ロック (潜水艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Rock (SS-274).jpg
艦歴
発注
起工 1942年12月23日[1]
進水 1943年6月20日[1]
就役 1943年10月26日[1]
1953年10月12日[1]
退役 1946年5月1日[1]
1969年9月13日[1]
除籍 1969年9月13日[1]
その後 1972年8月17日にスクラップとして売却
性能諸元
排水量 1,525トン(水上)[2]
2,424トン(水中)[2]
全長 307 ft (93.6 m)(水線長)
311 ft 9 in (95.02m)(全長)[2]
全幅 27.3 ft (8.31 m)[2]
吃水 17.0 ft (5.2 m)(最大)[2]
機関 ゼネラル・モーターズ248型16気筒6,500馬力ディーゼルエンジン 4基[2]
ゼネラル・エレクトリック2,740馬力発電機2基[2]
最大速 水上:21 ノット (39 km/h)[3]
水中:9 ノット (17 km/h)[3]
航続距離 11,000カイリ(10ノット時)
(19 km/h 時に 20,000 km)[3]
試験深度 300 ft (90 m)[3]
巡航期間 潜航2ノット (3.7 km/h) 時48時間、哨戒活動75日間[3]
乗員 (平時)士官6名、兵員54名[3]
兵装 (竣工時)3インチ砲1基、20ミリ機銃2基
21インチ魚雷発射管10基

ロック (USS Rock, SS/SSR/AGSS-274) は、アメリカ海軍潜水艦ガトー級潜水艦の一隻。艦名はストライプドバスに因む。

艦歴[編集]

ロックは1942年12月23日にウィスコンシン州マニトワックマニトワック造船で起工する。1943年6月20日にB・O・ウェルズ夫人によって進水し、艦長ジョン・ジェイ・フラクセンハー少佐(アナポリス1935年組)の指揮下1943年10月26日に就役する。ミシガン湖で一か月間猛訓練を行った後、ロックはシカゴ排水運河(Chicago Drainage Canal)英語版を通過し、イリノイ州ロックポート英語版へ向かう。ロックポートで浮きドック入りしたロックはそのままミシシッピ川を下り、11月29日にニューオーリンズに到着する。6日後パナマに向けて出航、訓練を再開し、1944年1月2日に真珠湾に向かい、修理と整備に従事した。

第1、第2の哨戒 1944年2月 - 5月[編集]

1944年2月8日、ロックは最初の哨戒で東シナ海方面に向かった。2月29日、ロックは南西諸島付近を航行中にで日本の重要船団を発見した。この船団は、釜山からグアム島第29師団の陸軍兵士を輸送する『松輸送』船団の内の一つであり、安芸丸(日本郵船、11,409トン)、東山丸(大阪商船、8,666トン)、崎戸丸(日本郵船、9,247トン)の3隻の陸軍輸送船が中心となり、朝霜岸波沖波の3隻の駆逐艦で構成されていた。ロックは夜間の2時49分頃に浮上して船団に接近したが、この時ロックの右斜め前方約6キロの地点にいた朝霜に察知され、ロックは照準することなく後部発射管から4発の魚雷を放射状に発射した。その後ロックは朝霜の右舷側に移り、朝霜のサーチライトと12.7センチ砲の発射炎によって照らされながら潜航した。しかし、潜航しかけた時に砲弾が潜望鏡支柱に命中し、潜望鏡が昼間用および夜間用の両方とも破損、またレーダーマストに浸水するなど大小さまざまな被害を受けていた[4]。この後、4時間に及ぶ爆雷攻撃をしのいだロックは夜になって浮上し、船団発見の旨を報告した。この船団はやがて、ロックから通報を受けたトラウト (USS Trout, SS-202) が攻撃し、夕刻に崎戸丸を撃沈するも、朝霜によってトラウト自身も撃沈されることとなった。ロックは損傷を修理するためミッドウェー島を経て、35日間の行動を終えて真珠湾に帰投した。

4月4日、ロックは2回目の哨戒で日本近海に向かった。豊後水道および相模湾を哨戒したが敵に接することなく、55日間の行動を終えてマジュロに帰投し、潜水母艦スペリー英語版 (USS Sperry, AS-12) による修理を受けた。

第3の哨戒 1944年6月 - 8月[編集]

6月22日、ロックは3回目の哨戒でタイルフィッシュ (USS Tilefish, SS-307) 、ソーフィッシュ (USS Sawfish, SS-276) とウルフパックを組んでルソン海峡に向かった。担当海域では、7月18日と21日に輸送船団をぞれぞれ発見して攻撃を行い、1万トン級タンカー2隻と7,500トン級輸送船2隻、4,000トン級輸送船を撃破する戦果を挙げたとした[5]。また、ウルトラ情報英語版により、付近を遣独潜水艦作戦から帰還途中の伊号第二九潜水艦(伊29)が通過することが判明し、予想針路に近かったロック以下のウルフパックにその捕捉が命じられた。7月25日、マニラ西方800マイル地点で3隻は伊29と接触。ロック以下は丸一日かけ追跡したが、結局ロックとタイルフィッシュは爆雷攻撃や台風などにより良い攻撃位置を占めることはできず、翌26日16時45分にソーフィッシュが伊29を撃沈した。ロックは52日間の行動を終えて真珠湾に帰投した

第4の哨戒 1944年9月 - 11月[編集]

9月9日、ロックは4回目の哨戒で南シナ海に向かった。10月26日、バラバク海峡でタンカー第七高砂丸(蓬莱タンカー、834トン)を撃沈した。その後、重巡洋艦高雄を追跡中にボンベイ礁に乗り上げて座礁したダーター (USS Darter, SS-227) の処分を命じられ、ロックはダーターに向けて10本の魚雷を発射したが、魚雷は何とか命中した3本以外は岩礁に命中するばかりで処分は不完全だった。11月8日、ロックは61日間の行動を終えてフリーマントルに帰投した。

第5、第6の哨戒 1944年12月 - 1945年5月[編集]

12月14日、ロックは5回目の哨戒で南シナ海に向かった。63日間に及ぶこの哨戒での唯一の仕事らしい仕事は、ルソン島方面を空襲した空母レキシントン (USS Lexington, CV-16) の搭乗員を救出したことだった。1945年2月13日、ロックは63日間の行動を終えてフリーマントルに帰投し、艦長がロバート・A・キーティング・ジュニア中佐(アナポリス1933年組)に代わった。

3月7日、ロックは6回目の哨戒でガヴィナ (USS Guavina, SS-362) 、コビア (USS Cobia, SS-245) 、ブレニー (USS Blenny, SS-324) とウルフパックを組んで南シナ海方面に向かった。その途中の3月10日、ロックは15名の遭難者を発見し救助する。これらの遭難者は、これより遡る2月6日に、ドイツUボートU-862(後の日本海軍潜水艦伊号第五〇二潜水艦(伊502))に撃沈されたアメリカのリバティ船ペーター・シルバースターの生存者のうちで最後に生き残った者たちであった[6]。ロックは生存者をエクスマス湾の前進基地に送り届けた後哨戒を再開。3月27日、ロックは北緯11度40分 東経109度16分 / 北緯11.667度 東経109.267度 / 11.667; 109.267の地点で護衛艦を発見し、マーク27誘導魚雷英語版を発射したが命中しなった[7]。4月17日と18日にティグロン (USS Tigrone, SS-419) と共同でバタン島の送信所およびバスコ市街を艦砲射撃した[8]。ロックは58日間の行動を終えてサイパン島に帰投した。この哨戒では護衛艦1隻の撃沈を報告した[9]。その後ロックはアメリカ本国に向かい、5月14日にサンフランシスコハンターズ・ポイント海軍造船所に到着し、オーバーホールに入った。作業が完了すると8月7日に真珠湾にむけて出航するが、途中で8月15日の終戦を迎え、東海岸へ帰還した。

戦後・レーダー哨戒潜水艦 1953 - 1959[編集]

ロックは帰途の途中でニューオーリンズでの海軍記念日の祝賀式典に参加した。その後ニューロンドンで不活性化が行われ、1946年5月1日に予備役となり大西洋予備役艦隊入りする。1951年の前半にロックはニューロンドンからフィラデルフィア海軍工廠へ曳航され、レーダー哨戒潜水艦への転換が行われる。司令室の前部隔壁を切断し、前部バッテリーとの間に新たな戦闘指揮所と電子設備からなる30フィートの区画が挿入された。1952年7月18日に SSR-274 に艦種変更され、ロックはフィラデルフィアで1953年10月12日再就役する。ロックは第6潜水艦部隊と共にバージニア岬沖で短期間訓練を行った後、第5潜水艦部隊に合流するためサンディエゴに向かう。1954年7月23日にロックはサンディエゴを出航し西太平洋に向かい、6か月間におよぶ台湾海峡の偵察を行う。続いて別の任務で西太平洋に配備され、太平洋岸での作戦活動を行う。ロックは1956年にも西太平洋へ6か月間配備され、1958年から1959年にかけても西太平洋で活動した。

実験潜水艦 1959 - 1969[編集]

艦隊におけるレーダー哨戒潜水艦の任務はもはや存在せず、1959年12月31日にロックは AGSS-274 (実験潜水艦)に艦種変更される。太平洋岸での作戦活動とオーバーホール後、ロックは1961年11月に再び西太平洋に配備される。ロックは西太平洋での6ヶ月間の配備を1963年、1965年、1966年から67年、1968年に行った。その後のロックは、1969年前半には東太平洋で活動し、7月11日にサンディエゴを出航。ハワイ作戦海域で艦隊演習の支援を行い、8月16日に本国の太平洋岸に向かう。1969年9月13日にロックはピュージェット・サウンド海軍造船所で退役し、同日除籍された。その後ロックは標的艦として海没処分された。

ロックは第二次世界大戦の戦功で4個の従軍星章を受章した。また、6度の哨戒で総撃沈トン数42,282トンの戦果を上げたと報告した。しかし、戦後の調査では834トンの戦果しか認められなかった。

脚注[編集]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g #Friedman pp.285-304
  2. ^ a b c d e f g #Bauer
  3. ^ a b c d e f #Friedman pp.305-311
  4. ^ #SS-202, USS TROUT p.284
  5. ^ #SS-274, USS ROCK pp.8-11, p.17,41
  6. ^ Chapter VII: 1945” (英語). The Official Chronology of the U.S. Navy in World War II. HyperWar. 2012年8月15日閲覧。
  7. ^ #SS-274, USS ROCK pp.64-65
  8. ^ #SS-419, USS TIGRONE p.52
  9. ^ #SS-274, USS ROCK p.61

参考文献[編集]

外部リンク[編集]