp.11
  11. ^ a b #SS-244, USS CAVALLAp.13
  12. ^ #玄洋丸p.39
  13. ^ #SS-244, USS CAVALLApp.13-14
  14. ^ #SS-244, USS CAVALLAp.14
  15. ^ #SS-244, USS CAVALLAp.15
  16. ^ #SS-244, USS CAVALLAp.16
  17. ^ #谷光p.534
  18. ^ #SS-244, USS CAVALLAp.18, pp.52-53
  19. ^ a b #谷光p.535
  20. ^ #SS-244, USS CAVALLApp.18-20
  21. ^ #SS-244, USS CAVALLAp.22
  22. ^ #SS-244, USS CAVALLAp.28
  23. ^ #SS-244, USS CAVALLApp.29-31
  24. ^ #SS-244, USS CAVALLApp.34-35
  25. ^ #SS-244, USS CAVALLAp.38,54
  26. ^ #SS-244, USS CAVALLAp.42
  27. ^ #SS-244, USS CAVALLAp.52
  28. ^ #撃沈戦記IIp.98
  29. ^ #SS-244, USS CAVALLAp.71
  30. ^ #SS-244, USS CAVALLApp.71-74
  31. ^ #ニミッツ、ポッターp.377
  32. ^ #SS-244, USS CAVALLAp.85
  33. ^ #SS-244, USS CAVALLApp.91-92, p.103
  34. ^ a b #一護1910p.62
  35. ^ #SS-244, USS CAVALLAp.92,114
  36. ^ #SS-244, USS CAVALLAp.93, pp.114-116
  37. ^ #SS-244, USS CAVALLAp.94
  38. ^ #SS-244, USS CAVALLAp.101,131
  39. ^ #SS-244, USS CAVALLApp.130-133
  40. ^ #SS-244, USS CAVALLApp.139-140, p.167
  41. ^ #SS-244, USS CAVALLAp.140
  42. ^ #木俣水雷p.587
  43. ^ #SS-244, USS CAVALLAp.141
  44. ^ #SS-244, USS CAVALLAp.142,168,175
  45. ^ #木俣戦艦p.602
  46. ^ #SS-244, USS CAVALLApp.144-145, pp.175-176
  47. ^ #SS-244, USS CAVALLApp.148-157, p.168
  48. ^ #駒宮p.326
  49. ^ #SS-244, USS CAVALLAp.159
  50. ^ #SS-244, USS CAVALLAp.160, pp.177-178
  51. ^ #SS-244, USS CAVALLAp.164
  52. ^ #SS-244, USS CAVALLApp.192-195
  53. ^ #SS-244, USS CAVALLAp.234
  54. ^ #SS-244, USS CAVALLAp.226
  55. ^ #SS-244, USS CAVALLAp.247,250
  56. ^ #SS-244, USS CAVALLAp.258
  57. ^ #SS-244, USS CAVALLAp.274,279
  58. ^ #SS-244, USS CAVALLApp.274-275
  59. ^ #SS-244, USS CAVALLAp.277
  60. ^ #SS-244, USS CAVALLAp.297
  61. ^ #SS-244, USS CAVALLAp.295,298
  62. ^ #SS-244, USS CAVALLApp.303-304
  63. ^ #Blair p.871
  64. ^ #秦p.139
  65. ^ #ポッターp.553
  66. ^ #SS-244, USS CAVALLAp.308
  67. ^ #SS-244, USS CAVALLAp.311

参考文献[編集]

  • (issuu) SS-244, USS CAVALLA. Historic Naval Ships Association. http://issuu.com/hnsa/docs/ss-244_cavalla?mode=a_p. 
  • アジア歴史資料センター(公式)(防衛省防衛研究所)
    • Ref.C08030150700 『玄洋丸戦闘詳報 昭和十九年六月二十日対空戦闘』、36-66頁。
    • Ref.C08030141600 『自昭和十九年十月一日至昭和十九年十月三十一日 第一海上護衛隊戦時日誌』。
  • Roscoe, Theodore. United States Submarine Operetions in World War II. Annapolis, Maryland: Naval Institute press. ISBN 0-87021-731-3. 
  • 財団法人海上労働協会(編) 『復刻版 日本商船隊戦時遭難史』 財団法人海上労働協会/成山堂書店、2007年(原著1962年)。ISBN 978-4-425-30336-6
  • Blair,Jr, Clay (1975). Silent Victory The U.S.Submarine War Against Japan. Philadelphia and New York: J. B. Lippincott Company. ISBN 0-397-00753-1. 
  • 遠藤昭 『高角砲と防空艦』 原書房、1975年
  • 木俣滋郎 『日本空母戦史』 図書出版社、1977年
  • 秦郁彦 『八月十五日の空 日本空軍の最後』 文藝春秋、1978年
  • 木俣滋郎 『日本戦艦戦史』 図書出版社、1983年
  • 木俣滋郎 『日本水雷戦史』 図書出版社、1986年
  • 駒宮真七郎 『戦時輸送船団史』 出版協同社、1987年ISBN 4-87970-047-9
  • 木俣滋郎 『敵潜水艦攻撃』 朝日ソノラマ1989年ISBN 4-257-17218-5
  • 石橋孝夫「「あ」号作戦における米潜水艦の作戦と戦果」 『写真・太平洋戦争(第4巻)』 雑誌「」編集部(編)、光人社、1989年ISBN 4-7698-0416-4
  • 永井喜之・木俣滋郎 『撃沈戦記 PART II』 朝日ソノラマ、1990年ISBN 4-257-17223-1
  • E.B.ポッター 『BULL HALSEY/キル・ジャップス! ブル・ハルゼー提督の太平洋海戦史』 秋山信雄(訳)、光人社、1991年ISBN 4-7698-0576-4
  • Bauer, K. Jack; Roberts, Stephen S. (1991). Register of Ships of the U.S. Navy, 1775-1990: Major Combatants. Westport, Connecticut: Greenwood Press. pp. 271-273. ISBN 0-313-26202-0. 
  • Friedman, Norman (1995). U.S. Submarines Through 1945: An Illustrated Design History. Annapolis, Maryland: United States Naval Institute. ISBN 1-55750-263-3. 
  • 谷光太郎 『米軍提督と太平洋戦争』 学習研究社2000年ISBN 978-4-05-400982-0
  • 林寛司(作表)、戦前船舶研究会(資料提供)「特設艦船原簿/日本海軍徴用船舶原簿」、『戦前船舶』第104号、戦前船舶研究会、2004年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]